« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

強くならなければ…

無事、小学校に入学したTO君(KO君も…)ですが…、
もちろん(?)…まったく何の問題もなく小学校生活を送れているわけではありません。

通学は、地域に育成会というのがあって、その中で登校班が決まっており、近くのお兄ちゃん達と集団登校することになっています。
うちの子供達が所属する登校班は、二人を含めて1年生が4名、2年生が1名、3年生が2名、5年生が1名、6年生が1名(班長さん)の計9名です。1年生が多くて班長さんはたいへんです。

毎朝、うちの家の前に7時25分に集合し、30分になったら出発するということで行っています。

その中に、おばさんが一人…おっと失礼、お姉さんが一人(←それは言い過ぎ!)。
そうです、うちの妻は毎日、TO君に付き添って行っているのです。

当初の予定では、後ろの方から見守りながら行くつもりだったらしいのですが、やっぱりダメで、TO君と手をつないで行っているようです。

妻としては、それくらいのことは想定内のことだったようですが…、それだけではありません。

児童専用の玄関まで行くと、TO君は既に尻込み状態…。
特別支援級の担任の先生も迎えに来てくれているのですが、なかなか入っていくことができません。
先生も、それなら「お母さんも中にどうぞ」と言うことで、妻も付き添い交流学級の方に…。
それで教室に入ってくれるなら…、って入ってはくれず…、結局、教室の中まで妻は入っていかなければならないのです。

妻にはいたたまれない日々が続いたようです。
だってねぇ。幼稚園ならともかく、誰一人として、お母さんが付いてくる、しかも教室の中まで入ってくるお友達なんていないですからねぇ。
毎日、毎日、妻から溜息と愚痴がこぼれていました。

学校側も何の手だてもないまま、1月近くが過ぎようとした頃…、
妻が、とうとうある手だてを実行に移しました。

休み明けの月曜日、支援級担任に相談もなしでしたが、
児童専用玄関に到着するや否や、妻が…、
「先生、支援教室使わせてもらいま~す。」
と言って、とりあえず支援教室に連れて行き、大好きな恐竜図鑑をながめて落ち着いたところで、決めた時間になったら交流学級に向かう。
そして、妻とは交流学級に入る前で「別れの儀式」を済ませ、それでバイバイ、教室に入っていく。

日曜日から、TO君にはこの手だてを説明し、納得させていました。
これで難なく、交流学級にスムーズに入っていくことができるようになったのです。

妻曰く…、
「こういう時、TO君に必要なのは、先の見通しをつけさせることと、少しばかり楽しいことを与えること、そして、一歩を踏み出すためにタイミング良く背中を押してやること」
…だそうです。さすがです。TO君支援のプロフェッショナルですね。

妻自身も限界だったのです。
後で妻は、支援級担任に相談していなかったことをかなり後悔・反省していましたが、先生も特に気にしていなかった(本当は気にしてた?)ようで、「お母さんの思うようにやってください」とおっしゃっていました。
先生もまだTO君のことを熟知していないので、どこまでやっていいかわからないのです。とても優しい、親から見ても「優しすぎる」くらいの先生なのですよ。

障害児の親…特に母親は、「強くならなければ…ならない」のでしょうか。知らず知らずのうちに、「強くはなっている」のかもしれません。でも、「…ならない」のはあまりにも酷なことのような気がします。
障害児に支援が必要なように、障害児の母にも支援と気持ちに寄り添う気持ちが必要なのだと思います。
私も妻の愚痴を聴いてやることしかできませんけど、できるだけ気持ち穏やかに聴くように努力はしようと思います(まわりくど~)。

| | コメント (6)

2008年5月28日 (水)

「舌は?」

一月近く前のことになりますが、ゴールデンウィークの時のことです。
今年のGWは飛び石連休的なお休みでしたので、遠出をするつもりはありませんでした。
…って、毎年、どこにも遠出なんかしてないですけどね。GWはゆっくり身体を休める時です。老体には日頃の疲れを癒す日が必要です…。
中には、休みの日に精力的に遊んでリフレッシュして、また、仕事を頑張るって方もいらっしゃるみたいですが、私はそんなにバイタリティー豊かではありません。だいたい仕事がそんなに好きなわけでもありませんし…。

また、話がどんどんズレてきましたので元に戻します。

しかし、せっかくのお休みに子供達をどこにも連れていかないのも可哀想…。
…ということで、県庁所在地にある博物館に連れていくことにしました。
最近、特にTO君は、『恐竜キング』にはまっているんです(そのはまり具合はまた後日ご紹介します)。
でも、その博物館は、“恐竜”博物館ではなく、あくまで“総合”博物館。以前、まだ子供がいなかった頃に行ったことがありましたが、恐竜の化石の展示が数体あったようには記憶してましたが、果たしてTO君のご期待に沿えるかどうかわかりません。
そこで、“恐竜”の化石があることは、二人には内緒にして、お勉強するところに行くから、そこでちゃんと勉強できたら、トイ○らスとジ▽スコに連れていってあげるからね…という約束をして連れて行くことにしました。

展示コーナーの最初の方は、いろんな動物や昆虫などの展示がされていました。以前行った時の印象より、いろんなものが展示されているような気がしますし、展示の方法も工夫されていました。リニューアルでもしたのでしょうか? ジオラマやシアターを楽しむところがあって、それだけでも子供達は結構楽しんでいたようでした。

“恐竜”の展示コーナーは、一番奥の方にありました。私は先回りして、どんな展示だったかチェック…、

「おー! “コレ”があれば、TO君も満足してくれるだろう…」と確信し、子供達のところに戻りました。

いよいよ、“恐竜”の展示コーナーに二人が入っていきます。
最初は、二人とも「キョトン」とした表情でした。まさか、ここで“恐竜”の化石が見られるとは思ってなかったでしょうからね。
その後、少しずつ実感してきたのか、TO君は今にも小躍りしそうに…、足はスキップでも踏んでいるような足取りで、“ソノ”恐竜の化石を見上げていました。そのうれしそうな表情といったら、何とも言えませんでした。

“コレ”、“ソノ”恐竜とは…?、
TO君がこよなく愛する“ティラノサウルス”です。

あー、良かった。ティラノサウルスの化石があって…、私達夫婦もホッとしました。連れてきた甲斐がありました。

一方、KO君はと言うと…、超ーマジメな性格の持ち主は、マジで勉強だと思っていたらしく、少々お疲れのご様子。
そして、博物館を出てから、妙におとなしくて元気がありません。
車酔いでもしたのかと心配になって聞いてみると、どうもTO君が大喜びした“ティラノサウルス”の化石の迫力に、「もしもこれが本物だったら?、どうしよう…」という想像が膨らんで、びびっていたようでした。
かなり小心者のKO君です(誰に似たんだ?…私でしょうねぇ)。

…で、記事名の「舌は?」というのは…、

TO君です。“ティラノサウルス”の化石を見上げながら、一生懸命言うんです。

「ねぇ、ねぇ、お父さん! 舌は? 舌は?」

舌に骨なんかないー!って。

TO君はトイ○らスで、しっかり、ティラノサウルスのディノテクターを装着したソフビフィギアをお買いあげでした。
夏休みにはもうちょっとだけ遠出して、恐竜の化石の展示物がもう少し多くある博物館に連れて行ってあげようかな…と計画しています。

| | コメント (2)

2008年5月20日 (火)

クールダウン

引っ越しして1年が経過しました…、ということは、私にとって初めての長時間(?)通勤も1年経ったわけです。
だって、小学校は徒歩で20分、中学校も徒歩で15分、高校は自転車で10分、大学は(遠方でしたが)間借りしてたところから徒歩で10分、働きだしてもたいてい近場のアパートに住んでましたので、車でも15分以上かかる通勤をしたことがありませんでした。
ですから、例え、片道40分と言えども、私にとっては「長時間通勤」なのです。 「何を甘えたことを!」とお叱りを受けそうですが、私にとってはやっぱり長時間でした。

これが公共交通機関があれば…、その間に読書もできるし、寝たければ寝ればいい…とも思うのですが…、確かにバスはあるのですけど、1時間くらいおきにしか出てません。それに、例え、往きは良くても、帰りが午後6時台くらいが最終だったと思うので、とてもじゃないけど利用不可能です(そんなに早くは帰れません)。

本庁勤めの頃、特急電車で片道1時間強通勤している後輩がいたのですが、電車通勤なら朝早くから夜遅くまで運行している。それに、上記の理由(読書、睡眠)からいいのだろうと思っていました。
でも、その後輩は、「電車より車の方がいいですよ。結構電車も面倒ですよ。」と言っていました。その後輩が言うには、「時刻表を気にして駅に向かったり、逆に時間があったらその時間をどうつぶすか」とか結構辛かったということでした。確かに都会のように、駅で待ってたら電車が来るわけではないですからねぇ。それにお酒呑んだ時なんかは、寝てしまって隣県まで乗り過ごしたこともあったようです。…ははっ!って、私もやったことあるので、人のことは笑えません…。

長時間通勤し始めた頃は、やっぱり辛いなぁって、結構疲れが出て土日は身体が動かないことが多かったです。でも、半年もすると、「慣れ」てきましたね。
そうすると、片道40分の通勤時間がそれほど気にならなくなりました。日常化してきたのですね。
それに、ある「効果」もあることに気付き始めました。それが「クールダウン」です。

今考えると、引っ越しする前、職場から車で5分のアパートに住んでいた頃は、職場での「お仕事モード」の自分をそのまま自宅に持って帰っていたような気がするのです。職場でイヤなことがあったりすると、そのストレスまで一緒に持ち帰って、そんな時に妻や子供達のことで少し「イラッ」とすることがあると、とても不機嫌になっていたような気がします。

今は、自宅に帰り着くまでに40分もあります。車通勤ですので本は読めませんが、何してるかと言うと、カーステのボリュームあげて絶叫して歌っています。「一人カラオケボックス」状態です。
これが、いいんですよ。職場でイヤなことがあっても、確かに車に乗った直後は、ムカムカきてるんですけど、歌っている間にそんなイヤなことはどこかに忘れてしまっている…。家帰ってからも少しは覚えている時もありますけど、何か少し落ち着いて考えられているような気がします。

朝の出勤の時も同じです。以前は、子供達を幼稚園に送っていって、ほとんどギリギリに出勤していました。ですから、「自宅モード=子育てモード」を引きずったまま出勤していたような気がします。そして、「お仕事モード」に切り替わるまでしばらく時間がかかっていました。試験の予定がある時もバタバタと準備していたように思います。

出勤時も、帰り同様に「一人カラオケボックス」状態なのですが、ちょっと違うのは、歌いながらでも今日の仕事の段取りを考えながら歌っているということです。
職場にも余裕をもって到着しますから、始業時間前から試験の段取りもしてますし、通勤時間の間にゆっくりと「お仕事モード」になって気分良く仕事ができる状態になっています。

これが、電車やバスの公共交通機関での通勤だったら…、おそらく私の場合、ストレス溜まりまくりだったかもしれませんね。

こういう、「一人の時間」…貴重なのかもしれません。

| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

1年経ちました

また、blog を放置しております。
毎日、仕事が忙しくてですねぇ。土日もぐったりです。

あぁ、でも、土日は「今日はお父さんと何して遊ぼう!」と、双子等が手ぐすね引いて待っとられるものですから、おちおち休んでいる暇もありません(それで blog も書く暇ありません)。

どうしてもダメなの時は、だいたい昼食後無言で寝室に入って寝ています。
しばらくすると、妻の「お父さん、どこ行った?、寝てるの?」と言う声と、わかってるクセにガラガラと寝室の戸を開く音がして、これまた見りゃわかるだろうに、「寝てるの?」と聞かれます。
→この時、妻が確認したいのは、「何時まで寝るの?」ということらしいですが…。「寝られるだけ寝たいんだよー」って…。

ところで…、
この我が家に引っ越して来て、早いもので1年経ちました。
子供達にとっては、幼稚園の転園・卒園、そして、小学校への入学。
私にとっては、初めての長距離(?)通勤、そして、妻の両親との同居。
妻も子供達への対応などと、それぞれ環境が激変した1年でした。

しかし、この家を建てて、家族が集まり、安らげるところがあるということは、とても幸せで良いものだと思っています。おそらく、この家で暮らす皆がそう感じていることと思います(頑張って借金返さなきゃ! 手放すわけにはいかないぞ!)。
今日は、夕方、中庭の菜園を囲み、妻のお父さんから、菜園に植えた野菜のことを子供達に話してもらいました。収穫の時には、子供達に手伝ってもらうということでした。
私の職場の近くから採ってきた、カブトムシの幼虫もすくすく育っているようです。そして、中庭に植栽したイロハモミジも葉を青々と茂らせています。

私がこの家で一番気に入っているのは、やっぱりこの間取りでしょうか…。
私達4人は2階に居室があるので、当たり前と言えば当たり前なのですが、私は妻の両親の存在を普段ほとんど気にしないで済みます。それにお風呂場は1階で共同ですが、その位置も両親の部屋から離れたところに設置していただいたので、夜遅くに入っても全く気を遣う必要がありません。
妻の両親の部屋は、1階の玄関すぐのホール横なのですが、入ってすぐはキッチンで、居室はその奥に位置しているので、お互いにお互いの存在を気にしないで良い造りになっているのです。
こういうのって大事なことなんですよね。私にとっては、やはり、実の親ではないので、いつも顔を合わせれば、お互いに気を遣ってしまいますから、この造りは、とてもありがたいと思っています。
(ここ数年、実の親との間の方が疎遠となっていますが…)

ちなみに、玄関すぐのホール…結構広くて、妻はとても重宝しています。今は、第2の子供部屋化してますかねぇ。こういう無駄な(?)…と言ったら語弊はありますが、こういうスペースがあるととても便利ですね。

他にも、床から40㎝上がった畳リビング、そこから望む中庭の菜園&イロハモミジ、私の方がこだわった(?)キッチン、狭いけど本がいっぱい置ける書斎、そして中2階のために、2階からまた少し階段を上がった寝室(天井が低くてとても落ち着きます)…etc.
こういった、私達の家創りへの想いを、実現してくださった建築家の方には、本当に感謝しています。
ai 様、本当にありがとうございます。とても、快適に暮らさせてもらっていますよ。ai 様に設計をお願いする他のお施主様のように、とてもオッシャレーではなく、かなり生活感丸出しの暮らしですが、本人達はとても快適です。もう少し、こうしたらスッキリするのにというのはあるのですが、それもボチボチしていこうと思っています。

ゆっくりですが、更に自分達の家にしていこうと思っています。
子供達は、将来どうなるかわかりませんが、今は…「ずっと一緒に暮らす。お嫁さん連れて来て、みんなと一緒に暮らす。」と言っています。…そういうのもホント、悪くないけどなぁ…。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »