« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

上棟式

24日(土)、上棟式をしました。

この日は大忙し…、というのも前日23日(金)はお世話になっている地元の大学教授の退官記念講演&パーティーがあり、早朝5時に起きてホテルから自宅へ2時間かけて帰宅。
それだけなら良いのですが、午前中は引越後双子達が通うことになっている新しい幼稚園の入園説明会があり、そちらにも出席しなけらばなりませんでした。

前日まではとても暖かく、春の陽気って感じで、このまま春になるのかな? っていうのにだまされ薄着をして出かけたら、この日は雲も出て風も強く、結構寒い日でした。TO君は寒いのが大の苦手、ちょっとしたプチパニック状態です(上棟式の間大丈夫かなぁ?)。
それでも、夕方、餅撒きを行うころには、雲もどこかに流れていき、少し天気も良くなってきました。

午後3時頃、現場に到着すると、吹き流し?が強い風いっぱいにたなびいていました。
「どこからお餅を撒きましょうか?」ってことで、とりあえず屋根上まで上がってみることにしました。餅撒きも自分が子供の頃、何度か実家近くのに行った記憶はありますが、もう忘れました。まして上棟式ってどんなことをするのか、初めての経験ですので、さっぱりわかりません。
餅撒きは、子供達はまだ無理だろうと思っていたのですが、工務店のK社長さんが「せっかくの記念ですよ。お子様達ももう記憶に残るはずだから…」と勧めてくださったので、子供達もとりあえず屋根上まで上がってみることにしました。

我が家は片流れの屋根です。いや~気分爽快でした。今後滅多に上がれない(上がりたくない…私はあまり高いところは苦手です…)ところ。子供達も怖がる様子もなく、うれしそうでした。あんまり気にせず走り回ろうとするので止めるのが必死でした。TO君も寒いことなど忘れて上機嫌です。それでも、やっぱり屋根上は子供達にとってどうかな?っていうことで、2階部分に子供達の撒くところを急遽作っていただきました。

午後4時前くらいから、餅撒きを嗅ぎつけて来られた近所の方々が集まってきました。そして建築士のai様も到着。さぁ、そろそろ始めましょうか…。
2階部分に上棟式の準備をします。棟札、上棟セット?、お神酒、塩、米、水、お餅。
そして、棟梁、大工さん方、工務店の社長方々、私と双子達が上がりました。
しかし、腑に落ちないのは、女性はこの上棟式には参加できないことです。ですから、妻は下でお留守番。そして、建築士のai様も下で待機です。何か昔からの決まり事なのでしょうが…。あぁ、それと現場代理人のN様は、どうも奥様のおめでたが近いらしく、急遽欠席となりました。残念でしたが、元気なお子様がお生まれになっていることをお祈りいたします。

工務店の社長様の進行で、棟梁のS様が儀式を執り行いました。矩計定規っていうのかな?、それと、炭つぼでいいのかな?などを、棟札の前で清め? 建物の四方に酒・塩・米をまいて清めていきます。
その後、施主(私)のあいさつ、乾杯をして、いよいよ餅撒きです。

棟梁の撒き初めから始まります。
2階に作っていただいたスペースに双子達を連れて行きました。工務店の社長様が子供達を面倒みてくれるということで、私は1段高い足場部分から撒くことになりました。子供達も最初は少し怖がっていましたが、お餅を撒くということがとても楽しかったようです。子供達には本当に良い記念になったと思います。工務店の社長様にはとても感謝です。

餅撒きを無事終え、本来なら直会(ナオライ)という宴会をするのが本当なのでしょうが、最近では大工さん方も車であることなどから、工務店さんからも簡素に…という申し出もありましたので、そのお言葉に甘え、心ばかりの折り詰め、赤飯とワンカップ酒に、ご祝儀を添えてお渡しするという形で、お開きにさせていただきました。

建築士のai様、K社長をはじめとする工務店の方々(営業I様、現場代理人N様)、棟梁のS様ほか大工さん方皆様のお陰で、無事上棟まできました。本当にありがとうございます。
それから今日はお見えになっていなかったですが、上棟までの間に関わってくださった職人さん方、これから関わっていただくことになる職人さん方、数多くの方々が、私達のこの家創りに携わってくださるお陰で、この家は創られるのだなぁと感心、感謝するばかりです。
どうか、これからも安全に気をつけていただいて、「いい家」を創っていただけたらと思います。

何はともあれ、無事上棟まででき、今日の上棟式も無事済ませることができて、2月はかなりハードの日々が続き準備もたいへんでしたが、自宅アパートまで帰る間、何か充実した疲労感を感じながら帰りました。
前日私のお泊まり出張のせいでお疲れの妻、午前中から幼稚園と餅撒きで慣れないことをした双子達は、車の中で爆睡状態でした。

| | コメント (6)

2007年2月19日 (月)

生活発表会

2月18日、幼稚園の行事で「生活発表会」というのがありました。

しかし、双子達、1月末頃から入れ替わりで風邪をひき、はじめはKO君が咳と熱を出し休みました。ただ、その週末に参観日を兼ね「凧作りと凧揚げ」があり、それに行かせてしまったら、こじらせてしまい、次週はずっとお休みでした。
でも、その間、TO君は「休む」などと一言も言わず、反対に「ぜったいに行く!」と言って毎日幼稚園に行きました。KO君がいなくても一人で大丈夫だったんです。←えらかったぞ!。

KO君がやっと治った後、今度はTO君がダウン・・・。そして同じパターンのように・・・、大丈夫かなぁと思って行かせた後の週末、ちょうど3連休の最後の日でした。午前中「寒~い」と言っていたのですが、TO君はとにかく寒がりなので気にしないでいました。するとお昼を過ぎた頃、妻が触った時に、「なんかTO君熱い?」。計ってみると39.1℃。
急いでかかりつけの小児科に電話すると、幸いなことに休日在宅診療日。片道40分ほどかかるこの小児科に連れて行くと、また更に熱があがり、39.7℃もありました。
それで結局、15日までTO君はお休みだったのです。

KO君は後半の練習に参加することができましたが、TO君は前半ちょっと練習しただけで、結局16日に練習したくらいで、18日本番ということになってしまいました。

この間に、妻は、運動会と同じように幼稚園から早めにプログラムをもらってきて、メモ帳型の絵付きプログラムを自作します(もちろん、また、徹夜まがいの状態です)。これも、TO君が「次は何か」でパニックにならないよう、他のクラス(年長さん、年少さん)の出し物をちゃんと自分の席に座って見ていられるよう、視覚支援のためです。←あんた(妻)もえらい。

さぁ、いよいよ本番。
双子達の年中さんは、まず、「ぺープサート」をしました。
…で、ぺープサートって?、私は初めて聞きました。意味を調べると次のとおりでした。

********************************
 ぺープサートとは、紙人形劇のこと。
 人物の絵などを描いた紙に棒をつけたものを動かして演じる。ぺープサートは和製英語で、英語ではペーパーシアター(paper theater)といわれる。
 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
********************************

内容は、干支の動物達に扮する子供達が、パンケーキ役の子に一人ずつ、「パンケーキさん、おいしそうだね。一口食べさせてよ。」と言います。すると、パンケーキさんは、「だめだよ。今から○○幼稚園に遊びに行くの! じゃぁね。」と言って逃げていきます。そして、干支の動物さんが「あ~ぁ、逃げられちゃった、残念。」というのを繰り返していきます。動物さん役の子どものセリフは最後の亥(イノシシ)さん以外は同じです。しかし、パンケーキさんは、次々と動物さん達に言われた後は、「さっき、子(ネズミ)さんと、丑(ウシ)さんと…○○から逃げてきたとこなの。」とセリフが長くなっていきます。亥(イノシシ)さんだけは、○○幼稚園にたどり着く前に川を渡らなければならないというパンケーキさんに、「ボクの背中に乗りなよ」と言って、乗ったパンケーキを食べちゃうというオチの劇でした。そうそうナレーター役の子もいました。

…で配役は、このナレーター役、パンケーキ役、亥(イノシシ)役の子どもは、この年中さんのクラスの中でも、しっかりしている子どもさん方でした。先生方もやっぱり考えています。

…でうちの双子達は、KO君は干支のトップバッター、子(ネズミ)さんでした。なんでも立候補したんだとか。何でも1番が好きなやつです(でも、1番じゃなくてもこだわらないのが定型発達?)。目立ちたがり屋? もしかして自分もしっかりしている子どものつもり? まぁ、しかし、立派にトップバッター役を務めることができました。←よくやった。
TO君は、休んでいた間に役が決まってしまったらしく、申(サル)さん…。なんかピッタリって感じだなぁ…(見た目が…)。でも、後半からの出番で、前の人のマネをすれば良いので良かったです。ちゃんと順番を守り、大きな声でセリフも忘れずに言うことができました。←ホッと一安心でした。

次は、「歌・合奏」ということで、「アイアイ」と「うぐいす」を歌って、「おもちゃのチャチャチャ」をカスタネットやトライアングル等を持って合奏しました。
KO君はカスタネット、TO君はトライアングルです。KO君はお友達といっしょにできていました。TO君もお隣の同じトライアングルの子に合わせ(それがないと多分一人ではできていない)、合奏することが出来ました。

年中さん最後の出し物は、体操服に着替え、一人ずつ跳び箱と、縄跳びをします。
これまた事前準備で一苦労ありました。寒がりのTO君、体操服の半ズボンなんかに履き替えた瞬間パニくるでは? という心配から、前日ハイソックスを購入していました。お陰で? パニくることもなく、ちゃんと名前を言って、跳び箱を跳んでぇ? 縄跳びのヒモを前にまわし、そして後ろにまわし、それを交互に繰り返し…っておまえ、1回も跳んでないじゃん! ちょっと周囲の観衆に笑い声がおきておりました。
まぁ、でも他の子供達もそんなに上手に跳んではいませんでしたから、ご愛敬と言うことで…。しかし、女の子はみんなちゃんと縄跳びしてましたよ。やっぱい女の子の方が成長早いんですねぇ。

午前中でおしまいの生活発表会でしたが、何とTO君…、妻が徹夜で作ったプログラム…、ポケットに入れ「ここに入れてあるからね」と送り出したのですが、1回も見ることもなく、パニックになるわけでもなく、ちゃんとお友達の出し物の時は椅子に座って見ることもできました。
そうそう、幼稚園の先生方には、前日お休みにもかかわらず、わざわざ電話を下さり、小学校の体育館を借りて飾り付けなどの準備をした発表会会場を、「TO君に見てもらった方がいいのでは?」ということで、特別見せて頂くなどの配慮をしていただきました。このこともあって、当日いつもと違う雰囲気に不安になることもなく、パニックになることもなく、発表会を楽しむことが出来たのだと感謝しています。

しかし、1年も経たない間に成長したものです。忘れもしない、保育所のお別れ会幼稚園の入園式では、何一つまともに出来なかったTO君が、多分、TO君の障害を知らない方々には、定型発達の子と変わらないかのように、この発表会の日を過ごせるようになりました。
おそらく、TO君にとっては、家で私達家族が自分のことを理解してくれて、幼稚園の先生方、お友達が理解してくれて、安定した日々を送れることが、不安やパニックを引き起こさないで済むことにつながっているのではないかと思います。

発表会の間は特に涙は出なかったのですが、こうして blog に記す段階になると、どうも目にうるむものがある たけ父さん です。←妻からまた、また泣いてんの? とつっこまれそうです。

TO君、KO君、今日は本当によく頑張った。ありがとう。

| | コメント (2)

2007年2月17日 (土)

バレンタイン追記

子供達のバレンタイン・デーの状況を書くのを忘れていました。
TO君は、3連休から発熱(一時39.7℃の高熱)し、この日は幼稚園お休みでした。
KO君は、“仲のいい女の子のお友達から、そろそろもらってくるかな?”と思っていましたが、今年も収穫0(ゼロ)でした。
田舎の幼稚園ですから、まだそんなませたことはしないようです。

まぁ、でも、KO君はもらって、TO君はもらえなかったりしたら、それこそいろいろ面倒になるので良かったです。
しかし、いつかそんな日も来るのだろうなぁと、心配はあります。
この双子達にチョコをくれようとする女の子様、どうか義理で構いませんので、両方に同じ数だけいただけると助かるのですが…。
そんなわけにはいかんわなぁ。

…で、子供達はそれぞれお母さんから、大好きなポケモンキャラのついたチョコをもらいました。私にも一応(←余計!)、妻からありました。

「いつもありがとうございます」
…ハート型のカードにそえてありました。

“ありがとう”という感謝の気持ち…、夫婦、親子といういくら親しい関係においても大事にしたい言葉だと思っています。これは妻に一番教わったことです。子供達にも教えていきたいことです。

もちろん感謝はしているのだけど、つい“言葉”にしない。
“言葉”にしなくてもわかるだろ!? いえいえ、“言葉”にしなければわかりませんよね。

妻へ…
「こちらこそ、いつもありがとう」

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

女の子いないの?

blog デザインを、バレンタインデー仕様にしていたので、一応バレンタインデー・ネタを…(また、すぐ変更します)。

今年も以前職場が一緒だった女の子(って歳でもないか?)から、郵送でチョコレートが送られてきました。
2月14日…、その女の子の誕生日なのですが、3連休に大手量販店に家族で買い物行ったついでに、いろいろプレゼントになりそうなものを物色してはみたものの、ピンとくるものもなく、結局何も買っていませんでした。昨年に引き続き、また悪いなぁと思っています。まぁ、ホワイトデーにでもちゃんとお返しすることにしよう。

…で、この日にちなんで(?)…。

双子達には普段から、「おまえたち、お父さんみたいに太ると、それだけでも女の子にもてないから、太るなよー!」。と何度も言っています。
いや、本当は太っているかどうかではなく、いろんな要因が重なってもてるか、もてないかは決まるんでしょうけどね。でも、太ると健康にも悪いのは事実。それもあって、とにかく「太るなよー」と言い続けていました。

以前、双子達とお風呂に入っていると、KO君が、
「お父さんのお腹は、何でこんなに大きいとー? なんで太ってるとー?」。
そして、極めつけは…、
「職場に女の子いないとー?」。
と、するどいつっこみをされてしまいました。

私は、「やられた」って感じで、ぐうの音もでませんでした。

職場に女の子がいないから、女の子にもてる必要もないから、お父さんは太っていられる、太っていても気にしない、そう言いたいのですか!
KO君…、そうじゃぁないんだよ。痩せたくてもねぇ。ついつい食べてしまうのよ。そして1度太った身体はなかなか努力しても痩せられないのよ(あまり努力してないけど…)。と、子どもに言い訳したくなる父親でした。

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

何が健全なの?

今月5~6日は、共同研究をしているメンバーとの会議が行われ、今年度は当方が担当ということで、うちの県に担当者が集まりました。
全員で10名程とは言え、受け入れ側ともなると、会場の段取り、会議時の報告で使用するパソコン、液晶プロジェクタの準備、宿泊の予約や現地検討会の足の確保など、気を遣うことばかりです。もちろん自分の研究報告の準備もあり、前週の金曜日は結局徹夜して準備しました。3日(土)は週に一度の一家揃っての買い物デーですし、4日(日)はまた「異常事態」への対応がありましたから、どうしても2日までに片付けなければならなかったのです。
そのせいか? 7日から疲れが出たのか、寝込みはしませんでしたが、微熱と吐き気&お腹?(胃の当たり)がどうも気持ち悪い痛さがずっとありました。
ただ、19日にはまた産学公連携研究の成果について発表する機会があり、11日(土)は仕事にいかせてもらいました。快く仕事に行かせてくれた妻と双子達に感謝です。

前置きが長~くなりましたが、
6日現地検討会の後、以前よく行っていた喫茶店で食事をしました。もうお昼もとっくに過ぎていたので一人カウンターで食べたのですが、そこのママさん(と言っても年下)と久しぶりに話をしながらでした。

その喫茶店は夫婦二人で経営されていて、官庁・ビジネス街にあるお店は、昼前の出前はママさんが全てのオフィスに配膳するし、お昼の時間帯は今度は店の方の対応があります。もちろん旦那さんはずっと厨房で食事を作りっぱなしです。

話の中で、「柳沢厚生労働相の『女性は子どもを産む機械』発言」の話題になりました。

ママさんは、
「私の知り合いの女性で、不妊治療を何年も続けている人がいる。そんな人達にとっては、“何てこと言うんだ!”って怒り心頭になってもいいと思う。でも、私みたいな産めるのに産まない女性は、言われても仕方ないかなぁーって思う。」
「でもね。子ども欲しくても、この店を誰かに手伝ってもらえるわけでもないし、誰か雇えばお金もかかる。例え、子どもができても、仕事中どこかに預ければまたお金もかかる…。」

“言われても仕方ないかなぁー”と、このママさん、いや日本全国にどれくらいいるかわかりませんが、いろんな理由で子どもをもうけなかった人、授かれなかった人にどれだけ苦痛を与えたか、柳沢氏には考えてもらいたいです。
ママさんも、自分の生活レベルやスタイルを変えたくないっていうのも一つの理由で自分にも責任があるようなことをおっしゃっていましたが、子どもができても預かってもらいやすい環境や、社会環境であれば、子どもをもうける気持ちになったかもしれないと思うのです。

大体、少子化対策を考えるのに、『少子化対策』→『(適齢期の男女の結婚、以前の担当大臣が政府主催お見合いを提案)』→『女性が子どもをたくさん産めばいい』と、よくもまあ単純に考えられるものです。どれだけ、産みたくても産めない、欲しくてもできない人達がいるか、何を勉強されて政治家、大臣になっていらっしゃるのだろう。

と、この発言に怒りを感じていたら、その舌の根も乾かないうちに…、今度は『子ども二人以上は健全』ですか!
うちは双子で2人いますよ。でもね。とりあえず結婚して8年もかかったんです。何とか運良く出来たら、たまたま2人いっしょだったから2人いるだけです。公務員ですら(というと語弊はあるかもしれませんが)、私の職場の上司の発言(←これが一番辛いかも)、仕事量、経済的理由などから言って、次の子どもをもうけるなんてことは考えられません。もし双子でなくて一人っ子だったとしても、そう考えたでしょう。民間、自営業なら尚更厳しくなるのは当たり前だと思います。

子どもが1人、ゼロだったら不健全なのですか? 子どもをもうけたいと思う男女が、2人以上もうけることができない、むずかしい、この国こそが不健全ではないのですか?
そういう国にしておいて、こういう発言しかできない人達が、政治家、大臣をやっていることも不健全だと思います。

まぁ、首相自体、残業代ゼロ(ホワイトカラー・エグゼンプション導入)が少子化対策にとっても必要などと訳のわからないことを言う国なのだから仕方ないかもしれません(本人そういうことは言ってないとおっしゃっているらしいですが…)。

| | コメント (4)

2007年2月12日 (月)

バッテリー

久しぶりの記事 up です。
仕事は相変わらず忙しいです。今月中までは共同研究の会議やら、産学公連携研究の発表やら、出張やらでとても忙しい状態です。
異常事態の方は、何とか落ち着きを見せているようで、今月21日までの様子でその対応もなくなることでしょう。是非ともそうなることを願いたいものです。

ところで、今日の出来事…。
我が家の書斎…と言っても、兼タンス置き場・兼物置・兼洗濯物の部屋干し室。
通称、『パソコン部屋』と言っています。

いつものように私がパソコンに向かって、メールチェック等をしていました。
そこへ双子達が「何してるの~」となだれ込んできて、二人とも私のヒザの上に腰掛けます。もう重いんだけど…。

そして、KO君が、何となく置きっぱなしになっていた単2形電池を手に取り…、
「これ何に入れると? パソコンに入れると?」
と聞いてきました。

「いや、パソコンには使わないね。 パソコンにはバッテリーっていうのが入っているから…。」
と私が答えると、

すかさず、TO君が…
「バッテリーがあがった時、ソニー損保では無料でした。」
と、流暢に発言なさいました。

???
実はTO君、ソニー損保のCMが大のお気に入りです。
特に、『919919.com(クイック クイック ドット コム)』
というフレーズが大好きで、いつもそのフレーズが出てくるたびにCMに合わせて楽しそうに口ずさんでいます。
しかし、“バッテリー”という単語から、“ソニー損保”か…
ソニー損保さんとしては、それでみんなが興味を示してもらえば、うまい宣伝効果でしょうけどね。
ちなみに、うちはソニー損保さんとは何の関係もありませんので、あしからず…。

その後、お風呂の中でも、
「帰りの電車も無料でした」って言ってたなぁ。

| | コメント (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »