« 元気がない… | トップページ | CT検査の結果 »

2006年4月19日 (水)

役割分担

aiさんへのコメントが長くなりそうだったので、続きみたいなものですが…
「子育て」というより、私の持論は、夫婦の労働(=外で働く労働も家事も含めて)は、「夫婦で半分こ」というものです。つまり…(式で書くほどのことではないですが…)

(夫の労働負荷+妻の労働負荷+家事・子育て)/2=夫、妻それぞれの労働負荷

この労働負荷は時間ではなく、実質どれくらいたいへんかということも考慮すべきと思っています。

「俺は外で仕事して疲れている。仕事でのストレスもあるし、つき合いの飲み会もあってたいへんなんだ。妻は一日中子供と家にいて、子供と昼寝して楽してる。家に帰ったらゆっくりさせてもらうのは当たり前じゃないか!」と思っている旦那さん多いんじゃないでしょうか。
1回でいいから、奥様はまる1日家をあけて、旦那さんに家事と育児とさせたらいいと思います(そんなことしたら家の中がめちゃくちゃになってしまうかもしれませんが…)。本気で子育てと家のことをしたら、外で仕事している方がどんなに楽かわかると思います。1日中、わけのわからない子供と一緒にいて、話の通じる人間と会話もできず、ひたすら子供の相手と食事、洗濯、掃除、旦那さんの夕食に、お風呂洗って、明日の着替えの準備…。気が狂いそうなはずですよ。それよりは、思いつきでものをいう上司にガミガミ怒られ、嫌みな顧客にハイハイと頭を下げ、心の中で「バカ野郎ー」と叫んでいた方が楽だ(言っている意味はわかりますから)と思えると、私は思うのですがいかがでしょう。

もちろん、単純に家事を半分ずつという意味ではありません。夫婦それぞれ得手不得手もあるので、それは夫婦でどうするかは話し合うべきことと思います。
どうしても夜遅く、朝も早くて家事などできない旦那さんでも、その間「奥様は楽ではない。自分と同じようにたいへんなのだ」と奥様のことをねぎらう気持ちだけは忘れずに、そしてそれはできるだけ口にして言うべきとも思います。
最近、「熟年離婚」という言葉を耳にしますが、この辺のことから奥様の恨み辛みは始まっているのではないでしょうか? うちは絶対ないとは言えないので、悠長なことは言えませんが…気を付けてます。

話は昨日の話題に戻りますが、その夫、父親がいない、お母さんはそれだけでたいへんです。一人で何もかも頑張っているのです。もうこれ以上どうしようもないくらい頑張っているのです。決して「もっと頑張りなさい」「子供に愛情をかけなさい」「お母さんの躾がなってない」「○○しなさい」などは言ってはいけない、禁句だと思います。出来れば、一言でいいから「お母さん頑張ってるね」と励ましてあげたいですね。

|

« 元気がない… | トップページ | CT検査の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177964/10065306

この記事へのトラックバック一覧です: 役割分担:

« 元気がない… | トップページ | CT検査の結果 »