« 連携(2) | トップページ | 挫折禁止 »

2008年3月10日 (月)

情緒級決定!

先日、教育委員会のH氏から電話がありました。

「情緒級存続のお知らせ」です。
↑正確には、在籍する6年生の卒業に伴って閉級し、TO君入学のために新たに開設するということです。→相変わらず公務員のすることは面倒くさいですね…自分もだけど…。

でも、情報によると、今年は県下で情緒級開設の申請がとても多かったそうです。しかし、教員の人員配置の問題などから、全ての申請が通ったわけではないとのこと。

そういうことを考えれば、TO君のために情緒級を残していただいたことに、感謝しなければなりません。

地元教育委員会のH氏をはじめ、県教育委員会の方々など、おそらく、いろんな方が関わって、その方々のご尽力で、この存続が決まったものと思います。関係者の皆様、本当にありがとうございました。

しかし、これで安心できるわけではありません。
とりあえず、最低限(←語弊がある?)の環境が整ったに過ぎません。
「情緒級から出発する」という、スタートラインに立っただけです。
小学校との連携、支援者との連携を形作っていくのは、これからなのです。

それはまた、妻が張りきって(←もっと語弊がある?)、頑張ってあちこち電話&相談に行くことでしょう。
私は妻の言うことの聞き役、支援役、サポート役です。
それと父親として出ていくべき時に出ていって、「泣き」担当ですかね。←違うだろ! 「締め」担当じゃなきゃ!
本人はそうするつもりなんですよ。でも、どうしても込み上げてくるんですよねぇ。

妻から、「私がものすごく冷たい人間に思われるじゃない! 私がグッときた時に、既に横で涙してる人がいたら、私の涙は引っ込んじゃうのよねぇ。」と叱られています。

反省はしてます。

|

« 連携(2) | トップページ | 挫折禁止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連携(2) | トップページ | 挫折禁止 »