« TO君の自閉症状(4) | トップページ | TO君の不安 »

2006年3月30日 (木)

キャスバル兄さん!

「キャスバル兄さん!」と聞いて、それが何のことかわかる人が何人いるのだろうか?
答えは、「ガンダム」に登場する「アムロ」の宿敵?、「シャア・アズナブル」の本名、「キャスバル・レム・ダイクン」。妹のセイラ(本名、アルティシア)が、兄のことを言う時に、この「キャスバル兄さん!」というセリフが出てくる。

1stガンダムのシャアは、ジオン軍にいながら父を葬ったザビ家に復仇を誓い、「赤い彗星」という異名を持ちながら味方をも欺き目的を達していく。特別なガンダムファンでなくても、このシャアのファンだった方は多いのだろう。私はちょうどガンダムを見ていた頃は、まだ自分自身が幼かったのか、やはり正義の味方的存在のガンダム方=連邦軍が好きだった。でも実はそんな単純な「正義と悪」という図式の物語ではなかったということを最近知ったのだが…。

ガンダムファンからすれば、シャア=キャスバルは当然のことで話題にすることでもないのかもしれない。
いつも前置きが長いが、うちのTO君、シャアが出てくると(スカパーで1stガンダムが放送中)必ず、「キャスバル兄さん!」と叫んでいる。「シャア!」ではない。先日買った「ガンダム図鑑」の中のシャアを見てもやはり「キャスバル兄さん!」という。
KO君の方は、ちょうど放送間のCM前後の「シャア」という叫び?に合わせて同じように「シャア」というだけで、決してシャアのことをキャスバル兄さんとは言わない。
私自身その当時、どれだけ理解して見ていたのか思い出せない。シャアがセイラの兄さんということは覚えていたが、セイラがシャアのことをキャスバル兄さんと呼んでいたことを、その当時そんなに意識していた覚えはない。

これもTO君の症状特有の気に入った音へのこだわりなのか? それとも考えすぎか? 自閉症の子は自分が気に入ったことであれば、ものすごい興味、関心を持ち、それだけに異常な記憶力等を示すことがあるらしい。TO君はガンダムシリーズにはまるのだろうか??? それは今後の経過を見てみないとわからない。
それにしても「ガンダム図鑑」を見ると、ガンダムっていろんなのがありますなぁ。

|

« TO君の自閉症状(4) | トップページ | TO君の不安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177964/10065293

この記事へのトラックバック一覧です: キャスバル兄さん!:

« TO君の自閉症状(4) | トップページ | TO君の不安 »