« 成長してるのは… | トップページ | reject通知 »

2006年6月 7日 (水)

“黄色”はボクの!

ここ最近、おだやかな幼稚園生活を送ってきたTO君だったが、久しぶりにお友達とケンカをしてきた。
原因は、トイレのスリッパの取り合い…なんで、そんなことで?

本当の事実関係はよくわからないのだが、TO君の言い分等から総合すると…、
TO君がトイレに行くと、まず、A君が既に“黄色”のスリッパを使っていた。
TO君は“黄色”のスリッパはボクのなので(?)、他に“青色”や“赤色”のスリッパはあったけれど、A君が用をたし、自分が“黄色”のスリッパを使う順番を待っていた。
そこへ、B君が来て、A君が使っていた“黄色”のスリッパをまた使った。
TO君はそれに激怒し、ケンカとなった。トイレにあったスリッパもめちゃくちゃにした。
お友達からは「(TO君のことを)おかしい」と言われた。
…らしい。

その場は、加配の先生がTO君に言い聞かせ、TO君も納得した(?)らしいが、自宅に帰って妻が言い聞かせても、今ひとつ理解していないという。

ある特定の(または特徴づける)物や人に“こだわり”を持つのは、この障害の特徴だ。TO君の場合、自分が気に入ったおもちゃだったり、色だと“黄色”に執着している。以前はそうでもなかったのだけど、もともとKO君の方が“黄色”が好きで、そのマネだと思う。このマネも障害の特徴で、自分では何も決められないので、別の人が好きなものとかを真似ることがあるようだ。保育所でKO君が好きになった女の子のことを、後からTO君も好きと言い出したりすることがあった(今は、別々の女の子のようだが…)。

私が帰宅すると、TO君の方からこの件の報告をしてきた。
TO君の言い分からすると、“黄色”のスリッパに固執していたものの、自分は順番を待っていたということなので、横取りしたB君が悪いということになるのだろうか。その辺の事実関係がはっきりしないので、難しいところだ。

とりあえず、次のようにTO君を説得した。
TO君が“黄色”のスリッパを気に入っているのは、よくわかるし、それはいいよ。
だから、“黄色”のスリッパを誰も使ってない時は、TO君が使うことはOKだよ。
だけど、“黄色”のスリッパも“青色”のスリッパも“赤色”のスリッパも、他のおもちゃと同じように幼稚園のお友達みんなのものだよね。
もし誰かが、もう“黄色”のスリッパを使っていたら、TO君がオシッコおもらししたらたいへんじゃない? だから、その時は、“青色”のスリッパでも“赤色”のスリッパでもいいんじゃない? お友達もみんなそうしてるよ。

TO君の好きな物=こだわりに対して、その気持ちは受け止めた上で、でも、幼稚園で使う物がお友達みんなの物であること、オシッコを失敗したらいけないという動機付けをしてやることでお気に入りとは別の物を使うことを許容させること、お友達もみんなそうしているのだと、それがルールなのだということをわからせようとした…つもり(妻も同様に言い聞かせたらしい)。

一応、TO君も「わかった!」と返事はしたが、本当にわかってくれたかなぁ?
しかし、今まで何事もなかったと言うことは、TO君がトイレに行く時に、運良く“黄色”のスリッパは空いていたのだろうか。

|

« 成長してるのは… | トップページ | reject通知 »

コメント

はじめまして。
ゆっくりねっとサーチからおじゃまさせていただきました☆
私も、現在、3歳半の双子、それぞれが、自閉症と広汎性発達障害なのですが、育てています♪
双子、という文字を見まして、
思わす、クリックしてしまいました☆
また、夜にゆっくり拝見させていただきますね♪

投稿: 双子ママ | 2006年6月 7日 (水) 09時11分

はじめまして、双子ママさん、コメントありがとうございます。
びっくりしました。今朝、眺めていたblogの方からコメントいただくなんて。
私も、またゆっくり読ませてもらおうと思っていたとこでした。

投稿: たけpon | 2006年6月 7日 (水) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成長してるのは… | トップページ | reject通知 »