« カテゴリーの変更 | トップページ | 1日だけのホントのお休み »

2006年9月 7日 (木)

悩みますねぇ~

実は今週は5日(火)から遅めの「夏休み」をとっている。
公務員はどこも似たようなものだと思うが、いわゆる「盆休み」というのはない。7~9月の3ヶ月間内に、うちの場合は連続3日間の夏季休暇をとるように言われている。
ある程度の年齢だと家に仏様があるところなどは、だいたいお盆中に休みをとってしまうが、うちはまだないので、いつもだったら7月中にとってしまうのだが、今年は私の胆石手術で病休をとり、またすぐ夏休みとるのもちょっと気がひけるよねぇ~と思い、しばらく様子をうかがっていた。
もちろん、病休で休んだ分試験等しなければならない課題が山積みだったので、とてもすぐにはとれなかったのだが…。

それで何とか仕事の合間を見て休みをとることにした。来春には新居を構え引っ越しをする予定…。そろそろ子供達を通わせる幼稚園を探さないといけない。問題が何にもなければ、新居近くの幼稚園でかまわないのだが、うちの場合TO君のことがあるので、TO君に合った幼稚園を選択したいし、幼稚園にも理解をしていただかなければならない。
今年はTO君の診断や幼稚園入園、私自身の入院で休暇を取りすぎて有給が残り少ないので、せっかくの3連休、子供達にはかわいそうだったが、この休みを利用して幼稚園を見学することにした。
先日お会いしたHコーディネーターさんとの打ち合わせでも、9月くらいから見学に行きましょうということになっていた。

その前に、Hコーディネーターのご紹介で、今後、小学校等の就学相談にものっていただくことになるYコーディネーターさんとお会いした。Yコーディネーターさんは女性の方、とても話しやすく、ほんとにアッと言う間に時間が過ぎていってしまった。特に妻と話が合った(?)のか、妻も私もどんどんと、ちょっと興奮気味にこれまでのTO君の経過なんかを話してしまった。すんませんねぇ。こんな話をまともにし合える人が身近にいないものですから…。帰宅してから夫婦二人とも興奮していたことに気づき、心地よい満足した充足感と、ちょっとした疲労感がじわじわと感じられた。

幼稚園へは、5日(火)に新居近くの(歩いても10分かからない)D幼稚園へ、6日(水)に車での送迎が必要になるT幼稚園へ、子供達と、それからHコーディネーター、Yコーディネーターと一緒に見学させていただいた。
どちらもクラス、もちろん園全体の人数が今よりかなり増えることは間違いない(そりゃそうだ、田舎から一応“市”に引っ越すのだから…)。どちらもTO君にとっては苦手とするところだろう(と言っても、それほどパニックを起こすわけではない、慣れてしまえば落ち着けるとは思う)。
新居との物理的距離を考えたら問題外にD幼稚園、そしてすぐ近くには小学校、中学校もある。その小学校、中学校にTO君が行くことになるかはまだわからないが、それでもこれから暮らすことになる地域の方々への理解を求めていくためにも…と考える。しかし、T幼稚園の雰囲気…お会いしたK先生をはじめとする幼稚園の先生方の私たちへの接し方、子供達(特にTO君)への接し方などを、ほんの数時間の間だったが拝見させていただくと…簡単には決められない(お断りしておきますが、決してD幼稚園が悪かったわけではありません)。
とても、今回1回づつの見学では決められるものではない。また、二度三度の見学や、Hコーディネーター、Yコーディネーターとよく語り合って決めていかなければならないと思う。
あ~! でもこれはほんとに悩む!

双子達の意見は? KO君は「歩いていけるD幼稚園」…はい、あなたは問題ないんですけどねぇ。当のTO君は「(気に入って遊んでいた)飛行機(の形をした乗り物)とスベリ台とキノコのあったT幼稚園」と言ったのに対し、すかさずKO君が「でもT幼稚園は歩いていけないんだよ」のつっこみに、「あっ、どっちでもいいよ~。」だそうだ。ん~そうきたか。

|

« カテゴリーの変更 | トップページ | 1日だけのホントのお休み »

コメント

うちは幼児期には何も発覚していなかったので、何も考えず地元の私立幼稚園にいれました。
その後引っ越してきた地域に保育園しかなかったので保育園に。
幼稚園は学校教育の影響を大いに受け、集団行動を重んじる傾向がある。保育園は母親の変わりに預かっている場所だから比較的自由に子供に合わせてくれる感じ。
保育園に変わってきてよかったな~と思いましたよ。
幼稚園しかお考えで無い?

投稿: 猫ゆうた | 2006年9月 8日 (金) 09時10分

猫ゆうたさん、アドバイスありがとうございます。
う~ん…、妻が専業主婦ですからね。引っ越ししてからもTO君のことやら何やらいろいろあるので共働きするつもりはないので、そうなると保育園は就労家庭が原則ですから毎日はダメ、つまり、一時保育という形(おそらく週3日)で預かってもらうということになると思います。
障害者手帳があれば、「障害ワク?」か何かで行けるのかなぁ。ただ、うちのTO君の場合、以前診断を受けた病院2ヶ所ともその話はなかったので、おそらく、手帳はもらえないのではないかと思います。
それに、少なくとも幼稚園までは、双子のKO君と一緒に行かせたい。自宅でもそうですが、TO君はKO君と一緒にいることで安心を得たり、KO君の真似をすることでこれまで“ゆっくり”ですが成長してきたように思います(双子の子育てはたいへんでしたが、その点では本当に双子で良かったと思います。しかし、これはもう一人がおそらく健常だから言えることですが…)。例え、障害ワクか何かでTO君が保育園に毎日行けたとしても、KO君は毎日は行けない。KO君のためには毎日行ける幼稚園がいい。
なので、うちとしては、KO君とTO君が一緒に行けて、なおかつ、少しでもTO君の障害に対して理解があり、TO君が安心して成長できるところ=幼稚園を探しているところです。ただ、今後の小学校や地域への理解を得ていくことを考えると…、とりあえず、園庭解放をしているようなので、また見学に行ってみようと思っています。
と言っても、いくら一応“市”に引っ越すことにはなりますが、そんなに選択肢があるわけではありません…。

投稿: たけpon | 2006年9月 9日 (土) 01時20分

そうでしたね、奥さんが働いてないと・・があったんですね。
うちが住んでいる学区は子供が少ないからか?市立保育園しかないので、私も専業主婦ですがかまわず入園できるんで勘違いしてました。 幼稚園が良くてもないのでこちらも選択肢なしですが。
結局にところ、どこに行くにしろ、やっぱり親がどこまで真摯にお願いして行くかなんでしょうね。
友人が保母ですが、「私ら以上世代の先生は自閉症の対応のことなど大学では全くまなんでいないよ」とのこと。
知らないだろうな、と思ってかかって間違いないと思います。
先生と親との信頼、これがうまいこと築けることを祈ります。
がんばって!

投稿: 猫ゆうた | 2006年9月 9日 (土) 07時37分

> やっぱり親がどこまで真摯にお願いしていくかなんでしょうね。
そのとおりなんでしょうね。
> 先生と親との信頼、これがうまいこと築けることを祈ります。
頑張ります。
T幼稚園のK先生(もう年輩の方)なのですが、もちろん初対面だけどTO君への応対は素晴らしかった。一瞬でTO君の不安を解きほぐしてくれたんですよ。
おそらくこの先生なんかは自閉症の対応なんて学校では学んでいない。しかし、子供とどう向き合っているか、新しい課題にどう対応しているか。“人”も重要なポイントですよねぇ。

投稿: たけpon | 2006年9月 9日 (土) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カテゴリーの変更 | トップページ | 1日だけのホントのお休み »