« 歯科の楽しみ… | トップページ | 教員に何を望むか »

2006年10月13日 (金)

KO君決めて~

今日もプライベートな用事で午前中お休みし、来春の転園のため、D幼稚園の園庭解放教室に参加した。T幼稚園へはblogにも書いたが、以前、同様に園庭解放教室に参加している。

T幼稚園ではかなり参加者が多く、最初の方はかなり固まっていて、お父さんに身体ごとゆだねてくる様子があったTO君だが、今回のD幼稚園は参加者がとても少なく、少しだけ部屋に入ることに躊躇(ためら)いの気持ちがあったようにも見えたが、すぐに吹っ切れて部屋に入り、教室のお歌や絵本のよみきかせ、工作等に参加できた。

決してD幼稚園がT幼稚園に比べて、とても悪いという印象があるわけではない。確かにT幼稚園の副園長さんの人柄はとても魅力的だし、ほかの先生方もしっかりとした外来者に対する対応は
とても印象深いものはある。
しかし、D幼稚園は新居から歩いても10分もかからないはず。「選択する」ということを考えもしなくて良い状況なら、何の躊躇いもなくD幼稚園に入れることだろう。 これからのTO君の療育や、妻がさまざまな機関に相談に行った際など、例えば、KO君だけの幼稚園のお迎えを同居する予定の妻の両親にお願いすることだってそんなに苦になるものではないだろう。
いろんな意味で、T幼稚園より、妻は楽になることが多いだろう。 もし、T幼稚園なら必ず妻が車で送迎に行かなければならなくなる(T幼稚園の送迎バスは、D幼稚園とかぶるため新居近くへは来ない)。

もちろん妻が楽になることだけではなく、TO君、KO君の両方の子供達のことを考えなくてはならない。
KO君だけのことを考えれば、D幼稚園で決まりだ。D幼稚園の子供達はおそらくほとんどの子が、もちあがりでD小学校に通うことになる。KO君だってD小学校に通うことになるだろう。来春、現在通っている幼稚園のお友達とも別れがあるのに、T幼稚園に行ったとしたら、また再来年せっかく仲良くなったお友達と、同じような別れを味あわせることになると思うと不憫で仕方ない。

しかし、今一番の伸びる頃だと言われるTO君のことを考えた時、できるだけ理解をしてくれ支援してくれると思われる幼稚園を選びたいとも思う。

教室を終えて、帰る途中、「TO君、今日は楽しかったぁ? T幼稚園とD幼稚園どっちがいい?」と聞くと、最初は「T幼稚園」と答えたものの、今日は結構楽しかったらしく…、終いには「KO君はどっち? KO君が決めて~」。…だそうだ。
最近、とても仲の良い二人。TO君もKO君といっしょがいいようだ。1年前の二人の状態だったら考えられない会話だ。 私達夫婦だって、今の時期はぜったい二人を離したくない。

一方、KO君は、最初から歩いていける「D幼稚園」なのだけど、私達親が悩んでいること等におそらく気を遣って、「T幼稚園でもいいよ~」といつも遠慮して答えてくれる。ごめんなぁ、何かKO君にばかり我慢させているようで悪い…。

いずれにしても、もうすぐどちらかに決めて、次回は決めた方に入園説明会に参加する予定だ(今度はもう妻だけね。私は今年はもう休みがホントにない…)。

|

« 歯科の楽しみ… | トップページ | 教員に何を望むか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯科の楽しみ… | トップページ | 教員に何を望むか »