« 自分の特性を知ること | トップページ | 「妻への支援」…フォロー »

2007年8月30日 (木)

妻への支援

自身の特性について、とうとうカミングアウトした妻に対し、はやり『支援』が必要だろうか?

『支援』というより、『理解』だろうなぁ…。

結婚生活 丸15年が経とうとしているが、当初“好き”で結婚したはずが、少しずつ見えてくるお互いのアラ、気持ちのズレ、行動・言動に対する不満、習慣の違い…、もともと他人だった男女が結婚して一緒に暮らし始めるということは、相当の我慢、気力、体力、精神力、etc.…が必要です。
『恋は盲目』と言いますが、恋愛期間は、そういった“ズレ”のようなものを感じないように麻痺させている麻薬のようなもの、それが“恋”なのでしょうか?…。
最近は当たり前になってるのかもしれませんが、私は結婚する前に『同棲すること』をお勧めします。

なんか、ここまで書くと、妻との結婚生活を後悔しているように聞こえますかね? また妻に怒られてしまいます。

いや、何が言いたいかと言うと、そういった“ズレ”のような感覚を、お互い尊重し、理解してあげること、それができるかどうかが実は『結婚』とういう人生の一大事業を成し遂げられるかどうかということではないかと思うのです。
その人にはその人の、持って生まれた特性があり、環境も手伝って、その人の“個”というものが形成されています。その“個”を一緒に生活する中で尊重し会える存在が夫婦なのだと思います。

???
何か話がずれてる気がするなぁ。今回の『支援=理解』と、結婚生活や恋の話を一緒にするからいけないのかな?
なんしか、私は妻の個を尊重し、妻は私の個を尊重してくれて、関わり合っている>関わっていこうとしている>関わってるつもり…なのです。

私達の中には、この15年で(というか最近TO君のことで勉強したことで)獲得したルールがあります。
それは、妻の行動で、私が変だ? 何でそんなことするんだ? 何をそんなことで怒らなきゃならないんだ? ということがあります。
以前だったら、「何でそんなことする必要があるんだ!」と心の中で怒り(…私は怒鳴ったりするより、無言になります)、不機嫌になっていました。
しかし、最近では、私が不機嫌になるかもしくはその前に、妻から「これ私のこだわりだから…」と言ってもらうようにしています。
これを言ってもらうと、私も「いつもの妻のこだわりなら仕方ない」と諦め、自らも不機嫌な気持ちを抱かずにいられるようになりました。
これでお互い、怒ったり、怒られたり、不満を抱いたりせず、安らかな幸せな気持ちで生活ができるというものです。
相手の特性の理解…自分の特性も理解し合って、仲良く生活する…共白髪まで…長生きできるといいですが…。

と書いたはいいけれど、
これを書いた後日に、久々に大きな夫婦ゲンカをしました。
時々やるんですよねぇ。うちの夫婦は…。とんでもない大きなケンカを…。
お互い想いやっているつもりなんだけど、その日の体調もあるし、ちょっとした何気ない言葉、行動が相手を傷つけることもある。
だいたい、自分はこれだけ「してやっている」という気持ちはいけませんね。
うちの夫婦はお互い血が上りやすいからなぁ。それと同い年なので、どっちも謝らないし…。
しかし、以前はこの夫婦ゲンカを見ていた双子達は、心配してか?近くに寄ってきて、「なに?なに?どうしたの?何があったの?」って感じだったけど、今回は二人で仲良く遊んでたなぁ。「この二人はケンカしても、どうせ後で仲直りするんだ。好きにさせとけ!」とでも思ったかな? それとも呆れられたかな?

|

« 自分の特性を知ること | トップページ | 「妻への支援」…フォロー »

コメント

本当!結婚生活ってお互い我慢したりゆずりあったり、思いやったり・・・という人間修行そのものですよね~・・・。

子供が出来たらまた子供に対しても学ばせられるし・・・
ママさんのこだわり?って何なのかな?って思っちゃいました。
食べ物?教育方針?

ケンカが対等なんてうらやましいです~。
うちは、年がちょっと離れてるので、あまりケンカにならないんですよ。私が一方的に怒ってますが・・・たま~にケンカしますが、修復不可能なくらい深刻になる場合が100%で、修復に何ヶ月かかるとかいうのもあり。。そういうところから考えても、たけponさんとこみたいにほどほどにケンカするのって必要かもって思います。

投稿: さりぃ | 2007年8月30日 (木) 02時53分

> さりぃさん

『結婚』とういう人生の一大事業を成し遂げられるかどうか…なんて大きなことを書きましたが、最近は「熟年離婚」なんてのもありますからねぇ。まだまだ今からですよねぇ。
妻のこだわりは「潔癖性」でしょうかね。お風呂に入ってない奴は絶対に布団の上には寝かさないとか、買ってきたものを一通りさっと拭き上げないと冷蔵庫にしまわないとか…。ちょっとあんまりでは?と思うこともあるのですが、それで妻の気持ちがスッキリするなら良いか…と。それを私にしろと言われたらキレますがね。
例え、周囲から見てて変だということがあっても、他人にそう迷惑かけず、その人がそれで安心・安定を得られるなら、好きなようにしてもらう…、それで良いのかと最近思いだしました。
しかし、数ヶ月修復できないようなケンカって、その後どう修復するんですか? どちらかが折れるんですか?

投稿: たけpon | 2007年8月30日 (木) 20時21分

いつも大変お世話になってます。
この記事に登場する妻こと、なぎです。

この記事をブログに載せる前に「載せていい?」と確認してくれましたが、本音を言えば「載せて欲しくない。」でした。(笑)
でも、このブログは、たけponの気持ちをかくブログです。だから「載せたかったら、載せて良いよ。」って言いました。

今、私が持っている「こだわり」は独身時代は、全くありませんでした。
それは、結婚して両親、友達のいる地元を離れてから、そして赤ちゃんがなかなか出来ない辛い不妊治療時代に出てきた「こだわり」です。
地元を離れて簡単には里帰りさえ出来ない遠いところで結婚して、赤ちゃんも出来ず、たけponは仕事で忙しくて、一人でとても寂しくて、寂しくて、仕方がなかったです。
私のもっている「こだわり」で、いつもご迷惑をかけているでしょう。
ごめんなさい。
でも、でも、私も自分の家の中では、快適に思うように暮らしたいので、どうか、わたしの「こだわり」と思い、わかってください。
お願いします。


投稿: なぎ | 2007年8月31日 (金) 12時42分

> なぎさんへ(家ではこうは読んでませんけど…)

この記事で、少しあなたを傷付けてしまったようですね。ごめんなさい。
それは本意ではなかったのですが、申し訳なかったと思います。
確かに、あなたが今持っている「こだわり」は、独身、結婚当初は全くありませんでしたね。
ということで、別記事でフォローしたいと思います。

投稿: たけpon | 2007年9月 4日 (火) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の特性を知ること | トップページ | 「妻への支援」…フォロー »