« 高校の必修科目履修漏れ問題 | トップページ | 障害受容 »

2006年10月30日 (月)

いじめによる自殺0(ゼロ)?

blog休止中宣言にもかかわらず、また一言コメントしたいので…。

文部科学省が、いじめを主な理由とする自殺件数を過去7年間、「0(ゼロ)」と発表していたらしいが、小・中・高のこの夢多き時代に、子供が自らの命を絶つ、そこまで追いつめられる理由が「いじめ」以外に何があるのか? 説明して欲しい。

「いじめと自殺との因果関係が断定できない」のではなく、「いじめ以外の理由は考えられない」のだ。

よくもまぁ、こんなウソを平気で言えるものだ。そんなことを言う学校、教育委員会、文部科学省を、誰が信用できるというのか。

それからもう一つ、いじめを誘発した教師問題について…、こんな教師は問題外だ。許せない。自分が何者か、どういう立場にいる者かわかっているのか。

だが、一番悪いのは誰だ。実際にいじめをくり返していた生徒達だ。あなた達のせいで、その子は死んだのだ。その事実をきちんと受け止め考えるべきだ。
この件に関して、教師を血祭りにしているが、いじめ張本人の教師は別にして、他の教師は実際いじめをくり返した生徒達の指導を行う責任があると思う。保護者らを恐れることなく、それは行われるべきだ。そうでなければ、いじめはまたくり返されるだけだ。

しかし、子を持つ親として、我が子をいじめを受け自殺するような子にはしたくない。…が、いじめる側の子には絶対にしたくない。これは親の責任だ。

今回のコメント…ちょっと言葉に毒気があるが、いじめを受けた経験のある私としては、いじめは絶対に許せない。

|

« 高校の必修科目履修漏れ問題 | トップページ | 障害受容 »

コメント

パチパチパチパチ!!たけ父サンの言うとおりですよっ!
いじめた生徒も悪ければ、それを知っていながら
何もしなかった周囲の生徒も悪い。
先生も知っていたはず、見ていたはず…
だって、自分が学生時代もそんな事はたくさんあった。
先生に相談して、終わりではない
相談すれば「ちくった!」とか言ってなおいじめは激しくなる
クラスメイトは見て見ぬふり…
そんな所から不信感を抱き始めるし
自分自身を守ってくれる人が誰もいない事に対しても
絶望感を感じる…
そして、死んだ後までも、事実を隠そうとする大人達…
どんな気持ちで死んでいったのか
考える事より、自分達を保守する事しか頭にない
そんなふうにしか見えないです。
私もいじめは絶対に許せない
そんな一人です。

投稿: おかん | 2006年10月30日 (月) 23時52分

おかんさん、コメントありがとうございます。

なぜ、人は自らより「下」の存在を作り上げ、それで安心しようとするのでしょうか。
○ 自らが向上心を持ち、頑張って、「上」を目指せばいいだけなのに…。

それと「みんなでやれば怖くない」「見て見ぬ振り」はよくない。
○ 「一人でも生きていける勇気を持つ」ことも大事なことです(もちろん人は一人では生きてはいけませんが…)。

実はこの2点…、うちの双子達の名前に込めた願いです。

投稿: たけpon | 2006年10月31日 (火) 06時34分

今のいじめって全く表に出さず、メールでこそこそとか
ひどい場合はどっかのサイトにのっけちゃうみたいな感じで進行
するんですってね。
世の中便利すぎて、裕福すぎて、なんもかんも狂っていってる気がする。

投稿: 猫ゆうた | 2006年10月31日 (火) 13時29分

> 猫ゆうたさん

昔のいじめはかわいいものなのかもしれませんねぇ。
メール等で広まり、本人が知らないうちに、人から無視される…、やり方がとても陰湿ですね。
自分達の性格が悪いとは疑わないのだろうか?
いじめをするより、正々堂々、口ゲンカでもとっくみあいのケンカでもして欲しいものだ。
現代はそれもすぐ大問題になるか…。

投稿: たけpon | 2006年10月31日 (火) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高校の必修科目履修漏れ問題 | トップページ | 障害受容 »