« 発表-怖い~! | トップページ | ズル休み? »

2006年5月26日 (金)

スペクトラムの意味と願い

自閉症スペクトラム(autistic spectrum)とは…
Wing, L.(1996)が提唱した言葉で、自閉症(カナータイプ、カナー症候群ともいう)とアスペルガー症候群(アスペルガータイプともいう)は、例えば、虹でいえば赤色と黄色のようにまったく別のものに見える、でも実は光という意味では連続的なものだという意味あいで、Wingは対応の方針を決めるうえで大切なのは、「三つ組」の障害があるかどうか(=自閉症スペクトラムかどうか)であって、そのうちのカナー症候群かアスペルガー症候群かを区別することにはあまり意味がないとも主張している
…とある(blog左下欄「読んだ本・お薦めの本」で紹介、「「その子らしさ」を生かす子育て」、この本はやさしい言葉でわかりやすく、しかも専門的に自閉症スペクトラムについての知識と、子育てへの対応、ヒントについて書かれています)。

私も「三つ組」障害があれば自閉症及びその仲間だと理解し、TO君が自閉症なのか、アスペルガー症候群なのかは、特に問題視しなくて良いのだと考えていました。
しかし、やはり「読んだ本・お薦めの本」で紹介している「アクロニムで覚える」を読んで、たいへん参考になりました。
この本では、自閉症スペクトラムには2つの意味合いがあり、例えば光のスペクトラムで近い波長はほとんど似たような色に感じられる連続性があるのと同時に、だんだん波長が違っていけば赤と青に感じられるように、離れた極では質的に明らかな違いが生じる。つまり、一つはアスペルガー障害と自閉症は連続体なのだから、本質的なちがいがないという考え方。もう一つは、スペクトラムの両極は質的にも違うものになることから、やはり両者は基本的に異なる障害だとする考え方。Asperger, H.(1944)が、Kannar, L.(1943)の報告した「古典的自閉症」と多くの類似点と別に、相違点を特徴づけている点から言ってもそのとおりなのだろうだと思います。
このような考え方により、この本では、自閉症には自閉症の、アスペルガー症候群にはアスペルガー症候群の、共通するものについては共通する、それぞれの対応の仕方を「アクロニム(acronym)、複数の単語や短い文などの頭文字をつないで作ったことば」で表現しています。もちろん自閉症と診断されたら必ず自閉症のアクロニムを実践しなければいけないとは、この本も言っておらず、子供にあった方の対応をするべきともあり、その点でやはり、自閉症スペクトラムは前者の意味合い=つまり連続性であり本質的なちがいがない点もあると思います。

話が変わりますが、「メインストリーム」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
直訳すると「主流」という意味になり、「多数派」という意味もあるそうです。つまり、障害のない(ないと思われる)一応健常と判断される人達のことになるのだと思います。
しかし、これは私のちょっとした思いつきで、専門家でもないし、根拠もないのですが、「スペクトラム」の意味を自閉症という障害にだけ適応するのではなく、メインストリームも含めて考えた時(すみません、自閉症以外の障害については考えてません。)、ある一方には健常=正常なものがあって、一応どこかの範囲まではメインストリームでくくれるものの、どこからかグレーゾーンを通って、自閉症スペクトラムに入っていくのではないかと私なりに考えています。
人間の誕生において、完璧に生まれてくる可能性というのはどれくらいあるものなのでしょうか? 自閉症が生まれつきの脳の機能障害ということであれば、もしかしたら人間は誰しもそうそうは完璧に生まれてくるのではなくどこか不完全であり、まぁここまでは一応正常=メインストリームだろうとくくられてはいるものの、そのメインストリームの中もスペクトラム的に考えられ、いろんな状態(ちょっとアスペ的等)の人もいるのではないでしょうか?

「常識」とは何なのでしょう。おそらく多数派の意見というだけです。世の中の決まり事が多数派の人達だけで考えられているだけで、少数派の意見が通らないだけの話なのではないでしょうか?
そう考えると、自閉症スペクトラムとのつき合い方は、変わってくると思います。多数派(メインストリーム)が少数派(自閉症スペクトラム)の意見を知らなかったり、例え知っていても「あいつら変な奴だから相手にしない」と思い込んでいては、世の中うまくいかないのではないでしょうか。そしてもしからしたら、そのメインストリームの中にもいろんな意見があるのではないでしょうか。
「自閉症の息子ダダくん11の不思議」の「違う☆(星)から来た息子」という言葉には、そう言った違う文化(異文化)を理解して欲しい、受け入れて欲しい、メインストリームの人達にそう考えて欲しいという想いが込められているのではないでしょうか。

確かにこの世の中である程度適応して生きていくためには、少数派=自閉症スペクトラムの方も適応できるところはしていく必要もあるのだと思います。しかし、多数派=メインストリームの人達も、意見、文化を押しつけるのではなく、少数派の意見、文化を理解し、お互いが歩み寄れる社会になるといいのだと思います。

|

« 発表-怖い~! | トップページ | ズル休み? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177964/10236648

この記事へのトラックバック一覧です: スペクトラムの意味と願い:

« 発表-怖い~! | トップページ | ズル休み? »