« 2日続けて… | トップページ | 幼稚園・入園式 »

2006年4月12日 (水)

少し気持ちを切り替えて…

日付が変わってしまったが、今日は久しぶりに出張があって、昨日書いた2つ前の職場(商工関係)で一緒に働いた同僚や上司に会うことができた。みんな今は商工関係ではなく、全く違う部署で仕事をしているが、顔を合わすとお互いあの時のことを思い出しているのではないだろうか、何ともいえない懐かしさと安堵感を覚える。

あれからもう8年くらい過ぎたというのに、この方々とはいまだにおつき合いさせていただいている。何かあった時の飲み会や、それぞれの自宅の新築祝いには家族揃って呼ばれたりと、「今度は自分の番かなぁ」と皆さんを招待するのを楽しみにしている。そうそう、ある方(係みんながお世話になった方)の退職祝いが先だろうか。

これだけつき合うことができるのは、あの係が上司(その当時、係長)を中心にまとまり、仕事はとてもハードで厳しかったが、それだけやりがいもあって楽しく仕事ができたからだと思う。私にとって、あの商工3年間は、その後の公務員生活のモチベーションを支えるためのかけがえのない日々だったと思っている。

今日もこの上司に、今自分が抱えている問題について意見を聴いた。私が考えていたものと全くの同意見だった。ホッとした。私のモチベーションは保たれていた。
商工3年間の後に異動した職場では私自身最悪の状態だった。本当に公務員を辞めたいと思ったし、少しの間精神病関係の薬も服用していた。その時も、「この上司なら、この課題をどう考え対処するだろうか?」と自問自答することが、自らのモチベーションを維持する術(すべ)だったのだ。
今はいちいち「この上司なら…」とは考えないが、今の職場でも何か自分の意見と違うことが正しいことのようにされると、私は間違っているのだろうか?と不安になる。そう言う時はやはり商工3年間のことや、K氏との会話が頼りとなる。

話がそれるが、最近、今の職場で私の仕事を手伝ってくれる町内の女性(奥さん)と音楽の趣味の話になって、その奥さんは今でも槇原敬之を車の中で大音量で聴いている。私も以前はよく聴いて歌っていたので、久しぶりにCDを出してきたり、レンタルしたりして聴いている。その奥さんは『ANSWER』という初期の曲が一番好きとのこと。私は『I need you.』が好きだ。
どんどん横道にそれるが、この『I need you.』という曲、シングルの『どうしようもない僕に天使が降りてきた』のカップリングの曲で、以前よく聴いていた頃はお金もなかったのでレンタルで借りてカセットテープ(うわぁ年代がわかる)に録音して聴いていたはず。今回聴こうと思ってテープを探したが結局わからず、再度レンタルしようと思ったが昔のシングルを置いている店はない。仕方ないからアルバムに入ってないのかとインターネットで検索したら、『UNDERWEAR』というアルバムに入っていた。それを探してレンタルすると、何か違う…。『I need you. (ALBUM VERSION)』となっていた。ぜったい、シングルの方が良かった。是非、もう一度、原曲の方をアルバムに入れてもらいたいと思うのは僕だけ?かなぁ。

…それで、今日出張から帰りながら、『どんなときも。』(言わずとしれた、マッキーのブレイク曲)が流れてきた。“どんなときも どんなときも 僕が僕らしくあるために 「好きなものは好き!」と 言えるきもち抱きしめてたい…” 別にそんな意味ではないかもしれないけど、勝手に「私は私らしく、好きなこと=正しいと思うこと、信じていることを、やろう、発信していこう」と思う。

|

« 2日続けて… | トップページ | 幼稚園・入園式 »

コメント

おはようございます。毎日、拝見しています。
槇原敬之となると、ちょっと私も黙ってはいられません。学生時代からのファンです。シングルは持っていませんが、アルバムはほとんど持っています。と言うか、最初はほとんど購入していたのですが、ここ数年はレンタルしてダビングってところですが。
学生のとき、一番好きだったのは「EACH OTHER」、たぶん2ndアルバムの中の曲だったと思います。今は、どれが一番好きか・・・と言われても選べません。
そうですか、たけponさんもファンでしたか・・・。何か通じるものがある・・・って思うのは、そういうところなのかもしれませんね。

投稿: ai | 2006年4月13日 (木) 08時06分

aiさんって、aiさん?(意味不明)…ですよね。
毎日、見て頂いているとのこと、ありがとうございます。
私もaiさんのblogは毎日チェックしてますよ。
槇原敬之…aiさんもファンということで、うれしいですね。趣味の接点があるというのは、これからのことも含めて大事なことのような気がします。いやぁ、aiさんはもっと高尚な音楽がお好きなのだとばかり思ってました。…て、けっしてマッキーが高尚でないという意味ではないのですが…。
「EACH OTHER」聴いたことあるような…。すみません。私は誰の曲もそうなのですが、曲名をほとんど記憶しないタチなので、曲自体知っていても、あの曲なんて言うんだっけ?ということがよくあります。今度チェックしてみますね。
久しぶりにマッキー熱が再燃しそうです。今の音楽についていけず、昔に回帰しようとするのは年くった証拠なのかもしれませんが、良いものは良いということで。

投稿: たけpon | 2006年4月14日 (金) 06時59分

そうです、あの?aiさんです。
私もそうですよ、曲名を意識しながら聞くことはあまりないです。特に最近はそれが顕著です。
建築と音楽って「つくる」という点で、共通点があるように感じます。マッキーの曲は聴きながらそれを強く感じます。歌詞やメロディーの裏にある「音」や「はもり」に対するものすごいこだわりを感じるからです。才能ある人だと思います。

 それにしても、毎朝早いですね。

投稿: ai | 2006年4月14日 (金) 07時48分

「つくる」=「創る」ということですよね。「作る」ではなく、「創る」=「創造する」お仕事をされているお二人は、すごいなぁと思いますし、うらやましくも思います。
私は、子どもの頃から上手に「作る」「まねる」「改める」は得意でしたが、自ら「創りだす」ことは苦手だなぁと感じていましたから。

> それにしても、毎朝早いですね。
体調も悪くなく、前日に子供達を寝かせ付けながら早い時間に寝られれば、5時起きですかね。時には4時。以前はこの時間に持って帰った仕事を片付けていましたが、最近はblog更新ばかりしています。妻は相変わらず夜型人間のようです。

投稿: たけpon | 2006年4月15日 (土) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177964/10065301

この記事へのトラックバック一覧です: 少し気持ちを切り替えて…:

« 2日続けて… | トップページ | 幼稚園・入園式 »