« 子供の扱い方 | トップページ | 「輪の中」に入れたら…そして医師の役割 »

2008年10月 6日 (月)

「もやしもん」にはまる…

「もやしもん」…ってご存じですか?

私はほとんど、漫画本を読むことはないのですが…、

以前は読んでたんですよ。もちろん子供の頃は読んでたし、就職してからも、わずか1年足らずの独身生活でしたけど療生活で、みんなで分担して週刊誌を買って回し読みしていました。私の担当は「マガジン」だったかなぁ。
最近では、週刊誌を読む暇はないし、せいぜい出張に行った時に電車や飛行機の中で暇つぶしに買って読むくらいでしょうか。でも、それもあまりしないかなぁ。出張には、かならず何か本(発達障害関係 etc.)を持っていくしなぁ。

…で、この「もやしもん」は、週刊誌(隔週?)の「イブニング」で連載されているものらしいです。
ある東京の農大を舞台に、主人公の沢木惣右衛門直保(すごい名前)、その幼なじみの結城蛍、その他農大の仲間達が展開する、さまざまな騒動がストーリーです。何と言っても、主人公・直保は、菌が見えるという特殊能力の持ち主。その第2の主人公である『菌』たちが活躍?するという、とんでもないギャグ漫画です。
正直言って、ストーリーに主題があるのかないのか?、わけわからない漫画です。
ただ、主人公の『菌』が見えるというとんでもない特殊能力と、そのキャラクター化された『菌』達が、実物の特徴をとても上手く表していて、またその動き等がユーモラスで愛らしいというのが“売り”でしょうか。


私がこの漫画を知ったのは、ここ数年一緒に共同研究をさせていただいている某大学教授から紹介されたからなのです。
その教授…、共同研究の打ち合わせ会議の席に、いきなりこの漫画の単行本を持ってこられて…、

「これ、皆さんに私からのプレゼントです。」

と言って、渡すんですよ。
手渡されたみんなは、どういう反応していいやら、「???」です。
後で、ちゃんと種明かしはしてくれましたけどね(それは言えません)。


ところで、この「もやしもん」…アニメ化されて、先日までスカパーでも放映されていました。
双子達…、私がこの漫画本を読んでいるのは知っていて、スカパーで放映されるのを楽しみにしていました。

そして放送を見た双子達は、この『菌』達がとても気に入ったようで、妻にイラストを描かせたり、自分で工作したり、『菌』の名前を一生懸命覚えようとしたりしています。

それで、「どの『菌』が好きなのか?」と尋ねると、

KO君は、
「Aspergillus oryzae(アスペルギルス・オリゼー)と A. niger(アスペルギルス・ニガー)」という答え。

TO君は、
「Aspergillus oryzae(アスペルギルス・オリゼー)」は同じでしたが、それに加えて「Bacillus natto(バチルス・ナットー)」という答えが返ってきました。

A.オレゼーは、コウジカビです。主人公・直保の肩や頭に乗っていて、『菌』側の主役的存在です。これが好きだというのは、よくわかります。ちなみに、A.ニガーは黒コウジカビです。この2つ、形はほとんど一緒として描かれ、ニガーの方が名前どおり、分生子(≒胞子と書いた方がわかる?)等の色が黒色ということで描かれています。KO君は、この微妙な違いが好きなのでしょうか?

一方、これらに加えて、B.ナットーをあげる当たりが、TO君らしいです。名前のとおり納豆菌ですが、マニアックです(あくまで、この漫画の中での話ですが…)。
TO君は毎朝、「口の中に、バチルス・ナットーがいっぱいだ~。」と言って、にやにやしながら上機嫌で納豆を食べています。

他にも、Penicillium chrysogenum(ペニシリウム・クリソゲヌム)…いわゆる青カビです。ペニシリンを作ります。
Cladosporium trichoides(クラドスポリウム・トリコイデス)…黒カビ、お風呂場にいます。喘息の元です。気をつけたい…。
Saccharomyces cerevisiae(サッカロミセス・セルビシェ)…酵母菌です。
Tricholoma matsutake(トリコローマ・マツタケ)…マツタケ菌です。和名がそのまま学名です。
Lentinus edodes(レンチナス・エドデス)…シイタケ菌です。ちなみに、「エドデス=江戸の」という意味です。
…などと、うれしそうに二人で話をしています。
そうそう、TO君は、「O-157は悪い菌だ!、許さない!」と連呼します。
最近、なんかっちゃー『菌、菌』とうるさいくらいです。

(どんな漫画かお知りなりたい方は下記 url をご参照ください。また、出演する『菌』達をお知りになりたい方は、その中の「菌名鑑」をご覧ください…勉強になります。)
http://www.kamosuzo.tv/top.html

先日、たったの11話をもって、スカパーの放映が終わってしまいました。
KO君は、「なんで~。」「もっと見たい~。」と言って半泣き状態です(それを私に訴えられても仕方ないのですが…)。
終いには、「漫画本を見せろ。」と言う始末です(→もっと大きくなったら見せてあげるよ)。
制作委員会の皆さん、できましたら、続きを作ってもらえるとうれしいのですが…。

しかし、学校で、「もやしもん」の話をしても、友達にはわからないだろうなぁ。
KO君とTO君には、学校でもやしもんの話はするなよ。…と言ってあります。


双子達、これまで動物図鑑、昆虫図鑑、恐竜図鑑、野菜の作り方(←TO君だけです。そう言えば、ガンダム図鑑もあった…誰の影響?)と男の子らしいものに興味をもってきましたので、職場にあった『菌』図鑑をこっそり持って帰って、「これが本当のアスペルギルスだよ。」とか言って見せてあげたのですが、興味を抱くどころか、「気持ち悪りー!」と言ってひかれてしまいました。
確かに、『菌』=目には見えないものですからねぇ。それに本物は「もやしもん」に出てくるキャラクターのように、かわいくはありませんからねぇ。

でも、見えないものへの興味…持ってもらいたいものです。


しかし、この主人公の『菌』が見えるという特殊能力…正直うらやましです。常時『菌』が見えてたら、この世の中とんでもない世界に写るでしょうからたいへんですけど、時間限定(お仕事モードの時)でその能力を使えたら、役立つのだけどなぁ…???

|

« 子供の扱い方 | トップページ | 「輪の中」に入れたら…そして医師の役割 »

コメント

( ´艸`)プププ
なんだか、たけponさんそっくりに双子ちゃんたちが育っているみたいですね。こだわりっていうか。
たけponさん独自の楽しみ方を息子さんたちが程よく引き継いでいるというか。

菌が見えるのはイヤだなぁ。でもいかにも男の子が好きそうなマンガ(もしくは元男の子)うちの息子たちにも見せたいかも。

投稿: さりぃ | 2008年10月 6日 (月) 21時19分

> さりぃさん

どうもどうも、お久しぶりです。
なんとも、ガンダムは引きずりこんだ気はしますが、「もやしもん」まで引きずり込むつもりはなかったんですけどねぇ。
でも、このキャラクター…ひそかに?人気らしいですよ。ガシャポンで、キーホルダーやマグネットがあります(既に手に入れてます…)。
菌が見えるの…イヤですよね、普通。漫画みたいなキャラで見えるのだったらいいんですけどね。

投稿: たけpon | 2008年10月 7日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子供の扱い方 | トップページ | 「輪の中」に入れたら…そして医師の役割 »