« 1日だけのホントのお休み | トップページ | イチバン »

2006年9月 9日 (土)

ボックス扇購入

自宅アパートの「書斎」兼「納戸(タンス置き場)」兼「雨天の洗濯物干し部屋」に置いてある扇風機が壊れそう。ON・OFFのスイッチ、タイマーはかなり以前に壊れ、コンセントの抜き差しで電源を入れている。首振りもとうの昔に動かない。それに加え羽根部がカタカタと音が鳴り始めた。「壊れそう」と言うより、「壊れている」と言う方が正解か!?

何を隠そう、この扇風機、私が学生の時から使っている年代物。かれこれ20年(正確に言うとまる19年)も使っている。農家の納屋を改造したような四畳半ひと間に一間分の押入のみ、便所・風呂・台所は7人で共用の「間借り」生活を始めた時代に使っていたもので、一人暮らし用のコンパクト(と言っても卓上扇風機ほどではない)、色は黒で、土台部分は三角錐型(その頂点が半透明で電源&タイマー部になっている)、そこから細い柄があって羽根部分がついている。自分ではお洒落で、コンパクトだからどこにでも置けると実用性もあると買ったのだった。

幾度の引っ越しを耐え、現在はこの扇風機…、部屋干し時には洗濯物を乾かすため同時稼働の除湿器と共に大活躍してきた。また、この書斎にエアコンなどない。夏の暑さに加え除湿器の熱風に耐えてパソコンの前に座る時は、少しでも暑さをしのぐための本来の扇風機としての役割を果たしてきた(?…除湿器の熱風をそのまま受けるから、かえって暑いような気もするが…)。

しかし、もう限界か…。そこで、これに替わる小型の扇風機を探した。しかし、季節はずれの商品は、もう数台しか電機屋さんには置いていなかった。そこでネットで購入しようということになった。
最初にたどり着いたのは、「サーキュレーター」なる代物。最近の冷暖房のエコ運転に一役買うということで、まっすぐな風が遠くまでとどき、室内の空気を循環させてくれるという。更に、「洗濯物の部屋干しの際にも素早く乾かす事ができる」のふれこみに、一瞬これにしようかなぁと考えた。
しかし、難点は「音がうるさい」「タイマーがない」「扇風機としては使えない」等の書き込みがあった。それでは、暑さをしのぐためには使えない…。だからと言って、普通の扇風機はいくらコンパクトなものを選んでも、柄がある分高さをとり場所をとってしまう…。

そこで見つけたのが、「ボックス扇」だった。柄の部分がないので背も高くない、羽根部は上下に90℃以上回転するし、ルーバーを回せば首振り同様の風の動き、タイマーもついている。うちの洗濯物の部屋干し目的&扇風機目的の2役を果たしてくれそう。「音が若干うるさい」との書き込みがあったが、寝室で使うわけではないので気にはならない。それに安い、買って失敗してもいいかと思ったのが、これにした最大の理由かも…。

今まで活躍してくれた思い出深い扇風機に感謝です。

|

« 1日だけのホントのお休み | トップページ | イチバン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1日だけのホントのお休み | トップページ | イチバン »