« 特別支援級の使い方 | トップページ | 夏休み »

2008年6月26日 (木)

「同じタイプだよねぇ」

「同じタイプだよねぇ」

…こう言ったのは、KO君です。

KO君とTO君は別のクラスにしてもらいましたが、KO君のクラスに授業中ほとんど寝て過ごす、仮称S君という男の子がいたのでした。

KO君は、毎日のように、「今日ね。S君がね。こんなことしたっちゃが~。」と私達に報告していました。
KO君によると、授業中、S君はほとんど先生の言うことも聴かず、寝てすごしている。いつもハサミを持っていて、何でもかんでも切り刻む。切り刻んだ紙は、机の廻りに散らばり、それを片付けるのは本人ではなく、いつも周りのお友達(KO君含む)…なんだそうだ。

私も実は入学式の時に、その子の存在に気付いていました。
だって、入学式の間、その子はずっと爆睡していたのですから…。 担任の新入生氏名点呼にも何の反応もみせず、ひたすらうなだれていました。
KO君のクラスにえらいな子がいるなぁ。入学式前日に寝不足か? まさかねぇ。 それとも何かあるのか?、肝っ玉が据わっているのか…そんなわけないか。…と思っていました。
ですから、KO君からS君の話を聞いて、すぐにあの子だとわかりました。

妻もS君のことは知っていました。
TO君は集団登校の中で、妻が付き添って学校に行っていますが、S君は集団登校では行けないようで、毎朝、お母さんが連れてきていたようです。
そして、なかなか校舎の中に入っていくことができず、学校側も教頭先生が対応したりしていたようでした。

お母さんも手を焼いている様子。でも、一緒に連れてきている、幼いきょうだい児に向かって、

「あんなバカなお兄ちゃんはいらんよねぇ。」

…と言っていたそうです。はぁ~(ため息…です)。


そして、KO君からは一時も経たないうちに、
「ねぇ。ねぇ。S君て、TO君と“同じタイプ”でしょ。」
という発言があったのでした(よくおわかりになりましたね。立派な理解者になれますよ)。

私達夫婦は、別に専門家じゃぁありませんので、当然ですが診断するわけにはいきません。でも、このS君は、TO君と同様に『生きにくさ』を抱えていることは間違いないと思います。
S君のお母さんも、そんな発言してないで、自分の子供が何でそういう行動をとっているのか、もっと真剣に考えてみたらいいのに…とも思いますが、「知る」ことがなければ無理ですよねぇ。
私達も、そのご家族のことは、幼稚園の時からの知り合いでもありませんでしたし、特別仲が良いわけでもないし何も言えないです(仲が良くてもなかなか言えない…と思うけど)。
まぁ、人ごとながら「心配だなぁ」と気にすることしかできませんでした。

上記の文章…全て過去形で書いてきましたが、
実は、このS君家族…家庭の都合でゴールデンウィーク明けに県外に引っ越していかれました。
小学校側も、支援の必要性を感じ、本格的に支援に入ろうとした矢先だったようで、先生方もとても心配されていたようでした。

引っ越した先の、小学校が特別支援教育に熱心に取り組んでいて、理解のある担任の先生に恵まれることを願うばかりです。

先日、KO君のクラスの懇親会に妻が行ってきました。
KO君のクラス担任が、「S君はまた転校したらしいです。」と言っていたそうです…。

理由はわかりませんが、ん~、ホントに人ごとなんだけど、「大丈夫かなぁ?」…と心配になります。
よそのお宅の子供の心配をしている余裕はないんだけど、ついそう思ってしまいます。
これからS君にとって、良き理解者ができることを祈るばかりです。

|

« 特別支援級の使い方 | トップページ | 夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特別支援級の使い方 | トップページ | 夏休み »