« 天動説と地動説 | トップページ | その日は突然やってくる »

2007年1月 8日 (月)

意外な一面?

官公庁のほとんどは、4日から仕事始め。
と言っても、今年は4、5日と出勤したらまた3日連休でしたので、正月休み呆けした脳と身体にはちょうどいいスローなスタートとなりそうです。
しかし、今年は今月末から2月末にかけて、発表やら大切な会議やらで、とても忙しくなりそうです。試験もまだまだやりたいことはあるし、でも、年度末でそろそろ取りまとめにも入らないといけないです。
家創りも本格化しそうです。この話はまた別の機会に書こうと思いますが、設計を依頼している建築家の方の図面が出来上がり(建築家さんにとっては図面を書いている間もたいへんだったでしょう)、これから金額調整、借金の申込(辛い…)、工務店さんとの契約、地鎮祭、着工等々と、怒濤のごとく進んでいくようです。

ちょっと、日付をさかのぼってしまいますが、2日は年始挨拶のため、私の祖母が住むアパートに家族4人で行きました。前にも書きましたが、バカな父親(←私にとって。祖母にとっては息子)のせいで、祖母は90をとっくに過ぎているのに、一人暮らしをやむなくしています。
祖母は、以前まで週に2度デイサービスに通っていましたが、制度の変更と診断の結果、週に1度になったそうです。90を過ぎた老人に、「できるだけ一人で生活できるならしろ!」ということらしいです。本当に日本の福祉はどうなっているのでしょう?
ただ、祖母はこれまでデイサービスに火曜日と土曜日に行っていたですが、私達家族は土曜日には子供達の音楽教室で、祖母が暮らす町に出てきてはいたのだけど、なかなか会いに行くことができないでいました。それが火曜日の週1回のみとなり、土曜日がないということになれば、これから少しでも多く顔を出してあげられるかなとも思っています。

この日、双子達にはもう一つの目的がありました。
妻の両親から、お正月のお年玉として何か買ってやれと、お年玉が送金されていました。それで何を買ってもらうかは、クリスマス・プレゼントに引き続き、ボウケンジャーの乗り物『ゴーゴー・ジェット』です。これで、やっと『アルティメット・ダイボウケン』が完成です。
2日の日は自宅アパートへの帰りが遅くなり、出してあげることはできませんでしたが、翌日(3日)に出してやると二人ともとても喜んでいました。
TO君は、何か独り言を言いながら、紙(私達のパソコンのミスプリント用紙裏)に何か書いてきました。そして、パソコンで blog を書いているお父さんのヒザにちょこんと、いや最近ドッカと座り、「これお手紙ね」と持ってきました。
私が「何が書いてあるの?」と聞くと、「お父さん、お母さん、ゴーゴー・ジェットを、買ってくれてありがとう。○○○(TO君の名前)」と、お父さんとお母さんの似顔絵&ゴーゴー・ジェットの絵、そして、“○○○(TO君の名前)”と書いているら・し・き文字?とで、お礼を言ってくれました。
こういうところは、とてもやさしいTO君です。KO君はこんなことはしないなぁ(決してやさしくないと言っているわけではありませんよ)。

更に、年をさかのぼっちゃいます。
30日は、実家に、弟夫婦が8月に生まれたばかりの愛娘を連れて里帰りしていたので、顔を見に行きました。5ヶ月目に入ったとは思えないほど、ぷっくりと大きな赤ちゃん(女の子に失礼か…)。
双子達もとても興味津々でした。かまいたくてかまいたくて仕方がない様子…、いつの間にか小さい赤ちゃんを愛しむやさしい気持ちも育っていたのだと、とてもうれしい気分になりました。
KO君は優しいので(さっきのフォロー?)、何となく面倒見はいいだろうなぁと予想はしていましたが、TO君までもが、まだ小さい従姉妹をとてもかわいがっていました。二人ともヒザにダッコまでさせてもらっていました。
TO君にしてみれば、1年くらい前は、かかりつけの病院で赤ちゃんを見れば、「赤ちゃんキライ、赤ちゃんキライ」とかなり人相悪い目つきで言ってましたし、おもちゃコーナーで、まだ買っていないトーマスのおもちゃを目の前に、近くに寄ってきたまだ小さい子に対し、「ボクのおもちゃがとられちゃう」と半分つかみかかる勢いの状態でしたから、そんな状態からはとても想像もつかない様子に、ホッと胸のつかえがとれるような想いでした。

これから、KO君、TO君、二人とも、その優しい心をいつまでも持ち続けられる人になってもらいたいです。

|

« 天動説と地動説 | トップページ | その日は突然やってくる »

コメント

ずいぶんパソコンから離れておりまして、やっとこさあけましておめでとうございますです。

自分の世界を邪魔する人は全て敵、だから周りの子供に攻撃してしまう子多いですね。
いくら障害ですからと説明したところで、攻撃された側の親が笑って流してくれることはまずないですから、苦しいもんですね。
でもTO君もちゃーんと成長してくれている。
そういう一面を見ると、気分が明るくなります。

投稿: 猫ゆうた | 2007年1月 8日 (月) 09時39分

> 猫ゆうたさん

あけましておめでとうございます。
TO君…確かに成長もしてくれている部分もあるのですが、私達夫婦が障害について勉強し、知れば知るほど、あぁ、これも障害に起因しているのかと、ずし~んと堪えることもありますね。
ただ、TO君が少しでも楽に受け止められるようにしてあげたいし、そういう環境を作っていきたいです。

投稿: たけpon | 2007年1月 9日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天動説と地動説 | トップページ | その日は突然やってくる »