« 実施設計打ち合わせ | トップページ | ケンカの原因 »

2006年3月14日 (火)

はがゆいこと

障害を持つ家庭にとって、「はがゆい」ことはいくらでもあるだろう。うちもこれから、幼稚園、小学校と進むにつれて、いろいろと「はがゆい」想いをさせられることになるのだろう。
しかし、その中でも、身内に理解が得られないことは、とても「はがゆく」、辛いことの一つではないだろうか。

先日、法事があり親類が集まった。人数は少なかったが、その席でTO君の障害のことを話し理解を求めた。「自閉症」という障害に対し、それぞれが自分の体験も含め、いろんなことを言う。かなり誤解もあった。それに対し、一つ一つ私が勉強した限りのことで説明をしたが、説明しつくせなかったと思う。ただ、親類などには、ちゃんと自閉症のことを正確に理解して欲しい、TO君のことをわかって欲しいなどとは考えていない。せめて、「私達家族がたいへんなんだ」ということくらいわかってもらえれば、それでいいと思って話した。

しかし、これが私の母が対象となると話は別だ。
母のところには、ほとんど週一回は双子達の顔を見せに行く。少なからずTO君、KO君に影響を及ぼす対象だ。TO君にとって、母の家はご機嫌がチョーいいところ。だからかもしれないが、母はついついTO君を普通の子だと強調する、そう思い込みたい傾向がある。私達がいつものTO君の症状を説明したり、自閉症関連の書籍を買って読んで理解して欲しい…そして実際読んでも、ぜんぜん理解してくれていない。
母は数年前定年するまでは、医療従事者だったのだ。そういう人が、「(自閉症等は)専門外だったのよ。だからわからないの。」と言う。本当に医療従事者だったのか? もしそうなら、私達から書籍を読んでなどと言われる前に、自ら何らかの手段で調べて、「自閉症はこんな病気だから…」などと、逆に私達に教えてくれても良いのではないか?

いやいや、そこまでなくてもいい。それは期待しすぎかもしれない。だけど、せめて、親類に期待するように、私達夫婦がたいへんなことを理解して、私達家族を暖かく見守って欲しい…、ただそれだけなのだ。

身内の恥をさらすようだが、母とも良い関係を保ちたいので、これから、このこともブログに書きとめていきたいと思う。

|

« 実施設計打ち合わせ | トップページ | ケンカの原因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177964/10065277

この記事へのトラックバック一覧です: はがゆいこと:

« 実施設計打ち合わせ | トップページ | ケンカの原因 »