« 教えてー | トップページ | 勉強になりました、そして反省 »

2007年11月27日 (火)

字義どおり

「何回言わすっとかーっ!」っと怒られたら、普通返事はどんな言葉になるでしょう?

「ごめんなさい。」 「もうしません。」

ですよねぇ。
KO君は私に怒られると、涙目になりながらこう言って謝ります。

でも、TO君は…、

目を泳がせながら、しばらく間をおいて…、そしてはっきりと、

「1回。」
(場合によっては「2回。」 また場合によっては、しばらく考えて「何回だったっけ?」)

こう言われると、怒る気力も失せて、こけてしまいます。おもわず吹き出してしまいます。

最近では、「何回言わすっとかーっ!」と怒った後、さて、TO君が「何回」と答えるだろうか?、ちゃんと数えてるだろうか? と怒りながらもこのような返事を期待している自分がいます。
本人(TO君)、怒られているという自覚はあるようなのですが、どうしてもこのような返答しか頭に浮かんでこないんでしょうねぇ。
でも、来年から小学校ですよ。学校の先生にこのように怒られて、先生の虫の居所が悪い時なんかは、たたきまわしたくなるでしょうね。まだない先の話ですが、謝っておきますよ。担任になる先生様!。←言わないように教えないとですね。

話はちょっと違うかもしれませんが、
大好きなアニメを見ていて、二人とも楽しそうにはしているのですが、
楽しみ方が微妙に違うような気がします。

例えば、最近、「機動戦士ガンダム SEED」や「SEED DESTINY」を親子ではまって見ていますが、
見終わった後思い出したように、TO君が言います。

「ねぇねぇ、おもしろいっちゃが、ガンダムSEEDで、アスランがキラのことを『あいつはバカなんですよ』って言うよね。」

一同、???

また、それとは別に、KO君とブロック遊び(ガンダム作ったり、戦闘機作ったり)しながら、

「あんたたちは、また戦争がしたいのかー!」と絶叫。←これは確かシン・アスカの台詞だっと思います。

どうも、アニメの台詞に酔いしれているようです。

KO君は、アニメのストーリー自体をちゃんと理解しているようです。
アスランがキラのことを『あいつはバカなんですよ』って言うことも、アスランもキラもプラントで幼なじみの友人、同じコーディネーターなのに、ナチュラルの地球軍と一緒にザフト軍と戦うキラのことを、本当は好きで敵として戦いたくない、そんなジレンマをかかえて「あいつはバカだ」と言っているだけ…。←ガンダムSEEDを知らない方はすみません。
KO君は、もちろんそこまで詳しく理解しているわけではないけど、
「KO君はわかってる?」と聞くと、「ちゃんとわかってるよ。」と自信ありげに答えてくれます。

TO君はおそらく、「バカ」という言葉に反応して、それをおもしろがっているだけ…。

以前から、何か気に入ったアニメの台詞があると、それを連呼していました。
前も blog に書きましたが、まだ診断前に『ラマになった王様』を見て、「あんたクビね」を何度も何度も言われた時は、激怒しました。
「おー、おまえの世話なんて、二度としてやるもんか!」←大人げない。
でも、本人(TO君)は、「お父さんは何を怒っているの?」って感じでキョトンとしていました。
笑い話では済まされないか…。こういうところからきちんと理解できるようにしなければいけませんね。

そうそう、「あんたたちは、また戦争がしたいのかー!」と絶叫した後、悟りきったように、こうも言うんです。
「戦争なんて、止めればいいのにね。」←そうだよね。そうすれば世界中のみんなが幸せに暮らせるのにね。
「だって、ムシも生きてるんだよ。」←TO君はバッタが大好きです。

|

« 教えてー | トップページ | 勉強になりました、そして反省 »

コメント

アハハ、全く同じようなことが数年前に学校でGさんにもありましたよ。それまで特に問題なく学校で過ごしていたので、その当時の担任の先生も「ああ、こういう問題を根本的に抱えてるんだなぁ~」と実感したそうです。
(確かGを含めた数人が教室に入るのが遅れたことがあって、こんなことする子は教室から出ていきなさい!といわれてGだけが素直に出ていったかそういうのだったと思います。先生は「そのくらい怒っている」といいたかったらしいんですけど、素直に出ていったGを見てビックリしたらしいです)

意味を広く抽象的に取ることのできないコミュニケーション障害の典型的例ですよね。
アニメ見てて妙に声優にこだわったりとかいうのも多々。
この声優はこっちに出てるとかそういうのとかも。
どうでもいいことにいわゆる「萌え♪」となってしまうみたい。
連結部分にこだわる鉄道オタクみたい、っていつも思っちゃいます。

前述の日記のインクルーシブ教育というの、北欧でジャーナリズムのお仕事をしてる方のHPで見たことがあります。
大学まで学資ゼロ、障害のある方へのフォローが信じられないくらい行き渡っていること。特別支援に対する考え方も、一般の方からして全然違うみたいですね。
私がその情報を見たのが4年前ですから、4年前とくらべたらまた随分この国も変わったとは思いますが・・・
でも反面、幼児が学童に対する事件が急激に多くなりすぎて、いわゆる健常児に対する「一人で行動させない云々」という規制が厳しくなってきて、ずいぶん窮屈になった気がします。5年前なんか、平気で幼児のGを交通量の激しい場所におつかいに行かせていたんですけどね・・・今はそういうのはNGですもの~

投稿: さりぃ | 2007年11月28日 (水) 08時41分

>こんなことする子は教室から出て行きなさい!

TO君も出ていくだろうなぁ。きっと…。

>「こういう問題を根本的に抱えてるんだなぁ~」と実感したそうです。

実感していただければ、それだけでうれしいですけどね。

>前述の日記のインクルーシブ教育
>大学まで学資ゼロ
>特別支援に対する考え方も、一般の方からして全然違うみたいですね。

一般の方から認識が違うってところがやはりミソですよね。
日本は一般の人からして、どうしても「変な人」=関わらない、つき合わない、理解しない
って感じですからね。まぁ、自分も今までどうだったかって言われると、何も言えないかもしれませんがね。

投稿: たけpon | 2007年11月29日 (木) 23時30分

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2007年11月30日 (金) 05時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教えてー | トップページ | 勉強になりました、そして反省 »