« いいわけ…(2) | トップページ | 拍子抜け »

2007年5月11日 (金)

出来ちゃいました

この blog の紹介文に「家創り」のことと書いているわりには、カテゴリー「家造り」を開いてみると、2007年2月26日の上棟式ネタから何も書いていませんでした。
そして、「双子の時間割」の emaさんからも「家創りネタをもっと書いて」とリクエストいただいていたにもかかわらず、この忙しさの中、まったく筆(キーボード)が止まっていました。

そうこうしていましたら…、とうとう、お家が出来上がっちゃいました。
やばいですね~。もうこうなったら回顧録でしか書けませんが、後日ボチボチ書いていこうと思っています。

それで本日はいきなり、「竣工検査」です。
工務店、設計事務所様の竣工検査に、私達も立ち会わせていただきました。
設計事務所様、工務店の社長様はじめ、営業担当様、現場監督様、そして大工の方々や職人様、機器メーカーの担当様方がいらしていました。
私達が現場に着くと、もう既に設計事務所様の厳しいチェックが始まっている様子でした。私達も「施主の目でチェックして下さい」ということでしたらから、前日妻が作ったチェックリストを手に見て回りました。
そうこうしていると、システムキッチンやユニットバス、サッシ、電気関係の取扱いに関しての説明が始まり、それらを聞いたり、いろいろ質問してたりしたら、あっという間に時間が経ってしまいました。
とりあえず私達として気になった点、確認したかった点はお聞きしましたが、いろんな細かい汚れ、不具合等の指摘は、設計事務所様がほとんどしてくだいました。

とりあえず、今日は私達家族の家創りに携わっていただいた、皆様方にお礼を申し上げたいと思います。
設計事務所様、工務店の社長様、営業担当様、現場監督様、棟梁をはじめ大工の皆様、職人様、機器メーカー担当者様方、本当にありがとうございました。
私達家族の生活スタイルや好み、想いが反映されたこの家を、一つ一つ形にしていただいたことに、とても感動し感謝しているところです。
「色決め」「コンセント位置決め」などいろいろ決めないといけないことはありましたが、苦になりませんでした。全て、私達家族の使い勝手、好みを優先して下さる配慮に、心から感謝する次第です。
家創りを考え始めた頃、ただ漠然と「どこかのハウスメーカーで建てるのだろうなぁ」と、既にどこにでもあるような我が家を想像していました(ハウスメーカーや、ハウスメーカーで建てた方を批判するわけではありません。あくまで私達の家創りの場合ということでこのコメントはご了承ください)。
設計事務所様、工務店等の皆様方と、世の中に1件しかない仕様の我が家創りができて、とても満足しているところです。予算は本当に厳しかったと思いますが、ないならないなりに、何が重要で何を我慢すべきか、私達も何もかも求めるのではなく、取捨選択できて良かったと思っています(設計事務所様、工務店様はご苦労されたと思いますが…、すみません)。
また、設計事務所様には、工事監理日誌を blog という形で提供していただきました。ちょっと簡単には現場に行けない私達にとって、ほぼ毎日現場の写真を up しながら、「今日はここまで進みました」「今日はここをチェックしました」等の記事は、本当に安心させられましたし、やはり設計事務所様に設計監理をお願いして良かったと思いました。また、この blog を通して、次第に家が建ち上がるのを見ながら、こんなにもいろんな「人」の「手」が加わって、1件の家が、我が家が出来上がってくるのだと、感激した次第です。
本来なら私達の家創りに携わっていただいた方々、お一人お一人にお礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。そして、施工中、きちんとしたおかまいもできなかったことを、本当にお詫び申し上げます。
また、これから少し手直し等をしていただけるところもあるようですが、どうかよろしくお願いいたします。
まだ、これからもいろいろあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

|

« いいわけ…(2) | トップページ | 拍子抜け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いいわけ…(2) | トップページ | 拍子抜け »