« 2007 年始ご挨拶 | トップページ | 紅白歌合戦-追記 »

2007年1月 3日 (水)

紅白歌合戦

大晦日の晩、「今日だけは特別な日だよ」と、2006年最後の晩餐時に、テレビのスイッチを入れ、NHK『紅白歌合戦』にチャンネルを合わせました。
おそらく日本中、平凡な家庭で行われている年中行事の一つ…(最近視聴率はよくないですけどね。でも、当地域では他にこれと言って見るものもありません)、ですが、うちの場合、双子らが生まれてから、こんなに落ち着いてゆっくりと『紅白』を見ることができたのは初めてでしょう。妻とビール&日本酒を飲み交わしながら、「こんな日が来るとはねぇ~」と感慨深い想いで双子らと談笑し合いました(“嵐の前の静けさ”と、覚悟新たにもしてますが…)。

『紅白歌合戦』…、
若い方の歌は…と表現していることさえ年取った証拠ですが、本当に知らない歌ばかりです。中にはどこかで耳にした曲だと、歌っている人・グループを見て、「こんな人が歌ってたんだ」とか、「この人の名前は何て読むんだ?」状態…完全に“浦島太郎”です。双子のセイにするのも何ですが、双子が生まれてから、まともにテレビも見たことないですから仕方ないです。
そんな中、初出場が信じられませんでしたが、今井美樹の「PRIDE」、徳永英明の「壊れかけのRadio」は懐かしく聴かせていただきました。「壊れかけのRadio」は合わせて熱唱もさせていただきました。近所迷惑?…いえいえ、自宅アパートの周りは皆さん帰省して、誰もいませんから大丈夫です。

今日だけは、双子らも遅くまで起きていて怒られません。
年越しソバも食べ終わり、紅白決戦の結果も伝えられた頃、KO君が突然…、

「あぁ、わかった! 紅組が女の子で、白組が男の子ってことでしょ。」

そうです。そのとおりです。何一つそういう説明は双子達にしていませんでしたが、KO君はちゃんとテレビから聞こえる司会者の言葉を聞き取り、それに合わせて歌う人達を見て、『紅組=女性、白組=男性』という基本ルールを分析、判断したのでしょう。
別に「KO君すごい!」と言いたいわけではないのですが、「定型発達はすごい!」と感心させられました。
ちなみにこのKO君の発言に、いの一番にTO君は…、

「ちがうでしょ!」

とつっこんでいました。おそらくKO君の発言の意味すら理解していない、反射的に発言したような感じ?でした。

ん~、やはり、二人の差は開くばかりか???…。

|

« 2007 年始ご挨拶 | トップページ | 紅白歌合戦-追記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007 年始ご挨拶 | トップページ | 紅白歌合戦-追記 »