« セロリ | トップページ | イブの夜の一騒動 »

2006年12月24日 (日)

再会

最近、記事の投稿が遅れ遅れ気味で、その日のうちに投稿できない状態です。仕事疲れなのか体調もイマイチで、夜に書くことも、早朝起きて書くこともできないです。
それから私は冬が苦手です。普段でも活発に動く方ではありませんが、冬になると熊のように冬眠したくなります (-_-)zzZZ。

12月20日は、産学公連携で共同試験をしている研究の中間報告がありました。まぁ、これは無事、そつなく終了しましたが、今後のことをどうするか!なんていう課題もたくさんあって、来年もバタバタ忙しくなりそうです。やりたい試験は山のようにあるので、いいのですが…、それで成果を出すというのがたいへんです。
試験をしたことのない特に上の人なんかは、簡単に「試験すれば結果が出る」とか、「成果の出ない試験は無駄」みたいなことを言いますが、ほとんどの試験は成果になりません。その一見無駄のような試験を数多く繰り返したり、微調整したりして、砂場の中から小さな宝石(とまで価値ある成果か疑問ですが…)を探り当てていくようなものだと私は思っています。
そういうことができるのが今の職場で、直接生産者のために何かお役に立てるというのが、やりがいでもあります。

ところで、この日…、
数日前に学生時代の友人Yから、出張で(飛行機で来るようなところからです…)私の住む県に来る旨のメールがありました。実は以前から何度か出張で来ていて、その度にメールをもらっていたのですが、例の胆石手術のためと、出張先は県庁所在地ですが、私が住む田舎からは県内と言えどもどんなに車を飛ばしても片道2時間ちょい、公共交通機関だと3時間はかかるので、なかなか会えないでいました。

スケジュールがお互いにちょうど昼食時に空いていて、お昼ご飯を食べようということになりました。空港へ迎えに行くと、黒目のスーツ&コート姿、モバイルパソコンを片手に、車道との柵を長い足で難なくまたぎながら(おまえ嫌みか!)、私の車の方に向かってきました。パッと見、「できるビジネスマン」ですね。いや失礼、たぶん「本当にできるビジネスマン」でしょう。
ひとしきりお互いの近況について語らいましたが、昼食時のわずかな時間では足りません。それで、私の仕事が5時すぎに終わるまで時間をつぶしてもらい、帰りの飛行機の時間まで食事をしながら、お互いの仕事のこと、家族のことを語らいました。

私はやはり、TO君の障害について話をしました。久しぶりに新しい人にTO君の話をしたので、帰宅した後も少し興奮気味でした。
それから、友人Yには、今現在子供が4人います。「今現在…」で、来年には5人目が誕生するそうです。有り体なことを言いますが、この少子化の世の中、総理大臣表彰ものです(あまり有り難くないかもしれませんが…)。
友人Y曰く、「よく、子供が多くて、たいへんねぇと言われるが、子供はコストがかかるものでも、大人(親)の時間を邪魔するものでもない。『子は財産だ!』」。…立派です。
学生時代、「結婚は(定住も)人生の墓場だ!」とか言っていた友人Yですが、本当は家族をとても大事にする人間だったのですね。見た目や言動のクールさから寄りつきがたいものがあるのですが(私も学生時代、最初はそう感じてました)、人は見かけでは判断できません。

学生時代…、私の下宿でYと2人、女の子のことを話しながら一升瓶を空けたり、(私は一応免許持ってましたが…)友人M(フナコさん)とYが仮免許練習中に3人で、友人の車を借りて山奥までドライブしたり、友人Sと4人で雪山にノーマルタイヤでスキーに行ったり、いろんな思い出があります。
いつもいっしょにいたわけではない。ただ何かの時には集まって、食事したりお酒飲んだり、遊んだり、勉強したり(?)しましたが、いつもは各々いろんな活動(サークルやバイト、恋愛?)を一生懸命やってました。
無事、みな卒業できて、今も、みんなそれぞれの場所で、いろんな生き方をして頑張っていますが、お互い「気になれる存在」なのではないでしょうか?
みんなバラバラなところにいて、なかなか会うことはできませんが(って、もしかして私が一番不便なところにいるのかな? 他の3人は会おうと思えばそれほど遠い距離ではないよなぁ)、いつまでも良き友人関係でいたいと思っています。

友人Yへ…
遠いところ、ありがとう。会えてうれしかったよ。また、来るときは連絡してくれ。今度はゆっくり飲んで語れるといいけどね。それから双子達への絵本ありがとう。双子達、とても喜んでるよ。
元気な健康な赤ちゃんが生まれることをお祈りしてます。

|

« セロリ | トップページ | イブの夜の一騒動 »

コメント

クリスマスですね♪
ご家族で楽しいクリスマスを過ごされてますか?双子ちゃんたちへのサンタさんのプレゼントはナンだったのかなぁ???

たけpon父さん、仕事も育児も頑張っておられますね。もちろんそれ以上に奥さんも。

この間の簡易テストの結果を見て、その後のお二人の日記を見たりしてもなんとなく感じてるのですが、二人ともちょっと根を詰めている感もしてちょっと心配になったりしました・・・お二人ともタイプが似ておられるから、どっちかが頑張りすぎてもセーブをかける方がおられないのでは、突っ走ってしまって倒れてしまいます。。

来年度はいよいよ就学に向けての一年ですから、これ以上あんまり頑張り過ぎないように・・・と勝手に思ってます。就学に向かっての一年は心身ともに疲れてしまいます。どのヒトもそうのようです。心身に重いものを背負いすぎないようにして、流れに任せて、TO君に合った(もちろんKO君も)サポートが見つかりますように♪

よいクリスマスを・・・(^^♪

投稿: さりぃ | 2006年12月24日 (日) 22時03分

> さりぃさん

サンタさんのプレゼントは、「イブの夜の一騒動」にあるとおりです。明け方、むくっと起きたTO君…、トイレか?と思ったのですが、プレゼントの包みを確認し、「やっぱり…」とか何とかつぶやいた後、安心したのかまた寝付きました。そして、朝起きて、包みを「お父さん開けて」。希望のものとわかると、子供らしい喜びというより「安堵」と表現した方が良いような笑みを見せ喜んでいました。

いろいろとお気遣いありがとうございます。
私は今の仕事は、仕事としては楽しくやりがいがあるので、つい頑張ろうと思うのです。というか、どんなに嫌な仕事でも、やるべきこと、やらなきゃいけないことはブツブツ文句を言いながらも頑張る性分なんです。家のこと、育児とのバランスは難しいですね。でも、妻の頑張りを見てると、ある程度加勢してあげなければと思ってしまします。…それが逆効果だったりして。妻も家事を後回しにして、TO君のことを頑張ろうとするからなぁ。

やっぱり就学前はたいへんですか。私達も覚悟はしているのですが、心身共に疲れそうですね。またいろいろとアドバイスください。

投稿: たけpon | 2006年12月26日 (火) 07時20分

ナニがどう疲れる、というのはないのですが・・・・ナニをしてるわけでもないのにせわしなくて、心からくつろげることがないようなあわただしい気持でした。
就学してしまえば、どーんと肝も据わるんですけどね(笑)
今度はうちは小5になるので、中学についての進路を考えていかないといけないので、中学版就学で・・・憂鬱です。でも、高校を考えるよりは楽ですけど・・・・。
今が一番平和なひとときです。

投稿: さりぃ | 2006年12月26日 (火) 11時47分

> さりいさん

就学してしまえば、肝も据わりますか。うちもそうなるといいですね(笑)
中学進学ですか。学年、小→中→高と上がるにつれ、悩みも増えそうですね。
お互い頑張りましょう。

投稿: たけpon | 2006年12月27日 (水) 01時36分

あけましておめでとう。
初コメントです。

Yとこは、5人か!
一人分けてくれ~って感じです。
正直、ちょっと落ち込みました。
この気持ち、たけponなら理解してもらえるかなーと思い、ちょっとコメントしてみました。

こんなちょっとしたことで傷つき、落ち込むひ弱な私ですが、今年は少しずつ強くなっていきたいです!

投稿: funako | 2007年1月 6日 (土) 08時40分

> funakoさん

メールします。

投稿: たけpon | 2007年1月 7日 (日) 03時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セロリ | トップページ | イブの夜の一騒動 »