« オセロ | トップページ | クールダウン »

2008年5月19日 (月)

1年経ちました

また、blog を放置しております。
毎日、仕事が忙しくてですねぇ。土日もぐったりです。

あぁ、でも、土日は「今日はお父さんと何して遊ぼう!」と、双子等が手ぐすね引いて待っとられるものですから、おちおち休んでいる暇もありません(それで blog も書く暇ありません)。

どうしてもダメなの時は、だいたい昼食後無言で寝室に入って寝ています。
しばらくすると、妻の「お父さん、どこ行った?、寝てるの?」と言う声と、わかってるクセにガラガラと寝室の戸を開く音がして、これまた見りゃわかるだろうに、「寝てるの?」と聞かれます。
→この時、妻が確認したいのは、「何時まで寝るの?」ということらしいですが…。「寝られるだけ寝たいんだよー」って…。

ところで…、
この我が家に引っ越して来て、早いもので1年経ちました。
子供達にとっては、幼稚園の転園・卒園、そして、小学校への入学。
私にとっては、初めての長距離(?)通勤、そして、妻の両親との同居。
妻も子供達への対応などと、それぞれ環境が激変した1年でした。

しかし、この家を建てて、家族が集まり、安らげるところがあるということは、とても幸せで良いものだと思っています。おそらく、この家で暮らす皆がそう感じていることと思います(頑張って借金返さなきゃ! 手放すわけにはいかないぞ!)。
今日は、夕方、中庭の菜園を囲み、妻のお父さんから、菜園に植えた野菜のことを子供達に話してもらいました。収穫の時には、子供達に手伝ってもらうということでした。
私の職場の近くから採ってきた、カブトムシの幼虫もすくすく育っているようです。そして、中庭に植栽したイロハモミジも葉を青々と茂らせています。

私がこの家で一番気に入っているのは、やっぱりこの間取りでしょうか…。
私達4人は2階に居室があるので、当たり前と言えば当たり前なのですが、私は妻の両親の存在を普段ほとんど気にしないで済みます。それにお風呂場は1階で共同ですが、その位置も両親の部屋から離れたところに設置していただいたので、夜遅くに入っても全く気を遣う必要がありません。
妻の両親の部屋は、1階の玄関すぐのホール横なのですが、入ってすぐはキッチンで、居室はその奥に位置しているので、お互いにお互いの存在を気にしないで良い造りになっているのです。
こういうのって大事なことなんですよね。私にとっては、やはり、実の親ではないので、いつも顔を合わせれば、お互いに気を遣ってしまいますから、この造りは、とてもありがたいと思っています。
(ここ数年、実の親との間の方が疎遠となっていますが…)

ちなみに、玄関すぐのホール…結構広くて、妻はとても重宝しています。今は、第2の子供部屋化してますかねぇ。こういう無駄な(?)…と言ったら語弊はありますが、こういうスペースがあるととても便利ですね。

他にも、床から40㎝上がった畳リビング、そこから望む中庭の菜園&イロハモミジ、私の方がこだわった(?)キッチン、狭いけど本がいっぱい置ける書斎、そして中2階のために、2階からまた少し階段を上がった寝室(天井が低くてとても落ち着きます)…etc.
こういった、私達の家創りへの想いを、実現してくださった建築家の方には、本当に感謝しています。
ai 様、本当にありがとうございます。とても、快適に暮らさせてもらっていますよ。ai 様に設計をお願いする他のお施主様のように、とてもオッシャレーではなく、かなり生活感丸出しの暮らしですが、本人達はとても快適です。もう少し、こうしたらスッキリするのにというのはあるのですが、それもボチボチしていこうと思っています。

ゆっくりですが、更に自分達の家にしていこうと思っています。
子供達は、将来どうなるかわかりませんが、今は…「ずっと一緒に暮らす。お嫁さん連れて来て、みんなと一緒に暮らす。」と言っています。…そういうのもホント、悪くないけどなぁ…。

|

« オセロ | トップページ | クールダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オセロ | トップページ | クールダウン »