« 年賀状 | トップページ | 無駄遣い »

2007年3月 6日 (火)

発達支援センター(2)

5日(月)、仕事のお休みをとり、発達支援センターにほぼ1年ぶりに行ってきました。

目的は、家が出来て引っ越した後、新しく通うことになるD幼稚園の入園に向けて、支援センターに園への『発達障害の理解や対応の仕方』などについて説明してもらうための打ち合わせと、1年経過し改めてTO君の状態をテストしてもらうこと、TO君の特性などを記載した『プロフィール』を持参するためでした。

センターの廊下が少し冷えていたため、寒さ感覚に敏感に反応するTO君は、少しお父さんに抱きつこうとしましたが、この場所が2回目だということがわかっていて、心理士の先生からテストのため、「こっちに来られる? 一人で大丈夫?」と訪ねられると、「大丈夫!」と言って元気に先生に連いていきました。

残ったKO君は、私と妻が別の先生に相談している間、センターにあるおもちゃで楽しそうに遊んでいました。ベビーカーに乗った赤ちゃんに、食事を準備したり、散歩に連れて行ったり…。「本当に弟や妹がいれば、お前は優しく世話するんだろうなぁ」。って感じでした。

TO君のテストの間、私達親の方は、この1年でTO君が自宅でも幼稚園でもかなり落ち着き、物事もわかるようになったこと、しかし、新しい幼稚園では環境が変わるため、最近はほとんどないが、すぐ手が出たり、パニックになったりすることがあるだろうということなどを話していました。

決して、これからのTO君のことを楽観的にとらえていたわけではありませんでしたが、テストが終了しもどってきた心理士の先生の顔は何ともうかない顔でした。そしてTO君もちょっとお疲れの様子でした。
先生曰く…、「5歳児からの課題をしたんだけど、少し難しい問題もあって、それは別に出来なくてもいいんだけど、出来ないことが続くいらだちなんかで、少しイライラしたり疲れたかもしれないです。それから、視覚で表現されたものは理解するんだけど、聴覚のみのインプットだとかなり洩れがでてくる。それと、前に出てきた言葉にいつまでも引きずられ、次に進めないことがある。」とのことでした。

親としても、「あ~、ある、ある。そのまんま、そのとおりです。」とは思うのですが、その先生の顔を見ると、「そんなにできなかったですか~。」と落ち込んでしまいそうでした。

TO君もかなり疲れたのか、お昼ご飯を食べに行ったところが、場所は前回のパターンと同様空港に行ったのですが、お店がちょっと暗めの照明のところだったせいで、少し怖いのか? お父さんにベッタリ寄りかかっていました。
それでも、食事の後、展望台で飛行機が離陸するところを見ることが出来て、上機嫌になりました。

今回のテストの結果、入園前に親の方に説明していただいた後、幼稚園の方に説明にということでしたが、客観的に見ていただいた結果を私達も真摯に受け止め、こらからのTO君の支援に活かせていけたらと思っています。

|

« 年賀状 | トップページ | 無駄遣い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年賀状 | トップページ | 無駄遣い »