« reject通知 | トップページ | 家族が理解するということ »

2006年6月10日 (土)

歯科デビュー

もう1年半にもなるか、昨年の1月突然痛み出した虫歯の治療のため、通い始めた歯科医院。今日は双子を伴って…、もちろん双子達にとっては歯科初デビュー。
実は幼稚園の歯科検診の時に、TO君は虫歯無しだったのだが、KO君に治療が必要な乳歯が2本あるとのことで、今日ちょうど私の予約が入っていたので、一緒に受診することになったのだった。
TO君も虫歯無しということだったが、前下歯の歯垢が気になっていたので、どうせなら二人ともということでお願いした。

その歯科医院の駐車場はちょっとせまく、縦に車が2台縦列に停めなくてはならない。今日は、私の車が前方になってしまったので、待合室で待っていると車を移動しなくてはならなくなった。
車を駐車しなおして戻ってくると、既にTO君が呼ばれていた。それも一人でさっさと行って診察台に座ったという。もちろん待合室で、「名前呼ばれたら向こうの部屋に行って、椅子に座って良い子に、大きい口開けたり、イーしたりするんだよ。今日は痛いことはないからね。」と言い聞かせてはいたが、てっきり付き添わなければならないと思っていた。
つづいてKO君、「ボク一人じゃいけな~い」と妻と一緒に診察室へ(虫歯を治療することになったら、怖いと思ったのかな?)。
しばらくすると、TO君が戻ってきた。おとなしく良い子にしていたそうだ。「ボクには虫歯がない」という自信がそうさせていたのだろうか?
そして、KO君が戻ってきた。「治療が必要な乳歯」は、「茶渋か何か」ということで、虫歯疑いは晴れた。良かった良かった。毎日頑張って歯みがきしてるもんね。

そして、今度は私が呼ばれた。私の場合は、治療後のアフターケア…というか、ちゃんと歯みがきできてるかチェックされてるって感じ…(情けねぇー)。でも、ちゃんと磨けているというOKをもらい、次は4ヶ月後(前回は3ヶ月後だった)で良いとのこと。次回も双子達同伴で予約を入れた。

実は私が治療を受けている間、TO君は妻に「ハイチュウ(チューイングキャンディー)」をずっとせがんでいたらしい。妻がちゃんと良い子にしてたらあげると言っていたらしいのだが、歯科で治療後30分は何も飲食しないでくださいと言われ、それも歯科の中でお菓子を食べさせるわけにはいかない。
妻はTO君に、「今ハイチュウ食べるとまずいんだって、後でおいしいハイチュウ食べた方がいいでしょう」って説得していたらしい。
周囲の患者さんは、笑うのをこらえていたそうだ…。

|

« reject通知 | トップページ | 家族が理解するということ »

コメント

はじめまして、たけponさん。
私は、保育所に通う娘(4歳半)と、広汎性発達障害の息子(2歳9ヶ月)を持つ父親です。2005年12月からのブログを全て拝見させてもらいました。
これからもゆっくり拝見させてもらいます。

投稿: たっくん | 2006年6月11日 (日) 02時11分

はじめまして、たっくんさん。
blogを全てご覧になって頂けたとのこと、ありがとうございます。
お互い頑張りましょうね。これからもよろしくお願いします。

投稿: たけpon | 2006年6月11日 (日) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« reject通知 | トップページ | 家族が理解するということ »