« TO君の自閉症状(3) | トップページ | TO君の自閉症状(4) »

2006年3月28日 (火)

久しぶりに妻がキレた

TO君のことで、久しぶりに妻がキレた。妻もちょっと神経質なところがあるのだが、TO君がいろんなことに、もたもたしていることに腹を立てていた。少し経ってTO君もお母さんに謝ったのだが、その後がいけない…。
妻もTO君に怒りすぎたと謝ったのだが、TO君の態度は耳をふさいで「うるさ~い」。この言葉に妻がキレた。「もうしらん! もうあんたのことなんかしらん! 何もしてやらん!」と捨てゼリフ。

妻がここまでキレたのには複線がある。保育所のお別れ会のことは書いたが、卒園証書授与式で妻に付き添われていたTO君、実は普段の保育所生活で上手くいってない子供(M君)と席が隣だった。M君は3歳児さん、以前おもちゃを取り合ってケンカした。TO君はM君に手を噛まれ、M君につかみかかったらしい。保育所の先生からはTO君よりM君が小さいから、おもちゃを譲るように言われたらしい。それからTO君はM君のことがダメ。それにしては、保育所に行くたびに「M君がねぇ…」と話すのだが…。前も別のT君とケンカしていた。でも今は仲良しで、保育所でいっしょに遊ぶことを楽しみにしている。子供は、特に男の子はケンカしながら友達になっていくのだろうと思う。だが、M君とは、TO君にとってまだそこまで時間の経過が経ってなかったようだ。

話が元に戻るが、授与式の間TO君は、「何でM君が隣にいるんだ。お父さんがM君に取られちゃう~(???)」と終始機嫌が悪かったらしい。妻もなだめたらしいが、M君もお母さんに付き添われていたので、TO君の発言が聞こえているのではといたたまれなかったらしい。ほかの出席していたお母さん、お父さんはTO君の障害について気付かれたかどうかわからないが、もしM君のお母さんがTO君の発言を聞いていたら「この子(TO君)は何か変だ」と思うに違いない。
妻としては、こんなことで自閉症の症状が出て、不機嫌、不安になり、練習した成果を発揮できないTO君のことを想い泣いていた(M君と隣でなくても、大勢の人でもう何もできなかったとは思うが…)。そして、授与式の間、隣に付き添ったのは自分なのに、お父さんを求めるTO君、それもTO君のこだわりなのだからと仕方ないと、グッとこらえていたらしいのだ。

それなのに、TO君の耳をふさいで(お母さんの言うことに)「うるさ~い」。これでキレてしまったのだ。TO君も寝る前でもう眠くて仕方なかったのだろう。そのまま、TO君とKO君は私が寝かせ付けた。

後で私が起きてきて、妻をなだめた。以前の私なら「あんなことを子供に言ったらいかん!」と妻を怒っただけだっただろうが、妻の普段の努力を認めているので、なだめながら話をした。妻も少し冷静になっていたし、私からわかってもらったということで大丈夫だった。私が怒っただけなら、「もう家を出ていく!」が始まっただろうが…。

|

« TO君の自閉症状(3) | トップページ | TO君の自閉症状(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177964/10065289

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに妻がキレた:

« TO君の自閉症状(3) | トップページ | TO君の自閉症状(4) »