« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年7月27日 (日)

『写真』

久々に音楽ネタでも…

』に書いたように、最近、車の中ではコブクロを熱唱しています。
妻が大好きで、昔のアルバムを結構集めましたので、知った曲がだいぶん増えました。
どれも良い曲です。ただ私は声が細いので、黒田の声は結構つらいですね。

他によく歌うのは、『Progress by コクア(スガシカオ)』、『奏 by スキマスイッチ』、『さくら by 森山直太朗』…etc.(あと、『千の風になって』も…ウケねらい?です)。
それから平井堅の曲かなぁ。
昔だと『LOVE LOVE LOVE』はよくカラオケで歌ったし、『瞳をとじて』はKO君も大好き。

アルバム・『fakin' pop』には、子供達の大好きな『POP STAR』。私がカラオケでよく歌う『美しい人』が入っています。他にも『君の好きなとこ』、『バイマイメロディー』…。

でも、妻には平井堅は不評です。「歌詞が女々しい」、「息継ぎの仕方がいや」と言っています。
いや、確かに女々しい曲が多いというのはわかります。 昔の『even if』は特に女々しい…。気持ちはとてもわかりますけどね。
しかし、『いつか離れる日が来ても』は、そんなに苦しいなら次の人に乗り換えればいいのに…と思ったりはします。
妻に言うと、「あなたはそういう人よねー!」と言われてしまいました。

『fakin' pop』の最後には、『写真』という曲が入っていました。
どうも、お父さんを亡くされた時の歌のようです。

歌詞は、いきなり…、
「写真立てのあなたに どんどん似ていく僕が 少し照れくさいけれど 少しうれしい」

うわぁ、絶対歌えない…と思いました。『』同様…。
blog を読んでいただいている方はご存じでしょうが、私の両親は、私が中3の時に離婚しています。
その時、私は母に、「離婚しないのならオレがこの家を出ていく」と強迫しました。
また、高1の時にふと家に戻ってきた父親に向かって、「出ていけ!」と言って追い出しました。

平井堅の曲なので、そんなふうに考えなくてもいいのですが…、
自分に照らし合わせると、「似てたくもないし、ましてうれしくもない、むしろ腹が立つ」…と・・・。

でも、すぐに考え直しました。
この曲、縁起でもない話だけど…、
『自分が死んだ時にKO君にこう思ってもらえるように、そういう生き方をしてみたい。』
KO君に対して、恥じない生き方をしたいと思いました。

なぜ、TO君ではなくKO君かと言うと、KO君は見た目も性格も、かなり私に似ていると思います。
でも、だからこそ、私はKO君の弱い部分、嫌な部分が見えてきます。それは、そっくり自分自身が持ち合わせている弱い部分、嫌いな部分なのです。

今は、身体も何もかも大きなお父さん(私)ですが、いずれKO君が成長して、いろんな意味で私を追い越していく(追い越していって欲しい)と思います(身体の大きさは追い越すなー!)。
その時、多分、今私が思っているように、父親の中にKO君自身が持つ弱さなんかを感じていくのかもしれません。

私自身は、父を超えるとか超えないとか、そんなことを感じることさえなく、その存在自体を捨ててしまいました。
でも、KO君に対しては、バカにされようが、嫌われようが、“超えていく(超えなければならない)存在”でありたいと思います。

| | コメント (0)

2008年7月26日 (土)

伝わらない…

幼稚園卒園時に、お友達にTO君の特性について妻が話をしたことを書きました…『伝わる』。

小学校に入学して交流学級には、幼稚園でTO君と同じクラスだったお友達がたくさんいます。
その当たりは、小学校側も配慮してくださったのかもしれません。

先日、PTA・バレーボール大会に妻が行ってきて(応援のみ)、その時に、お友達のお母さんから次のように言われたのだそうです。

「うちの子、『TO君とは幼稚園から一緒だし、TO君はおもしろいからいいんだ』って言ってたのよ。」

確かに、TO君は変わってるところもあるけど結構ひょうきんなところがあって、おもしろい奴なんだそうです。こうやってありのままのTO君を受け入れてくれるお友達もいるのだと、とても安心させられました。本当にありがたいことです。
そして、妻が話したことは、ちゃんと『伝わっている』のだと、うれしい気持ちになりました。


それなのに…、
他人にさえ…、子供にさえ…、『伝わっている』のに…、


私の母から手紙が届きました。
A4・3枚のワープロ書き…、乱筆・乱文の手書きの文章よりは、何を書いてあるのか解読可能ではありました。
しかし、以前からの私が伝えている“問い”に対しての返答は、一行・一言たりとも触れられておらず、完全に無視されていました。
そして、その内容のほとんどは『自分のこと』ばかり…。自分がここ最近どんなにたいへんなことをしているか、そんなことばかりが羅列され、私達家族にとっては何の関係もない話しばかりが書かれていました。

そればかりか…、
私達家族…TO君のことについて、やっと書かれている箇所があるかと思ったら…、

*****************************************************
アスペルガーの本を読んでいます。
親を殺すとか、人を殺すとか多いので心配でしょうが、TO君を信じて教育と愛情を注いでください。TO君は、まだこれからの人です。いつかは私もTO君に関わることができる日がくることを信じています。
*****************************************************

…と、こうです。本当にこれだけですよ。
呆れてものが言えません。

TO君は、いつアスペルガー症候群と診断がついたのでしょう? そんなこと誰も言ってません。
アスペルガー症候群の人は、「親を殺し、人を殺すことが多い」のだそうです。どんな誤った本を読んでいるのでしょうか?(きっと勝手な解釈をしているだけでしょう…) アスペルガー症候群の人やその関係者(“発達障害”全般もですけど…)が聞いたら激怒しますよ。
こんな誤った認識しか持てない人に、TO君と関わってもらいたくはありません。
よくもまぁ、実の孫のことについて、こんないい加減なことを言えたものです。
念のため言っておきますが、本当に何の脚色していません。削除したところも、追加したところもありません。A4・3枚の中に、私達家族…TO君のことについて書かれているのは本当にこの部分だけです。あとは全て手前勝手な言い分ばかりなのです。

この手紙…、実は随分前のことになりましたけど、小学校入学式の前日に送りつけられてきたものです。
私達が、翌日の入学式に備え、小学校の式会場の事前見学やスケジュール、段取りを考え、TO君にわかるように伝えている…そんな大事な時にです。
それに、この手紙には、KO君、TO君に対し、「入学おめでとう」の一言も書いてないのです。

“憤り”という文字では表せないくらいの感情を抱いてしまいます。

この母からの手紙で確信をしました。
間違いなく、母は、二度と孫の顔を見ることなく、死んでいくでしょう。
私は絶対に会わせません。

そして、絶対に許さない。死んでも許さない。

| | コメント (2)

2008年7月24日 (木)

伝わらなくとも、伝えなくてはいけないこと&モンスターペアレント?

随分、以前の話しになってしまいますが…、
6月初旬に第2回のケース会議を行いました。

目的は、これからTO君が『真っ当な社会人になる』ということを目標に、小学生である今から、必要とされる支援者・専門家の方々からのご指導・ご助言を仰ぎたいということ…でした。
メンバーは、特別支援教育コーディネーターのY先生、言語聴覚士のH先生、発達支援センターの先生方です。
今回は、妻が主導で各方面にコンタクトをとり、日取り・日程などを調整していました。
もちろん、最終的な会の進め方などは、Y先生の方で調整していただきました(いつもありがとうございます)。

学校側は、第1回の時とメンバーとガラッと代わってしまい、学校長、副校長、教頭(第1回も出席)、交流学級の担任でした…。

…で、何か「おかしい」と思いません?
そうなんですよ。学校側のメンバーに、特別支援級の担任=TO君の担任が欠席なんですよ。
それも、この事態がわかったのは、ケース会議開催の数日前。
何でも出張が入ったらしく、詳しいことはわかりませんが、支援級の担任は出張に行かずにケース会議に出席したいと言ったらしいのですが、誰かさんが「出張に行け!」と言ったんだそうです。

「誰かさん」が誰かなんて言いませんが、でも、そんな権限持っているのはお一人しかいないからわかりますよねぇ。

まったく、何考えてるんでしょうね。この日のために一生懸命関係者と連絡取ってきた妻は、かなりお怒りでした。

それで、この事態に憤慨した私達夫婦は、「こりゃー、舐められたらアカン!」と、当初の予定では、ケース会議の最後に両親代表のお礼の挨拶ということで、父親である私が一人、挨拶することになっていたのですが…、
夫婦で、「伝えたいこと」を話し合っている間に、「やっぱり、それぞれに言った方がいいんじゃないか」ってことになりまして、二人してそれぞれ原稿作りまして、当日、学校側は簡単に終わらせようと思ってたかどうかは知りませんが、最後にど~んと時間とりましてしゃべりたおしてきました。

私なんか、普通の保護者は持っているはずのないもの(職権乱用?で入手…こんなもの「ご自由にお取り下さい」はないだろう…と思いながら、「しめしめ」と持ち帰りました)まで持ち出して、私達夫婦の想いを伝えました(一応、言葉は選んだつもりですし、いろいろと入学式やその後の対応など、感謝している点については、きちんとお礼は申し上げたつもりです)。

特別支援教育コーディネーターのY先生には、私達が望んでいる関係機関との連携、協力、支援のネットワークについて、自作していただいた資料や参考になる資料を持ってきてもらい、学校側に丁寧にご説明していただきました(本当にありがとうございます)。
私が「伝えたいこと」は、Y先生が代弁してくれました。だから、これ以上言わなくても良いかなぁとも思ったのですが、ケース会議…そうそうこのメンバーが揃って、学校側のそれぞれお立場の方々にお話を聴いていただける機会はないと思いましたので、用意した原稿は全て読み上げさせていただきました。

「モンスターペアレント」…、Y先生が用意された田中康雄先生の資料にありました。
ケース会議の後、Y先生も、「お二人ご夫婦は違うわよね。」とおっしゃって下さいましたが、私達夫婦も、学校側に「何かをしてくれ」、「もっと手厚い支援をしてくれ」などとは一言も言ってないと思います。
家庭でできることは、妻がいろいろ考えてやっています。毎日の時間割・スケジュールだって、毎日妻が手書きで作成し持たせています。TO君の反応で先生方が困っていることがあれば、家庭で言い聞かせもします。参観日の様子を見て、不適切な行動・言動をTO君がしていれば、それも言い聞かせ、家庭でできるTO君の遠隔操作はやっているつもりです。

学校側にお願いしたいことは、単に、「これからのことを見据え、関係機関と連携をとっていくために、学校内に支援者・専門家が入ることを承知していただきたい」…それだけなのです。
「学校側の対応が悪い」、「教え方が悪い」…そんなことを指摘してもらうために、専門家を入れたいわけでは決してないのです。

ケース会議の最後、学校側からのまとめで、少しは私達が「伝えたいこと」を理解してくださったようでしたが、一癖二癖ありそうな方なので、本当に伝わったかどうかはわかりません。

案の定、後日、電話があり…、

「TO君の個別指導時間を増やしたいのですが…」

妻は、「TO君には、国語と算数だけということで説明している。これ以上個別指導時間を増やすことは、TO君を混乱させるし、説明できない」と言ったそうです。

すると…、

「いやいや、そうではなくて、ちゃんと『伝わらなかった』ようですが…、実は他に支援が必要なお子さんがいるので、特別支援級の担任にその子のために時間を割り当てたいのですが…。」

…ということだったらしいです。

最初から素直にそう言えばいいのに…、かえって不信感が増しますけど…(最初に“飴”でもぶら下げてみたおつもりですか?)。

特別支援級の担任が、他のお子さんの対応に入るのは、うちとしてはTO君の対応に支障がないようにしていただけるのであればいっこうに構わないと考えています。あまりべったり状態もよくないと考えていましたので…。

しかし、この特別支援級の担任は、学校全体の特別支援教育コーディネーターも兼任していらっしゃるようですが、通常学級に在籍している支援を要する他のお子さんへの対応まで、この先生お一人に押しつけるというのは、特別支援教育の基本的考え方から逸脱しているように思いますがいかがなものでしょう。
その当たりのリーダーシップをとるのが、「誰かさん」のお仕事ではないのでしょうかね?
もう一度、私が持ち出した冊子を読み直された方がよろしいかと思います。

| | コメント (0)

2008年7月22日 (火)

1年点検

引っ越しして1年が経ちましたが、この連休の初日、建築家の方、工務店の担当の方に来ていただいて、我が家の「1年点検」をしていただきました。

特に不具合を感じているわけではなく、とても快適に過ごしているのですが、数点ほど気付いた点をお願いさせていただきました。また、内装や建具の具合、天井・壁・床に設置してある点検口内部の具合、外装の具合等をチェックしていただきました。
工務店さんには、また、改めて対応をしていただけるとのことでした。よろしくお願いします。

こうやって施工後も、関係者の方々に我が家の具合をみていただけるというのは、本当に安心して暮らせるというものです。本当に感謝いたします。

それから今回、この日に併せて、予備室のエアコン増設も行いました。
関係者の方々にはご面倒をおかけしたのですが、室内機・室外機の本体は大手電気店で安~いモノを購入し(おそらく、年に2~3回しか使わないので…)、取り付けだけは、この家の電気関係の施工をしていただいた電機屋さんにお願いしました。

これまで転勤のたびに引っ越しを繰り返してきたわけですが、大手電気店請負の電機屋さんのお仕事に少なからず不信感を抱いておりました。
今回は1年経過したとはいえ、(借金だらけですが…一応)持ち家ですので、何か不都合があっては困ります。ですので、この家の建ち上げの時から関わってくださっている電機屋さんに是非お願いをしたかったのです。

1年点検と同時にしたこともあり、建築家の方、工務店の担当の方とも図面で確認をしながら取り付け位置等を決めることができ、安心して施工をお願いすることができました。

これで、この夏のお盆に、私の弟家族が遊びに来ても、泊めてやることができます。
(昨年は、弟も泊まりたがっていたのですが、我が家にお金の余裕がなくて、エアコンを設置することができませんでしたから…)。
双子達も、おじちゃん(私の弟)と会えること、遊ぶことを楽しみにしていますので、喜んでくれることと思います。

1年点検…連休の初日にお時間を作っていただき、本当にありがとうございました。今後とも、家のメンテナンスなど、いろいろとご相談にのっていただきたいと思います。よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2008年7月21日 (月)

夏休み

私が blog を1ヶ月間放置している間に、双子達は夏休みに入りました。

なんと、TO君…皆勤賞です。1日も休まず学校に行きました。大きなパニックを起こすこともなく、無事に1学期を終えることができました。
そして、なっなっなんとっ!、給食も1回も残さず全て毎日完食してきたのです。
あの、好き嫌いの多かったTO君が…、あの、白ご飯とミニトマトしか食さなかったTO君が…ですよ。
嫌いなメニューの時は、なかなか箸が進まず、給食時間ギリギリセーフは何度もあったみたいですけどね。
それでもエライですよ。

KO君は…、残念ながら1日だけお休みしました。でも、それは明け方に自分で鼻をいじっていたらしく、それで鼻血が出て明け方から大騒ぎ。ちょうど学校に行く時間になって、どうしても眠くなってしまって、学校行けなかっただけでした。
KO君が行かなくても、TO君もちゃんと学校に行けたんですよ。当たり前と言えば当たり前だけど、それもエライ!です。
KO君の給食の方は…、こちらは何の心配もありません。毎日、大盛りに盛られた給食をすごいスピードでたいらげているようです。「お父さんみたいになるなよー」って忠告してます。

1年1学期が終業したということは…、
そう、初めての「通知票」を持ち帰ってきたということです。
今の通知票は、私達の頃とはずいぶん違っているので、その評価方法はよくわかりませんが、二人とも「そう悪くはなかった」と思います。まぁ、一応ホッとはしました。
評価の部分よりも、先生方が先生ご自身の言葉で書いて下さっている「所見」の部分に、何と書かれているのかということの方に興味がありました。
KO君も、TO君も、小学校生活を送る中で、先生との関係、友達との関係、学校生活、もちろん授業もですが、自分のカラーを出しながら頑張っている様子が書かれていました。そちらの方が、正直ホッとしたわけです。先生方にも、そういった内容のことを書いてくださっており、本当にありがたく思っております。

夏休みを迎え最初の休み、ちょうど3連休ということで、かなり子供達に関わりました。
私達の時代からすると、夏休みといえば「夏休みの友」だったと思うのですが、最近は「夏休みの友」ってないのですね。先生が作る宿題を、次の登校日までに仕上げて提出することになっているようで、登校日にはまた次の登校日までの宿題をもらってくるのだそうです。
誰が考えたのか知りませんが、夏休み終わりまで宿題を溜め込んでしまう子供の防止でしょうか? 良い案だと思いました。

久しぶりに、TO君の勉強を見ましたが、正直、感動しました。
1ページに100問あった計算問題…、最初は「半分やって明日にする」とのんきなことを言っていましたが、そんなペースでは次の登校日までに間に合いませんので、「このページは全部、それと次のページもね。」と言って頑張らせました。
終わってみて(時間がどのくらい経過していたのかはわかりませんが、そうかかったわけではありません)、丸付けをしましたが、100問の計算問題は間違ったのは3問だけでした。
ここまで、TO君の力を引き上げてくださった、特別支援級担任の先生に本当に感謝します。
(妻もたいへんだったでしょう。毎日、このマイペースなTO君の宿題をみてたのですから…)
まだまだ、手の指を使いながらなのですが、自分で考え理解しながら答えを導き出しているTO君の様子を見て、ホッとしたところでした。
社会で生きていくための最低限の「読み・書き・計算」能力はつけてもらいたいと思っています。

一方、KO君ですが…、やっぱ違うかねぇ、とつい思ってしまいますが、1ページを終わらせるスピードの違いは歴然です。どんどん宿題を片付けていこうとします。
妻が、「そんなに速く片付けても、別のドリルをしてもらうよ。」と言うと、
「うん、それもするよー!」と俄然やる気です。
そのやる気と速さだけは尊重しますが、とてもそそっかしい間違いをするし、問題をよく読まずに自分勝手な解釈をして答えを書いていることが多いのです。

それと、ことある毎に、「ボクできるよ~!」「わかるよ~!」と自信満々な発言をするのです。
…で、実際はわかってないこと多数なのです。こいつもこいつで気をつけなければいけません。
しかし、誰に似たんでしょう? こんな自信家の遺伝子は…。私も妻も持ち合わせていないはずなんですけどねぇ…(私も妻も小心者です…)。

夏休み…、せっかくついた「読み・書き・計算」能力をきれいさっぱり忘れないよう、また、生活のリズムもあまりくずさぬよう、頑張っていきたいと思います(でも、いいなぁ。夏休み…。私も1日でいいから休んで誰にも邪魔されずゆっくりしたい…。無理か…)。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »