« 診断を受けた日 | トップページ | セロリ »

2006年12月19日 (火)

結婚記念日

「診断を受けた日」の続きです(書いてみると、別に“続き”で書くようなことでもなかったですが…)。

12月12日…結婚記念日、正確には入籍記念日ですが、この日に blog を書き始めました。
1年間、もちろん毎日ではないけれど、書き続けられましたねぇ。日記なんて3日ともたなかったのに…。

昨年は記念日のお祝いどころではなかった。これからどうなっていくのか、不安で不安で仕方なかった。妻も泣いていました。しかし、今年は昨年とは考えられないくらい落ち着いた日々を送っている。そりゃー毎日何かはある。これからももっといろんなことがあるのだろう。でも、KO君とTO君を二人きりにしておいても、調子の良い時は何時間でも二人で楽しそうに遊んでいる。KO君の「胸がイタイ(KO君の苦悩(2)」事件からすれば、本当に考えられないことです。

部屋には、効果があるのかないのかよくわからないと疑問に思う時もあります(おそらく、TO君は他の刺激物にとても弱い)が視覚支援の小道具や、ペアレントトレーニングのチェック表がぶら下がり、発達障害関連の書籍が山と積まれている(全部読んでないのに更に新しい本を購入してしまう…)。でも、その甲斐あってか、TO君はとても安定した生活を送っているようです。妻もTO君の信頼を勝ち取り、今でもお母さんをKO君とTO君とで取り合う状態なのです。これも昨年までは考えられなかったこと、妻の努力の賜物ですね。ただ、最近、「どうしてもお父さんじゃなきゃダメ」という状態にならないので少し寂しいですが…。

記念日…と言っても毎年特別何かをするわけでもないし、年末忙しい時期、今年も忙しくて朝、仕事行く時になにげに「今日は残業して遅くなる」と言って出かけたものの…、仕事中に記念日であることを思い出し(前日までは覚えていた…)、結局、早めに帰ってきてしまった。
そして、特別ってわけではなく、食事の後のデザートに4人で、妻が買っておいてくれた小っちゃいチーズケーキを分け合ってのお祝いをしました。

来年も何事もなくってわけには、到底無理な話でしょうが、またこうして小さな幸せをかみしめることができるといいなぁと思います。
そして blog を始めてよかったと思っています。始めていなかったら決してつながりのなかった、いろんな方々からコメントをいただいたり、励まされたり、とてもありがたいと感謝しています。
それと、どんなつたない文章でも、“想い”を言葉にして“記(しる)す”という行為に意味があるのだと実感しています。この1年間の家族の営み、自分の想いを記すこと、そしてまた考え直すこと、問い直すこと、それは過去を振り返り反省もしたりしますが、未来に想いをつなげることだと、そしていつかこの想いだけは双子らに届くものだと、そう思っています。

これからも、つたない blog ですが、家族のこと、自分のこと(時には愚痴も)、いろんな想いを“記し”ていこうと思います。

|

« 診断を受けた日 | トップページ | セロリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 診断を受けた日 | トップページ | セロリ »