« 受診 | トップページ | 二十歳頃… »

2010年1月 6日 (水)

私流・玉子酒

明けましておめでとうございます。
昨年はかなり blog の更新をサボってしまいました。
おそらく今年も更新はままならない気がしています。
まだまだ私の目標達成にはほど遠いのですが、年齢も年齢だし、そうのんびりやっていくわけにはいきません。時間を大切にしながら、今年も頑張って行こうと思っています。

久しぶりの blog 更新なのに、こんな話題ですが、久しぶりに作ったので、私流の「玉子酒」について書こうと思います。

「玉子酒」というのを初めて飲んだのは、確か高校生の時だったと思います。
“誰かさん”が作ってくれたのですが、お酒(?)に「溶き卵」状態の玉子が浮かんだ、それはそれは“不味い”飲み物でした。“誰かさん”のことだから、おそらく作り方はめちゃくちゃだったのだと思います。

その時、“玉子酒”=“不味い”とインプットされてしまったのですが、料理好きな私は、それ以来、私流の“美味しい玉子酒”を試行錯誤してきました。
一応、誰に教わったわけでもなく、何かのレシピを参考にしたわけでもありません。
今でも、本来の「玉子酒」の作り方は知りません。調べたこともありません。

作り方は下記のとおりです。

(1) 焼酎(※)に卵を割り入れ、泡立て器で均一になるよう溶きます。
 ※ 私の出身地域は、お酒=焼酎です。かなり出身地域が絞られてしまいますね。本当にそうなのですが、日本酒文化圏の大学に入学した際の新入生コンパで、ビールが嫌いだった私は、自ら「お酒下さい」と言って先輩に注がれるがまま日本酒(おそらく2級酒)を飲み、下宿に帰った後、死ぬほど気持ち悪く吐きまくったことを覚えています。飲みながら何か味が違うなぁと思ってたんですけど、ここのお酒はこんな味なのかと思いながら飲んでました。その時初めて、透明なお酒に日本酒と焼酎があることを知りました。
 この焼酎+卵の段階で、卵を均一に溶くのが第一ポイントです。

(2) 続いて牛乳(※)を入れ、更に泡立て器で混ぜていきます。
 ※ この牛乳を入れるのが2番目のポイントですかね。(1)の段階で卵を均一に溶いたのは、牛乳入れてしまってからでは均一に卵が溶かれているかわからなくなるからです(ただそれだけです)。

(3) これを弱火にかけ、泡立て器で泡立てて(※)いきます。
 ※ ミルクフローサーって言うんですかね? そんなんあると便利そうですね。我が家にそんなハイカラなものはありませんが…。

(4) ある程度温まったら、お砂糖もしくはハチミツ等で甘みをつけていきます。
 ※ 甘みはお好みですが、私は結構甘~くします。

(5) 適当に温まったら、最後に香り付けのバニラエッセンス(※)を少々。
 ※ バニラエッセンスを加えるところが第三のポイントです。

分量は?・・・適当です。私が使っている湯飲み(お寿司屋さんにあるやつ)で、普通は1:1の割合で焼酎と牛乳を計り、それに鶏卵1個ってところでしょうか。
でも、1:1は焼酎を飲み慣れていない方にはキツイかもしれません。もちろん焼酎は割ってないものです(20度か25度かはどちらでも…)。
今日はちょっと軽めに1(焼酎):2(牛乳)で作りました。ホントにちょっと軽めでしたね。

これが「玉子酒」と言えるのかどうかは知りません。もしかしたら、同じ様な作り方をする飲み物があるのかもしれませんが、まぁ、一応これが「私流の玉子酒」ですね。
焼酎飲めない、うちのやつにも好評です。

このところ、冷え込みが続きます。今日はこれを飲んであったまってからやすみます。

|

« 受診 | トップページ | 二十歳頃… »

コメント

あけましておめでとうございます(^^)

私、玉子酒って飲んだことないです。
どんな味なんだろう???
ちょっと興味が湧いたけど、焼酎もバニラエッセンスもはちみつも我が家にはないので作れませんね~、残念(笑)

投稿: tanbe | 2010年1月 9日 (土) 16時51分

>tanbe さん

こちらこそ、明けましておめでとうございます。
すみません。多分、焼酎とバニラエッセンスを入れる「玉子酒」はないと思いますけどね(笑)
学生時代も試行錯誤中の「玉子酒」は何回も作ったことあるんだけど、飲んだ人はあまりいなかったかなぁ。
下宿の元友人が風邪をひいた時に、作ってあげたことはあるんだけど、そん時はストレートの焼酎に卵を溶いたものを飲ませて、かえって悪化したという話しが…(笑)
「私流・玉子酒」は、玉子酒というより、ホットミルクセーキみたいな感じでしょうかねぇ?
遠いけど、遊びに来てくれたら作ってあげますよ(笑)

投稿: たけpon | 2010年1月 9日 (土) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 受診 | トップページ | 二十歳頃… »