« 人を使うということ | トップページ | 勤労感謝の日 »

2006年11月22日 (水)

お弁当

今週から職場にお弁当を持って行っている。
もちろん私が作ったお弁当。妻はTO君の療育等でお弁当なんか作っている状態ではないし、子供の夏休みのお弁当だって、死にものぐるいでやっと作ったのだから、通常モードの私に作ってくれるはずはない(←別に妻に不満があるわけではないんですよ。妻はよくやってくれてます。一応フォローしときます)。

実は今年の4月くらいから、弁当持参計画はあった。双子達ももう幼稚園でお昼いないから、職場で食べて忙しい時には仕事でも片付けようと考えていたのだった。ちゃんと新品の弁当箱まで買ってあった。しかし、例の胆石さわぎ…胆石症にはおかゆということで、職場は近いので相変わらずお昼も帰って食べていたのだった。

最近、学会発表等準備で忙しかったので、職場に運んでくれる仕出し弁当を毎日食べて、お昼休みも仕事をしていた。しかし、さすが田舎の弁当(食堂がやっているもの)、1食500円もする(他にライバルがいない)。月にしたら1万円も昼食代にかかってしまう。それも曜日毎のメニューは完全固定。…ということは、月曜日のメニューは同じものを次週の月曜日も、その次の月曜日も…永遠と食べ続けることになる。まぁ、どんなに頑張っても1ヶ月も食べ続ければ飽きるだろう。
来春、新居が出来れば、約40分かけて通勤することになり、昼食をどうにか考えなければならない。月1万円を自分の小遣いから引かれるのは辛いし、かといって家計は新居のローン地獄でそれどころではない。そこで、延びていた弁当持参計画が復活! 今から自分で作ることを考えようと思いたったのだ。おそらく経費は1/4~1/3で済むはず…。

まだ2日しか続いていないのに、こんなことblogに書いていいかなぁ。…と思っていたら、昨日は弁当箱を職場に忘れて持って帰っていない。あ~ぁ、3日坊主にもなれやしない…。まぁ、また頑張ろう! 学生時代も大学に弁当持って行っていた私なので、それほど苦にはならない…というより楽しいかも…。

うちの双子達…、お父さんが作った弁当のおかずを朝チェックする。そして、「シート持っていくの?」「誰と座るの?」「誰と食べるの?」だそうだ。お父さんは遠足に行くんじゃないって!
ただ、お昼の間少しの時間でもと思い、緑豊かな森林公園のウォーキングは始めた。痩せやしないだろうけど、体重の現状維持と少しでも健康状態に近づけるため…かな。1日でも長く生きて、TO君を行く末を見届けなきゃ…ってすぐにでもどうにかなりそうな感じ?(とりあえず今のところ命に別状はないけど…)。

|

« 人を使うということ | トップページ | 勤労感謝の日 »

コメント

弁当作りか・・・

私の場合、自分で作るほうが、メニューが同じになりそうだなぁ・・・

投稿: フナコ | 2006年11月23日 (木) 10時06分

うちの場合は結婚前に「あなたの弁当が作ってあげたい」などとトチ狂ったことを言ってしまったので、毎日私が作ってます。
「今日は同僚とうどん食いに行く」って日もたまにあるんだけど、
「だから1000円ちょうだい」が必ず付いてくるばあちゃん子な旦那なので嫌になりますよ。

夏にお弁当箱忘れて帰ったら大事になりますよ~
がんばってつづけてくださいね!!

投稿: 猫ゆうた | 2006年11月23日 (木) 11時25分

> フナコさん

私も同じですよ。でも、500円も出すのに同じメニューか、自分で作って「こんなもんだ」と納得できるかの差です。あと、自分で作ることが苦ではなく、「楽しみ」だからでしょうか。
しかし、弁当を作ろうと思えるくらい、双子達が落ち着いたということが一番うれしいことかも…。

投稿: たけpon | 2006年11月23日 (木) 23時34分

> 猫ゆうたさん

トチ狂っていたとしても「弁当作ってあげたい」と妻に言われたかった…。←あ~ぁ、またこんなこと書いて、後で妻から怒られる…。
当地は「ちょっとうどん食べに行く」なんてところもない、“ドッ”田舎なんです。有名なホルモン屋さんはあるんですけどね。
弁当箱はちゃんと職場で洗ってますから大丈夫です。

投稿: たけpon | 2006年11月23日 (木) 23時43分

お弁当自分で作るなんてエライですね~。すごいです。
うちはパパがトラックドライバーで深夜出勤とかになるんで、必ず夜~早朝のときは作って持たせてます。めんどくせぇ・・・
うちも勝手に自分で作ればいいのになぁ。そういうことは一切ありましぇん。

投稿: さりぃ | 2006年11月24日 (金) 10時42分

> さりぃさん

旦那さんがうらやましい。「めんどくせぇ」と言いつつ、ちゃんと作るのでしょう。
私の場合は、単にあの仕出し弁当に500円払うのがもったいないのもあるし、もともと料理が好きだから、ちょっとその気になっただけです。
自分で作れるとは言え、ほんとは「愛妻弁当」がうらやましいです・・・。
でも、明日の弁当のおかずを何にしようか考えている時(そんなに凝っているわけではない)、朝弁当におかずを詰めている時・・・、余計なことを考えていない自分、妙に楽しんでいる自分がそこにいます。

投稿: たけpon | 2006年11月25日 (土) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人を使うということ | トップページ | 勤労感謝の日 »