« 妻の苦悩(2)…1年後 | トップページ | 久しぶりの県外出張 »

2006年11月29日 (水)

お風呂

双子達は幼稚園から帰ってきたら、すぐお風呂なので、平日は妻がお風呂に入れる。と言っても、妻はまだ家事がたくさん残っているので(と言うか、双子達が帰宅してからの方が家事本番か…)、服を着たまま、子供達の身体と頭を洗って湯船に入れるという作業をする。

最近は休みの日も、夫婦の仕事の役割分担で…、「子供達を風呂に入れる」or「料理&皿洗い」の選択に、夫婦二人とも迷わず、妻は「子供達を風呂に入れる」、私は「料理&皿洗い」を選ぶので、しばらく私は子供達をお風呂に入れていなかった。
妻は、「料理&皿洗い」をするより、慣れた「子供達を風呂に入れる」方が楽だという。私はもちろん毎日風呂には入るが、基本的に自分一人でも風呂に入るのは面倒くさがりの方なので、まして子供達の身体や頭まで洗ってやるなんて面倒でたまらない…それより「料理作って皿洗い」した方が楽だと思っている。この点で二人の利害関係は一致しているのである。

学会等も終わり少し仕事が落ち着いたので、久しぶりに私が子供達とお風呂に入った。
双子達の身体と顔、そして頭を洗い、湯船に入れる。そして、自分の身体等を洗う。その間、双子達は仲良く湯船の中で遊んでいる。最近ではおもちゃもいらずに、ポケモンごっこだの、ボウケンジャーごっこなどして楽しそうだ。以前は、自分が洗っている間におぼれたり、滑って頭打つんじゃないかと心配だったけど、お風呂入れるのも楽になったものだ。

そして、私が洗い終わると、子供達を湯船から出し、タオルで身体を拭かせる。以前は3人で湯船に浸かっていたが、元々身体のでかいお父さんと、最近身体だけは成長した双子達の3人が、アパートの狭~い湯船に入ることは厳しくなってきたのだ。
KO君はさっさと湯船から出てタオルで上手に身体を拭き始めた。
しかし、TO君は「いっしょに入る」と言って、私とお湯に浸かった。隣どおしと言うより、私が湯船に少し寝転がるように入っているお腹の上に、TO君もラッコ状態で浸かる。とても気持ちよさそうに…。

あとどれくらい、一緒にお風呂に入るものかわからないけど、できるだけ、入るようにしようかなと思う。

|

« 妻の苦悩(2)…1年後 | トップページ | 久しぶりの県外出張 »

コメント

今日も、たけponさんのblogを見させて頂きました。
「お風呂」読んでいると、自分も同じなんで、何だか鏡を
見ている様です。
残業で、帰りが遅くなる時以外は、自分が毎日入れていますね。
お湯を掛け合ったりして3人であよく遊びます。
あっという間に湯船からお湯がなくなってしまい、妻から
しかられていますよ。
家事も同じ事をしていますね。
毎日の皿洗い当番は、お父さんの役目です。
夜、仕事から遅く帰っても山となっていますね。ハハハツ。
家事の分担は、やれる事を手伝い、気がついた方がやる。
でいいと思います。
自分も出来る範囲で、妻を手伝い、妻が走りすぎている時は、
抑えるように助言しています。
たけponさんも同じお気持ちかと思いますが、もっと妻を
手助けしてあげたいと思います。
しかし、一日フルタイムで働いている以上、体力的に
きつい日もあります。
確かに子供の障害のことや、妻の体のこと、いろいろ考えて
あげないといけない事は、山ほどあると思います。
ただ、一家の生活基盤を考えると、どうしても収入源は、
お父さんになってしまうと思うんです。
今の生活基盤があって、すべての物事が考えられるのでは
ないかと思います。
最近風邪が流行っています。又、インフルエンザの季節です。
たけponさん、奥さん、TO君、KO君共々体に気を付けて、
年末をお過ごしください。
では。

投稿: ツインパパ | 2006年11月30日 (木) 23時06分

男の子はお父さんとだったら、どのくらいまでお風呂一緒にはいるものなんでしょうかね?

お風呂ってなんか特別な場所で、他の部屋では話さないようなことを、体くっつけ合っての湯船の中でなら話してくれたりしますね
うちは家族4人一緒に、一番のコミュニケーションの時間です。

が、最近息子の視線が少し気になりだした私です・・・

投稿: 猫ゆうた | 2006年12月 1日 (金) 10時55分

> ツインパパさん

コメントのお返事遅くなって申し訳ありません。
毎日お風呂入れてるんですか、すごいですね。私はblogにも書きましたが、自分一人でも面倒くさがりなので子供達を入れるのはできるだけ避けたい方です。
仕事と家庭とのバランス…難しいですね。妻を助けたい、子供達を守りたいけど、残業しなければ収入も減るし仕事も溜まる、さばけない者はもちろん仕事ができないと評価される、それも悔しい…。他の方にも迷惑はかけられない(私の場合は、研究職なので自分が仕事しなければ、成果が出ずに自分の首を絞めるだけですけど…)。
共働きor専業主婦家庭の別にかかわらず、子育てし易い社会・雇用環境になれば、少子化問題は解決すると思います。

投稿: たけpon | 2006年12月 3日 (日) 00時55分

> 猫ゆうたさん

コメントのお返事遅くなって申し訳ありません。
男の子はお父さんといつまでお風呂に…、どうなんでしょう? 私はオヤジと一緒にお風呂に入った記憶はほとんどないので…。毎晩、麻雀でいませんでしたからね。ちなみにまだ生きてるみたいですが、もう20年以上、顔を見てません。母とは…そうですねぇ、小学校の低学年くらいまでだったと思いますがよく覚えてません。
中学の頃の話ですけど、私の男友達でお母さんと一緒に入っているってのもいましたし、反対に女の子で、お父さんと一緒に入っているって友達もいました。
子供が自分で入れるようになったら、特にきょうだいが同性どうしなら、きょうだいで入ったりするようになるのでしょうけどね。
良いコミュニケーションがとれるうちはいいのではないでしょうか。家族4人で…素晴らしいです。自然に一人で入るようになった時がその時なのかなぁと思います。
しかし、TO君は一人で入れるようになるだろうか。今、うちの課題はTO君の「身辺自立」です。

投稿: たけpon | 2006年12月 3日 (日) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妻の苦悩(2)…1年後 | トップページ | 久しぶりの県外出張 »