« ホッ… | トップページ | 親子でクッキング! »

2007年3月26日 (月)

ブロック遊び

私が幼少の頃、私の家はそんなに裕福な家庭ではなかったので、欲しい物を親に買って欲しいとねだることさえ、言い出せず我慢していました。

昔の見ていたテレビ番組の記憶をたどると、戦隊物では初代のゴレンジャー、ロボット物はマジンガーゼット→グレートマジンガー、ライディーン、仮面ライダー物は私の頃はV3、ウルトラマンシリーズはタロウがリアルタイムだったと思います。

その中でも、ロボット物のマジンガーゼットやグレートマジンガー、ライディーンを、毎日のように粘土を使って作り、弟と遊んでいたように思います。粘土…使用後は手が臭くなり、祖母からも居間の物に落ちて付いたりするとやっかいと言われ、暑い日も寒い日もいつも縁側で遊んでいました。

これはこれで満足していましたが、近所に引っ越してきた同い年の男の子のところには「ブロック」なるものが、それも大量にありました。
赤、青、緑、黄、白…、粘土の地味~な単色とは違い、とてもカラフルな色、そして、様々な形状をしたブロックに私は魅せられ、その子のところに遊びにいくと、とにかくブロック遊びがしたくて没頭したことを覚えています。今、思い返すと、一緒にいた友人達は他の遊びをしたかったのかもしれないと思うのですが…。しかし、家に帰って親に、「ボクもブロック欲しい、買って!」とは言えなかったので、この瞬間(とき)しかブロックで遊べなかった私は必死だったのかもしれません…。

毎度、前置きが長いですが…、
そんなわけもありまして、双子達には早くからブロックを買い与えました。最初はただ同じ形状のものを積み重ねたり、しばらくすると親にこれ作ってと言ってましたが、今は自分達でものすごい大作を作ります。ボウケンジャーのロボットも、ポケモンキャラも最大限の創造力を働かせ、親の欲目ですが実に巧みに作り上げていきます。作り上げた物には、なぜかポケモンの塩ビ人形や、ムシキングの虫達(以前はアンパンマンのキャラクター)がなぜか乗組員? 乗客? です。ちゃんと乗るところも作ります。

今までは少し大きめのブロックを買っていたのですが、ちょっと前から少し小さ目のブロックを買い与えました。最初は抵抗を示していましたが、しばらくするともう自由自在です。大きめの方も、小さめの方も全部出してきて、それでも足りないというくらいにいろんなものを作ります(毎日片づけがたいへんですが…)。

Gundam2_3 いつも自分達で何でも作る双子達ですが、昨日久しぶりにTO君から、「ねぇねぇ、お父さん、ガンダム作って!」と言われました。久々のリクエストにお応えして作った、たけ父さん作『1st ガンダム』です(初めての画像アップです)。




Zaku_1 それを見ていたKO君、たけ父さんに負けじと何やら赤いブロックを積み重ねていきます。そして出来上がったのが、KO君作『シャア用ザク』です。右手にバズーカを抱えています。



 


Zeong_1 そして、そして、TO君作『ジオング』(シャアが最後に乗った足のないモビルスーツ)です。




 


細かい部品がないので、とてもメガブロック機動戦士ガンダムシリーズにはおよびませんが(双子達はネットでこの動画を見るのが大好きです)、結構雰囲気出てると双子共々自己満足しています。

双子達、この後、1stガンダム(アムロ)とシャア用ザク(シャア)との激闘、そして、ガンダムの左腕と頭をとり、ジオングとの最後の死闘シーンを繰り返し遊んでおりました。

|

« ホッ… | トップページ | 親子でクッキング! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホッ… | トップページ | 親子でクッキング! »