« チュー復活? | トップページ | 腹掛け »

2006年8月10日 (木)

新しい幼稚園に向けて

昨日は、私達が住んでいる地域で、障害を持つ子供の就学等の相談にのってくださっているコーディネーターの方と、来年、引っ越した先で行くことになるだろう新しい幼稚園のことについて相談させていただいた。
今の幼稚園は園長先生(隣接の小学校の校長先生)や幼稚園の先生方の理解もあり、更に加配の先生もつけていただき、TO君のためには本当に良い環境だと思っているのだが、いつまでもこのアパート住まいをするわけにもいかないし、私の職場の異動もあるかもしれない。いつまでもこの町に住めるわけでもないので、それなら、幼稚園の年長さんの時からある程度、大勢の子供達、一緒に小学校に行くことになるだろう友達と関わりを持った方が良いだろうと、来年の3月には引っ越しを予定しているのだ。

コーディネーターの方には、昨年の台風の爪痕が残り、工事中の片側交互通行が何カ所もある国道を40分はかけて、わざわざ私達の自宅アパートまで来て頂いた。
男性の方で、ちょっと陽にやけた肌ではあるが、とても柔らしい印象を与える方で、とても話しやすかった。
以前、TO君の診断をしていただいた病院の心理士の方から、今後相談にのると良いと紹介をしていただいた方でもあったし、TO君が月2回行っている「言葉の教室」の先生からも紹介していただいた方でもあった。

私も午後、手術後の診察が入っており休む予定だったので、1時間ほどだったがお話させていただいた。
1時間はアッという間で、今までの経過を話すだけで終わってしまったが、後は妻に任せて病院へ行った。

妻によると、幼稚園のことについては、9月くらいから見学に行ってどこの幼稚園に行くか決め、だいたい決めたら月1ペースで園庭開放の時に見学して、TO君(もちろんKO君も)を慣らしていく。幼稚園の先生にも慣れていただくという方向でということになった。
実は幼稚園は2カ所で迷っている。1カ所は新居の目と鼻の先、歩いても10分もかからないだろう。しかし、ちょっと厳しい面もあるとのこと。もう1カ所はそう遠くはないものの、歩いては行ける距離ではなく車での送迎が必要。しかし、障害児に理解があるとのことなのだ。

それから、療育についても、数カ所を紹介していただいたし、幼稚園後の小学校への就学についてもどんなスケジュールで進むかなど相談にのっていただいた。
今後、本当にお世話になる方だと思う。こうやっていろんな方にお世話になりながら、TO君を育て、少しでも自立できるようにしていきたい。支援してくださる方々には本当に感謝です。

|

« チュー復活? | トップページ | 腹掛け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュー復活? | トップページ | 腹掛け »