« 台風13号 | トップページ | コーヒー牛乳作り »

2006年9月19日 (火)

二人で遊ぶ

日曜日、台風の最中、試験のために私が担当している作物の収穫、データ測定に行って帰ってきたら、どうも身体の調子が悪い。風邪をひいたらしい…。

ちょっと休んでいたのだが、だんだんと悪くなる一方…、鼻水、喉の痛み、咳も出だした。最近、ちょっと寝不足だったからなぁ。不摂生がたたったかなぁ。

月曜日の祝日も結局、朝いったん起きて熱がある。…で、また寝る。そしてお昼に起きて、それでも辛くてまた寝た。結局、夕方7時頃から起き出し(その頃少し熱も下がっていた)、少しだけ子供達の相手をしたものの、後は夕食、お風呂(もちろん妻がいれた)、寝かせつけをして1日が終わった。

私が寝ている間、双子達は仲良く遊んでくれた。昨年の今頃からすれば奇跡的な進歩だ。昨年はとにかく二人にしていたら、KO君の泣き声がして、「TO君から叩かれた~!」「TO君がキライって言った~!」ばかりだった。
近頃、とてもTO君の調子がいい。やっと2学期の幼稚園に慣れてきたのか? 二人で、最近の流行のボウケンジャーのロボット『ダイボウケン(というらしい)』をブロックで作って、壊れてはまた作って遊んでいる。これもまた、一頃前なら壊れた途端にTO君が、「あぁ! もう! KO君が悪いんだ(実際、KO君は何もしていない、完全に人のせいにしていた)」という不満の声がしていた。

しかし、KO君には感謝だ。私達親は、TO君の障害のことを理解しているから、TO君が愚図った時はこう対処しよう等とある程度予備知識がある。でも、KO君にはそんな知識などないのに、よくまぁ、TO君と二人きりで遊び続けられるものだ。感心してしまう。私達親なら1時間ももたないだろうに…。
子供だから受け入れられることもあるのだろうなぁ。

|

« 台風13号 | トップページ | コーヒー牛乳作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風13号 | トップページ | コーヒー牛乳作り »