« いよいよ開幕 | トップページ | 運動会…追記 »

2006年10月25日 (水)

ホッとした疲労感…

行進してテントの前に整列、そして開会式。
シートのところからは、あまりTO君の様子はうかがえなかったが、補助の先生と手をつなぎ、愚図ることもなく、園長先生や来賓の方のあいさつが聞けた。
それから“体操”…なぜか?この体操のことを怖がっていた。前日TO君に「何で怖いの?」と尋ねると「うるさい」ようなことを言って、耳をふさごうとする。そう言えば、小さい時から、役場の無線放送やショッピングセンターの店内放送など、“見えない人の声”を怖がっていた。そして、この体操だけは、「補助の先生とする」とご指定付き…、いつもといっしょが安心するのだろう。

プログラム1番は、年中さんのかけっこ。開会式を無事終え気をよくしたTO君は、妻や私、もちろん補助の先生の出番もなく、一人でかけっこができた。田舎で人数が少ないため、走る前に一人ずつマイクで氏名を名乗ってからのかけっこ。TO君もはっきり名乗ることが出来た。もちろんKO君も出来た。
着順は…二人とも速くはない。それにTO君はがに股走り。赤ちゃんの頃からお父さんの大きなお腹に抱っこされていたからなぁ。気の毒に…。

プログラム2番、立て続けに年中さんの団技。デカパンを子どもと親といっしょにはいて途中まで走り、そこでデカパンを脱いでナシ(orリンゴ)に見立てたボールをもらい、今度は子どもの希望で親が抱っこ・おんぶ・肩車のいずれかで走り、木の絵が描いてある衝立にそのボールを子どもがガムテープで付ける。そして戻り、再びデカパンを二人ではいて走る。それを2巡する。
うちは双子のため、私も妻も参加して交代でそれぞれKO君、TO君とすることにした。私は最初TO君とで途中はおんぶ、2巡目はKO君とで途中肩車と言っていたのに抱っこで…、私は順番が回ってくる間、このデカパンが自分だけしか入らなかったらどうしようと心配だったが、一応大丈夫だった。
結果は赤団(KO君のいる方)が勝ち、最後の走者KO君が旗をもらいに行った。ちゃんと、「ありがとうございます。」と返事もしていた。あんたはえらいねぇ、何でも一人で出来て…。

プログラムが進み、今度は年中さんのダンス。ここで問題発生。
頭にバンダナを巻いてするということで、バンダナもちゃんと買って渡していたのだが幼稚園で実際巻いては練習していなかったらしい。先生達も「失敗した」。そこへ様子を見に来た妻がTO君に説得を試みたらしいが、どうしても嫌がり、結局TO君だけいつもの幼稚園の帽子ですることになった。
周りの園児達から、「どうしてTO君だけバンダナしないの~。」と聞かれ、妻は「TO君は、いつもと違うのがダメなのよ。いつもと同じが安心するの。」と説明、園児達も「ふ~ん」と納得?していたらしい。何はともあれ、ダンスも無事終了。

更にプログラムが進み、またまた団技。今度はネットを挟み赤団・白団と別れ、お互いの方に玉を投げ入れ、相手側に入れた玉の多い方が勝ちというもの。まぁ、二人とも頑張っていましたよ。でも、TO君の投げ方はなぜか笑えるなぁ。KO君はとても一生懸命だった。
保育所時代のS先生(TO君のお気に入り)が、「TO君が目立ってKO君があまり目立たないねぇ。」と言われるくらい、TO君の行動は一つ一つがおかしい=おもしろい。

更に更にプログラムが進み、年中さんのリレー。リレーと言っても、人数が少ないので、全員バトンを受け取りながらのリレー。ここで前代未聞の珍事件が発生するとは…。
2組目…赤団KO君、5組目…白団TO君。私は二人の勇姿を収めようとビデオカメラの撮影場所を確認…半周ずつ走るから、TO君の時は反対側に移動しなくちゃいけない。
いざ、スタート。KO君一生懸命走っています。何でも頑張ってたいへんだね。
3~4組目の間に、お父さんも走って移動。準備万端、さーTO君の番だ。
…と、ビデオカメラの液晶画面ごしに聞こえる会場全体の大爆笑。液晶画面に近づいてくるはずのTO君の姿がなぜか遠ざかる???
TO君! 逆走してるじゃん! それも、遮る幼稚園の先生方をラグビーのフェイントさながらにかいくぐろうとまでしながら…。TO君、なぜそこまでして目立ちたい! ただでさえ、一つ一つの行動が目立つのに…、本人はそんな気はないだろうが…。
やっとのことで、正気を取り戻し? 走るべき方向に走り出したTO君。本人はとてもニコニコ顔で液晶画面に現れた。大泣きし愚図っている顔が写るよりはいいが…。

午前中の最後のプログラムは、子どもと親とでダンス。二人ともお母さんとしたいというので、3人でダンス。私はビデオ撮影係。お母さんはたいへんですね。最後は抱きついて抱っこ状態になるのだが、合計35㎏にもなる二人を抱っこして…。まぁ、それでもTO君が父ではなく、母を求めるようになったことを喜んで、その重さを実感してください。

お昼ご飯の後は、年長さんのダンスがあって、全員でつなひきをやって競技は終了。
最後は閉会式。今度は補助の先生に手を引かれることもなく、一人で行進、閉会式の間も一人でいられた。

本当に本当に、二人とも頑張った。数日前の参観日の様子からは、妻が多分運動会無理そうという話だったので、とても心配していたが、TO君は本当に頑張ったと思う。
そして、幼稚園の先生方も、よくフォローをしていただいた。本当に感謝感謝です。

自宅アパートにもどり、みんなお風呂に入り、みんなで昼寝。
疲労感…、しかしTO君が愚図ってその対応に追われたわけでもなく、何かホッとした充実感のある疲れだった。
私はあんまり出番なかったなぁ。出番ない方がいいけど。
最後に妻へ…、あなたの努力(スケジュール帳など)が実って本当に良かった。当日も本当にお疲れさま。

|

« いよいよ開幕 | トップページ | 運動会…追記 »

コメント

こうしてぶろぐ見てると、TO君、ほんとに少ーしづつ?かもしれないけど、なんだか変化しているね。
三歩進んで二歩下がってることもあるかもしれないけど・・・

親の力は大きいんだね。

投稿: フナコ | 2006年10月25日 (水) 19時02分

> フナコさん

少しは元気でたかな? なかなかだろうけど、前向きに考えようね。

TO君のこと、少ーしづつは確実に成長してますよ。昨年の今頃と比べたら、そりゃーもう各段の違いです。妻が二人の目を離したら、1秒ももたないと言っていいぐらい、KO君が泣いて「お母さ~ん」って言ってましたからね。今は調子が良ければ数時間二人で遊んでます。

親の力が大きい…というのも事実だろうけど、親の無知ほど、悲惨な結末を招く恐れがあるのではないでしょうかね。障害について知る、その対応策について知る、その技術を修得する…とても大事なことです。
最近の報道である幼児虐待などの原因の一つには、発達障害がある場合が多いのではないかと思います。
うちも一歩間違えていたら…、わかりませんでしたよ。

投稿: たけpon | 2006年10月25日 (水) 21時17分

たけ父サマ、こんばんは^^はじめまして、おかんです。
ご夫婦で協力し合って頑張っていらっしゃるご様子…
素晴らしいですね
きっといいご夫婦なんだろうなぁ~とうらやましい限り^^
ところで、この度奥様のなぎさんとの出会いの
きっかけを作ってくださったのが
たけ父サマだという事でお礼にまいりました★
ありがとうございます。
たけ父サマがおかんのHPを見つけてくれたのだとか…
ありがとうございます^^
おかんも以前(ゆっくりネットだったかな~)HPを拝見させて
戴いた事があったんです。
その時にはまさか同じ地域に住んでらっしゃる方だとは
思わなくて、なぎさんからのコメントでビックリしてしまいました。
これも何かのご縁ですね♪よろしくお願いいたします。

投稿: おかん | 2006年10月26日 (木) 00時08分

> おかんさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
おかんさんのblog、私も毎日読ませてもらってます。愛らしいくりくんのイラスト…、今日はどんな話題だろうと楽しみにしています。
一時期、ネット上でとにかく近くに同じような方はいらっしゃらないものかと探しまくりました。…が、あまり地域名を明らかにしている方はいらっしゃいませんね(私も…ですが)。
私も、「愚痴ログ」書かなきゃ、“どこの誰それ”がわかっても構わないのですが、愚痴ログに毒吐きすぎてますので、ちょっと誰かわかるとマズいかなぁ。だったら書かなきゃいいのですが…(笑)。
何はともあれ、今後ともよろしくお願いします。
それから、「きっといいご夫婦」…は誤解?かも。普通の夫婦です。よくちょっとしたことでケンカもしますしね。まったく同い年夫婦は、どっちかが引くということをできないからいけません。

投稿: たけpon | 2006年10月26日 (木) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ開幕 | トップページ | 運動会…追記 »