« 多忙な1週間 | トップページ | フラッシュバック? »

2006年10月 2日 (月)

運動会見学?

1日は幼稚園と隣接する小学校の運動会。
つい最近まで、幼稚園と小学校合同で運動会をするとかしないとかもめていたのだが、結局別々ですることになった。この件についてはまたいつか書こうかなぁ(ちょっと言いたいこともある…)。

それはさておいて…、とにかくうちとしてはTO君のことがあり、小学校と合同ですると参加者も見学者も多くなり、TO君がパニックにおちいる危険性があったので、正直言うとホッとしている。

幼稚園の運動会は今月22日。練習ではかけっこもお遊戯もそりゃー楽しそうにやっているそうだ。でも、本番はどうでるかわからない。それまでに一度運動会の雰囲気を味合わせようと、今日見学に行ったのだった。

案の定、小学校の校庭入り口で立ち往生。いつもと違う雰囲気。何か子供も大人も大勢いて、マイクから聞こえる大声や音楽、ピストルの音、がやがやと賑やかな音等々…。TO君にとっては不安なんだろうねぇ。小学校の敷地内にさえ入ることさえためらうのだから…。
何とかなだめて校庭の端っこに腰掛け、お父さんの膝の上で見学するようになった。それでも何か落ち着かない様子なので、少し歩こうかと幼稚園の方へ向かった。

テント近くで、園長(小学校の校長先生)と出会いあいさつ。そして、近所のお友達のお母さんとも出会い、少しずつ慣れ元気が出てきた。
そして、幼稚園へ到着。すると、いつも遊んでいる友達が数人来ていて遊んでいた。これで気をよくしたうちの双子達、友達と幼稚園でブランコやシーソー、雲梯(うんてい)などで遊びだした。そのうち幼稚園も飛び出し、小学校中を駆け回る子供達…。

私達親としては、運動会を見学してもらってその雰囲気を感じて欲しかったのだが、何か当初の目的が達成されていないような気がするが…。しかしもうどうしようもない。私達親の読みが甘かった。こうなることも考えておくべきだった…。

そして、最後の結末は…最悪…、
はしゃぎすぎて走り回っているうちに、TO君がアスファルトの上でこけてしまい、肘をすって血が出てきてしまった。こうなるとTO君はもうダメ。痛いのも我慢できないのだろうが、血が出ていることに(ほんの少量なのだが…)我慢が出来ない。それでもよほど楽しいのか「まだ遊ぶ!」と言ってはみたものの、肘のあたりが気になって、そのうち、泣きが入ってくる。もうこれは連れて帰るしかない…。
まだみんなと走り回っているKO君を連れ戻し帰途についた。帰る間、「痛いよ~。血が出てるよ~。バンソウコウ貼って~。」とワンワン泣きになりながら帰った。
帰ってから、妻がとにかく絆創膏を貼って気持ちを落ち着かせ、肘の血も汚れもあるし、走り回って汗びっしょりの二人をシャワーに入れた。

結局、運動会の雰囲気は味わってくれたかなぁ?。本番がどうなるか怖い…。
あっ、それと…、KO君は赤団で、TO君は白団…って何でうちの子達別々の団なんだ? 幼稚園の先生達にどういう意図が…。それもどういう結末になるか心配だ。

|

« 多忙な1週間 | トップページ | フラッシュバック? »

コメント

運動会って子供は多少練習はきついけど、楽しい行事ですよね。それに比べ親は休みを合わせたり、親戚に声をかけたり、また遠くの親戚が運動会に合わせて泊まりで来たり、その食事の世話プラスお弁当と大変ですよね。プラスたけponさんの所は本番でどうなるか?という不安がありますから、運動会が終わるまで気が抜けませんよね。。。どうか親の心子知らずですべて何も無かったようにうまくいきますように♪

投稿: popoco | 2006年10月 2日 (月) 12時44分

popocoさん、いつもコメントありがとうございます。コメントいただいてばかりで、popocoさんのblogになかなかコメントできなくて申し訳ないのですが…。

本当に心配する必要もなかったと、「すべて何もなかったようにうまくいく」といいのですがね。TO君の場合、練習の時調子がいいのだけど、本番の何か1つ気に入らないことがあっただけで、その後1日中再起不能になるのが怖いです。途中リセットがなかなか効かないので…。
しかし、この障害を持った方のblogには最近、運動会ネタが多いです。皆さんとこもやはり運動会という行事は一つのヤマ場なんでしょうね。運動会に限らず何らかいつもと違う行事はヤマ場…、それとも毎日がヤマ場?かもしれません…。

投稿: たけpon | 2006年10月 3日 (火) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多忙な1週間 | トップページ | フラッシュバック? »