トップページ | 記念日 »

2005年12月12日 (月)

動機

 私は今年37歳になった双子(4歳、男子)の父親です。
 妻も同い年で、双子は結婚して8年目にやっと授かった子供たちでした。二卵性でしたので、顔、形、性格等かなり違う双子です。
 夫婦二人で協力し合い、頑張って子育てをしているつもりです。

 2~3歳頃からでしょうか。長男と比べ、次男の育てにくさを感じてきました。特に24時間いっしょにいる妻は、早い時期からおかしいと感じていました。私も同様に育てにくさを感じてはいましたが、「性格の違い、個性の範囲、こんな子いるよ。」とも思っておりました。

 今年7月、役場の3歳児健診で問診時に、「(次男は)話をする時、目を合わさないところがありますね。軽度精神発達障害の疑いがあります。公の児童相談所で判定してもらって下さい。おそらく大丈夫と思いますが、相談して安心された方が良いのでは。」と医師に言われました。

 さっそく、8月に児童相談所に行きました。そこでの判定は、「どちらかと言うと正常。ですが、約10ヶ月間成長が遅れています。」でした。そして、月2回自宅から40分ほど離れている施設でおこなっている『言葉の教室』に通わせてくださいということでした。9月から月2回(水曜日)に妻が連れて行っています。
 確かに、次男は長男に比べ、言葉を含めほとんど全てのことが後追いでした。「10ヶ月の成長の遅れ」、これが違和感なのだろうか?!。

 『言葉の教室』に連れていくようになって、どんどんと『言葉』は出てくるようになりました。でも、それにともない、今まで次男が何を言っているかよくわからなかったことが、ちゃんと『言葉』で表現できるようになると、その異常さも伝わるようになりました。やはり、おかしい…。

 言葉の教室の言語聴覚士の方に相談すると、小児の発達障害を専門にしている病院を紹介され、先日行って来ました。
 医師の次男への発達関係のテスト、それから私達夫婦への質問や、私達夫婦が感じている違和感、異常さを伝えた結果、『広汎域自閉症』と診断されました。

 正直言って…というか、人の子の親でショックを受けない人はいないでしょうが、やっぱりショックでした。ADHD(注意欠陥・多動性障害)かも?と疑ってはいたのですが…。

 これから、この子(次男)を育てていく不安、この子(次男)が抱える不安、長男に与える影響などを思うと、正直、怖いです。
 ただ、この子たちは誰の子でもない、私達の子供。私達が守るしかない。

 このブログでは、自分の正直な気持ち、子供たちのこと、夫婦のことなどをつづっていきたいです。

|

トップページ | 記念日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177964/10065223

この記事へのトラックバック一覧です: 動機:

トップページ | 記念日 »