« 尾てい骨 | トップページ | 意外な一面? »

2007年1月 5日 (金)

天動説と地動説

『尾てい骨』の翌日、意地悪なお父さんは、今度は双子等に…、

「太陽は、東からのぼって朝になって、西に沈んで夕方、夜になるけど、じゃぁ、地球の周りを太陽が動いてると思う? それとも、太陽の周りを地球が動いていると思う?」

という質問をしました。すると双子達、迷わず…、

「太陽!」

そうですよね。普通、誰だってそう考えますよね。そういう意味で『天動説』の考えは自然ですよ。『天動説』とは、アレキサンドリアの天文学者プトレマイオスの考えがもとになっているそうです。
ちなみに、双子達は、地球のことは、おもちゃの地球儀で丸い物体だということは知っています。また、双子達はそれを「世界中」と表現しています。そして自分達が住んでいる場所(=日本)は、その「世界中」の中でこんなに小っちゃいところだということも、教えています。

それで、答えは…、

「ブッブッー、違うんだよ。太陽の周りを地球が動いてるんだよ。更に地球も自分で、くるくる回っている。地球は“動いている”だよ。」

と言うと…、『尾てい骨』に引き続き、やっぱりKO君がとても不安そうな顔になりました。特に地球が“動いている”ということに、自らが住むこの大地が動くということが、何か怖い、不安なものと感じたのでしょうね。
いや~普通、信じがたいですよね。『地動説』なんて…、それを考えたコペルニクス、観測したガリレオはすごいです。

一方、TO君は脳天気に「動いてる~わっはっは!」と笑っていました。

|

« 尾てい骨 | トップページ | 意外な一面? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尾てい骨 | トップページ | 意外な一面? »