« お手伝い(2) | トップページ | 言い訳(2) »

2006年5月24日 (水)

言い訳?

私の職場には、職場通しを結ぶネットワークが形成されていて、メールのやりとりはもちろん、「掲示板」というみんなへのお知らせを掲載するものがある。
その掲示板に昨年の途中からある方の提案で、持ち回りで職員一人一人がそれぞれの職場で、どのような仕事に従事しているか、職場のPR、日々仕事をしていて思うこと、それから自らのPRなどを表現したものが定期的に掲載されるようになった。私の知っている方の投稿もあり、また、一緒に働かせてもらった尊敬する上司の投稿もあったり、これに投稿する人はすごいなぁと感じていた。
しかし、ちょっと疑問もあった。掲示板には、「頭角を現す者はとかく他の人から憎まれ邪魔をされる」という意味の表題と通しナンバーが付いているのだが、投稿はどれも当たり障りない「良い子的」なものばかりで批判的なものはほとんどない。断っておくが、ここで「批判的」と表現するが、ただ単に「ダメだ」の批判ではなく、あくまで本来はこうあるべきだとか、次につなげられる「建設的批判」のこと。

先日、私と同じ職種で同期の者の投稿があった(同じ職種の中でそいつが初投稿)。そいつは同期の中で私も一目置いている存在。現在担当している業務のPRなど、わかりやすく丁寧にされていてさすがだなぁと思った。でもやはり批判的な表現はない。話をすると結構批判的なことを言うのに…。
別の用件で、そいつと電話した際、その話題になった。「良い子的」という意見に、そいつは、○自分も最近少し大人になって、以前は売り言葉に買い言葉的で言っていたが、一呼吸置いて物を言えるようになったこと、○実はこれに投稿するメンバーは別にメーリングリストがあって、そこでは言いたいことを結構書いたりしてること、○メンバーには元気の良い人が多いこと、○メーリングリストは登録制なので、良かったら紹介すること、などを話してくれた。

「メーリングリストに紹介する」という申出には、「自分はblogをやっていて、そこで言いたいことを書いている」と言って、曖昧なまま断った形で電話を切った。
この掲示板の投稿に出てくる方達は、メンバーや投稿内容を見ても、将来、この地方公共団体を背負って立つ方ばかりだと思う。それぞれの部署や立場で中心的な役割を担っていく方達ばかりだろう(既にそういう方もいらっしゃる)。
私はこのメンバーの中に積極的に自ら入っていくことはできないと感じた。こんなことをblogに書いていること自体、「いつか自分もここに投稿したいなぁ」とも考えていたことは事実だし、同期の投稿に少し「悔しさ」を感じているのも事実。
しかし、もともとこの投稿が「友達の輪」的にまわっているものと思っていたので、登録制のメーリングリストという形への抵抗もある。それに、自らの才覚や技量、自らがおかれている家庭の事情を考えると、とても積極的にメンバーに入ることはできない。

何をぐだぐだと、女々しく(←差別用語?)言い訳?じみたことを書いているのか。家庭の事情を持ち込んで、仕事が思うようにできないというのは、本当に言い訳かもしれない。でも、自分は何もかも、どれもこれも、器用に頑張れることはできない。何が一番自分にとって大切なことかと言えば、もちろん仕事は仕事で頑張るけれど、今は、家庭を守ること、TO君の障害のこと、そしてKO君、妻のことを考えることが一番なのだと思う。
「それでいいじゃないか!」そう自分自身を納得させている。今でも仕事を怠けているとは自分自身思っていない。やれることを精一杯やっているつもりだ。もしかしたら、いつか余裕ができ、もっと積極的に仕事に頑張れる時がくるかもしれない(無理かなぁ?!)。

|

« お手伝い(2) | トップページ | 言い訳(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177964/10215390

この記事へのトラックバック一覧です: 言い訳?:

« お手伝い(2) | トップページ | 言い訳(2) »