« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月27日 (日)

引っ越しました

18日(金・大安)、ついに新居に引っ越しました。
少し前からちょっとずつ荷造りをしていたものの、6年間暮らした旧居アパートには、あふれんばかりの物、モノ、もの…。そして塵、ゴミ、ごみの山…。
前日から徹夜状態で迎えた、引っ越し当日でしたが、2/3ほどしか準備は終わっておらず、引っ越しを依頼した業者さんに手伝ってもらっての作業になりました。

前回の引っ越しでは、妻が双子達をお腹に抱えていたので、荷造りのみの「ラクラクパック」みたいなのを頼んだのですが、結局自分達でしなければ気が済まないこの夫婦の性格で、当日にはほとんど荷造りが完成していて、もったいなかった経験がありました。それで今回も「どうせ自分達でするだろう」と考えていたのですが、子供のいる生活というのはこうも仕事がはかどらないということをつくづく感じました。大人だけなら、食事も風呂も寝る時間もどうとでもなりますからねぇ。今回こそ「らくらくパック」を使えば良かったと後悔でした。
快く笑顔で手伝っていただいた、クロネコヤマトの従業員の方には本当に感謝いたします。
「引っ越し先は新築ですよね」と言って、棚の後ろなどのホコリを雑巾できれいに拭きあげて下さりましたし、新居でも床、壁、階段…荷物を運ぶほとんどのところをきれいに養生してから作業をして下さりました。

あっと言う間に、引っ越ししてから1週間が経ってしまいましたが、段ボールの山から「何はどこに入ってる?」状態が続いています。新居はほとんど片づいていません。それより旧居アパートの片づけの方がまだまだなのです。
23日に妻が子供達と片付けに行きましたが、やはり子供がいると全くはかどりません。結局新居に帰り着いたのは深夜でした。25日は不要品処分を業者に依頼していましたが、とても子供がいては無理ということで、急きょ私も午前中だけ休みをとりました。
しかし、前日、以前の職場の方々から久しぶりの飲み会の誘いを受けていた私は、妻の「飲み過ぎないでね」の忠告を無視したわけではないのですが、ついつい久しぶりの楽しさに飲み過ぎてしまいました。
とりあえず、新居に帰ることにはしていたのですが、電車に乗ったはいいけれど、乗り過ごし隣町まで行ってしまいました(あーまたやってしまった。タクシー代もったいねぇ)。
そんな状態でしたので、25日午前中の休みは、不要品処分のための休みと言うより、二日酔いの休みになってしまいました。

それでも昼前に何とか復活し(…って、処分業者さんが時間間違えて午前中に来てしまったから仕方なくなのですが…)、大量のゴミ出しが何とか終わりました。4tロング1台分ですよ。何かゴミの中で生活してたって感じでした。←でも仕方ないところもあるんのです。この田舎は、燃えるゴミ(週2回)と資源ゴミ(月1回)を出す日はあるのですが、燃えないゴミを出す日はないのです。処理施設へ持ち込み日はあるのですが、それも月1回日曜日のみ。そう言う点でも住みにくいところでしたねぇ。
この処分業者さんにも感謝です。時間間違えたのもあるかもしれませんが、まだ仕分けが終わっていない状態の中、「ゆっくりでいいですよ」と対応してくださりました。そしてホコリまみれの不要品をこちらも笑顔で文句一つ言わずに引き取って持っていって下さるのですからありがたいことです。

通常モードの我が家になるのはいつの頃でしょう。
パソコンも今回の引っ越しで、光接続となり、とても快適な状態になったのですが、ほとんど机の前に座る暇がありません。blog も当分、このような遅々とした更新が続くのではなかろうかと思っています。
いつも寄っていただく方には本当に感謝いたします。また、よろしかったら、時々は覗いてやってください。
よろしくお願いします。

| | コメント (10)

2007年5月11日 (金)

拍子抜け

「竣工検査」中(お昼前頃)、妻のケータイが鳴りました。
どうも双子らが通っている幼稚園から?…。

竣工検査が終了した後、妻から「TO君が耳が痛いって涙ぐんでるって」と聞きました。
私は午後から○○市の保健所で職場の健康診断がありました。さてどうするか? とりあえず、それをさっさと済ませ(良かったです。人が少なくて…30分くらいで済みましたから)、妻と一緒に幼稚園へ急いで帰り(40分かかります)、TO君とKO君を幼稚園に迎えに行って、また再度病院のある○○市へとんぼ返り…(病院はちょっとはずれにあるので、もう少しかります)。本日○○市へ2往復です。

実は、以前から風邪がひどくなると「耳が痛い」とは言っていたのですが、かかりつけの小児科では怖がって耳を見せようとしてくれませんでした。耳垢もそうとう溜まっていたのですが、小児科の先生でもダメだし、私達親がするのも怖がってさせてくれません。仕方なく薬だけもらってしのいでいました。
それで妻が今度本当に痛いって言い出したら、耳鼻科に連れていくしかないと、いつも行っている「ことばの教室」の先生に良さそうな病院(お医者様)を聞いていました。

私達も病院に行く間、TO君に言いきかせましたが、TO君も今回だけは観念した様子。「ちゃんと診てもらう」気持ちでもいたようです。
そして診察室へ、お医者さんも女医さんでとてもやさしく対応してくれました。そして後で妻と話したのですが、その診察室にはモニターが左右にあって、お医者さんが装置を通して診ている様子を、TO君も確認できたのです。
それが良かったのではないかと思うのです。
妻が問診票に「広汎性発達障害」のことを書き、「治療の内容を説明していただけると安心して治療が受けられると思います」と看護師さんに伝えていました。…が、一応小さいからか用心のためか?(耳ですからねぇ)、暴れないようにぐるぐる巻きにされていました。でも実際は何のことはなく、ただそのモニターに見入って、本当におとなしいものでした。

少しは物わかりが良くなって「お兄ちゃん」になったのか? それとも今度ばかりは痛くて堪らないので観念したか? モニターに心を奪われたか?(おそらく「何をされるのか」、見えないものをちゃんと今回確認できる状態だったから、それで不安ではなくなったから良かったのでしょうか?) いずれにしても無事診察が済んで良かったです。女医さん、看護師さんも拍子抜け?って感じでした。
もちろん私達夫婦も拍子抜けです。でも、やっぱり注射の時は泣くのだろうなぁ。

| | コメント (0)

出来ちゃいました

この blog の紹介文に「家創り」のことと書いているわりには、カテゴリー「家造り」を開いてみると、2007年2月26日の上棟式ネタから何も書いていませんでした。
そして、「双子の時間割」の emaさんからも「家創りネタをもっと書いて」とリクエストいただいていたにもかかわらず、この忙しさの中、まったく筆(キーボード)が止まっていました。

そうこうしていましたら…、とうとう、お家が出来上がっちゃいました。
やばいですね~。もうこうなったら回顧録でしか書けませんが、後日ボチボチ書いていこうと思っています。

それで本日はいきなり、「竣工検査」です。
工務店、設計事務所様の竣工検査に、私達も立ち会わせていただきました。
設計事務所様、工務店の社長様はじめ、営業担当様、現場監督様、そして大工の方々や職人様、機器メーカーの担当様方がいらしていました。
私達が現場に着くと、もう既に設計事務所様の厳しいチェックが始まっている様子でした。私達も「施主の目でチェックして下さい」ということでしたらから、前日妻が作ったチェックリストを手に見て回りました。
そうこうしていると、システムキッチンやユニットバス、サッシ、電気関係の取扱いに関しての説明が始まり、それらを聞いたり、いろいろ質問してたりしたら、あっという間に時間が経ってしまいました。
とりあえず私達として気になった点、確認したかった点はお聞きしましたが、いろんな細かい汚れ、不具合等の指摘は、設計事務所様がほとんどしてくだいました。

とりあえず、今日は私達家族の家創りに携わっていただいた、皆様方にお礼を申し上げたいと思います。
設計事務所様、工務店の社長様、営業担当様、現場監督様、棟梁をはじめ大工の皆様、職人様、機器メーカー担当者様方、本当にありがとうございました。
私達家族の生活スタイルや好み、想いが反映されたこの家を、一つ一つ形にしていただいたことに、とても感動し感謝しているところです。
「色決め」「コンセント位置決め」などいろいろ決めないといけないことはありましたが、苦になりませんでした。全て、私達家族の使い勝手、好みを優先して下さる配慮に、心から感謝する次第です。
家創りを考え始めた頃、ただ漠然と「どこかのハウスメーカーで建てるのだろうなぁ」と、既にどこにでもあるような我が家を想像していました(ハウスメーカーや、ハウスメーカーで建てた方を批判するわけではありません。あくまで私達の家創りの場合ということでこのコメントはご了承ください)。
設計事務所様、工務店等の皆様方と、世の中に1件しかない仕様の我が家創りができて、とても満足しているところです。予算は本当に厳しかったと思いますが、ないならないなりに、何が重要で何を我慢すべきか、私達も何もかも求めるのではなく、取捨選択できて良かったと思っています(設計事務所様、工務店様はご苦労されたと思いますが…、すみません)。
また、設計事務所様には、工事監理日誌を blog という形で提供していただきました。ちょっと簡単には現場に行けない私達にとって、ほぼ毎日現場の写真を up しながら、「今日はここまで進みました」「今日はここをチェックしました」等の記事は、本当に安心させられましたし、やはり設計事務所様に設計監理をお願いして良かったと思いました。また、この blog を通して、次第に家が建ち上がるのを見ながら、こんなにもいろんな「人」の「手」が加わって、1件の家が、我が家が出来上がってくるのだと、感激した次第です。
本来なら私達の家創りに携わっていただいた方々、お一人お一人にお礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。そして、施工中、きちんとしたおかまいもできなかったことを、本当にお詫び申し上げます。
また、これから少し手直し等をしていただけるところもあるようですが、どうかよろしくお願いいたします。
まだ、これからもいろいろあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

いいわけ…(2)

う~ん、また blog 投稿が滞っています。
書きたい blog ネタはあるのですが、時間がありません。
我が家はただ今、引っ越し準備真っ直中…。
あ~、時間と体力を私に下さい…。

| | コメント (0)

2007年5月 1日 (火)

いいわけ…

4月、2日間しかブログを更新しない間に、とうとう5月になってしまいました。
毎日、更新されていない当ブログにいらしていただいた皆様には、お詫び申し上げますとともに、本当に感謝いたします。

年度始めということもあり、4月上・中旬はかなり仕事が忙しかったです。双子達も成長してくれたお陰で、妻に心おきなく?残業を(多少)しておりました。

中・下旬は、季節はずれのとても冷たい雨に降られながら出張したのと、やはり雨の日の休日に小さい傘1本しか持たずに双子達を散髪につれていった(もちろん自分は雨に濡れて…)ために、風邪をひいてました。

更にそのまま県外お泊まり出張があり、とても忙しい4月でした。

ブログに書きたいことは、双子・KO君、TO君のこと、愚痴ログ、家族のこと、家創りのこと(emaさんからのリクエストあり)、マイミク・さりぃさんからいただいた贈り物のこと… etc. いろいろあるのですが、何かパソコンに向かうだけの元気がありませんでした。すみません。

さぁ、5月そろそろブログを再開したいところ…ですが、いよいよ新居の方が順調に立ち上がっており、そろそろ引っ越しの準備をしていかなければいけません。
また更新が滞りそうな感じですが、今後とも当ブログをよろしくお願いします。

私の花粉症は最盛期は過ぎたとはいえ、まだ続いておりますが、とりあえず、気分転換にブログのデザインのみ変更しようと思います。

| | コメント (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »