« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月15日 (月)

映画「ぼくはうみがみたくなりました」

私が参加している発達障害・勉強会の主催で、映画「ぼくはうみがみたくなりました」の上映会を行います。日時は、3月22日(土)、午前10時開演です。

…と、blog 上で広報しても、自分がどこの某か公表していないので、何の宣伝にもならないかな?

でも、自閉症をテーマにした映画の存在がある、それがこうして日本全国のどこかで上映されていることの事実を、小さな小さな blog でも公表することも大切だと思います。

映画の内容等は、次のURLをご参照下さい。
http://bokuumi.com/
http://homepage2.nifty.com/bokuumi/

そしてこの映画の宣伝とともに…、
◎4月2日は「世界自閉症啓発デイ」です。
◎4月2日~8日は「発達障害啓発週間」です。

最近、ホントに忙しく、勉強会のある日に出張が入っていたり、その前後に研究発表会等が入っていたりして、ほとんど勉強会に参加していません。
この勉強会では、毎年、専門家の方の講演会等を企画・実行しているのですが、今回は当初、この「発達障害啓発週間」に合わせて何か企画するというお話でした。
今回は、勉強会に参加してなかったので、何をするのか全くわからない状況だったのですが、勉強会の中心メンバーであるHI氏からメールをいただき、この映画上映会のことを知りました。

それで、チケットのことなどを、同じく中心メンバーであるKA氏に連絡とらなくてはいけなかったんですけど、毎日バタバタしてて連絡をとれないでいましたが、あるところでばったりお会いすることができまして、チラシとチケットをお預かりすることができました。

とりあえず、私の方は、職場内+研究補助員に回覧、それから職場の近くの保育所、幼稚園、小学校へお願いをして回りました。保育所、幼稚園にはうちの双子達も通っていたので、先生方が、特にTO君のことを「どうしてますか~」と聴いて下さいました。それだけ、TO君の印象が強烈だったということでしょうかね?
あと、役場の保健管理センターの保育士さんにもお願いをしてきました。

それから、先週、労働組合支部の学習会がありましたので、会終了後に映画上演のご紹介をさせてもらい、また、各職場でチラシの回覧をしていただけたらうれしい…とお願いをしてきました。

この学習会の講師は組合本部の方だったのすが、ご本人は何が原因かはわかりませんが、足に障害をお持ちのようで、以前から松葉杖を使っている方です。

私の映画の紹介は、ほとんどプライベート的なものだからと思い、簡単な紹介程度で済ませたのですが、私が話した後に、その方が「障害」についてフォロー的な話をして下さいました。

後で二人でお話をさせていただきましたが、その方の息子さんもADHDがあるということでした。ですから、フォローもとても的を得たものだったのですね。私が伝えたかったことも含めてお話していただけました。本当にありがたかったです。

私のできる範囲で広報活動しているつもりですが、チケット購入等のお問い合わせはまったくです(力不足で申し訳ないです)。まぁ、身近にこのような障害をお持ちの方がいなければ、通常、あまり関心はないでしょうからね。私だってTO君になければ全く関心はなかったでしょうし…。
でも、その境遇に立ったからこそ、知ったからこそ、伝えられること、伝えなければならないことがあるのだと思います。私のできることなどたかがしれてますが、微力ながら頑張って広報したいと思っています。

| | コメント (2)

2010年3月14日 (日)

義理果たす

同級生にバレンタイン・デーの本命チョコをいただいたKO君…、
11日(木)に無事、ホワイト・デーのお返しを渡してきたようです。…14日は日曜日で学校ないし、12日(金)はお別れ遠足ということで11日に渡すことになりました。

この週のKO君は、ため息混じりに「あー、11日が来るよ。お返し、どうやって渡そう~。」…と、かなり憂鬱そうでした。

お返しの品代も親掛かりなら、渡し方まで親掛かり…。
都合の良いことに、その日はKO君とYちゃんは二人で日直当番だそうで…ありゃ、運命の二人ってこと? 考えすぎ…。

それなら話やすいじゃないってことで、

「今日、一緒に帰ろう。」

って言って、学校下の郵便局まで降りてくれば、お母さんがお返しの品を持って待っとくから、それを受け取ってYちゃんに渡すという段取りで…、ホントにこのおぼっちゃまは世話がやけます。

本番も段取りどおり渡すことができ、本人も「男としての義理を果たす」ことができてホッとしたようです。妻もホッとしたみたいです。

13日(土)、KO君のクラスの懇親会があり、妻は飲み会へ…、そこでYちゃんのお母さんと話したそうです。

Yちゃんはその日(11日)家に帰って、とてもうれしそうだったとのこと、普段からKO君のことを「好きー!」と言ってるそうです。

「一緒に帰ろう」って言われ、お返しの品を渡された時も、めちゃくちゃドキドキしたと、お母さんに話してくれたそうです。

KO君…めちゃくちゃ惚れられてるみたいですね。
当の本人は、お返しの品を渡せたことで、自分の義理は果たせた。これで全て終わりだと思っているようですが…。

本日の夕食後、私の耳元に来て内緒話…。
「Yちゃんが、いつもベタベタしてくるとよ~。それだけは止めてくれって思うとよ。」
Yちゃん、かなり積極的なアプローチです。

なぜか、毎日数回は、「はつ恋」by 福山雅治 を熱唱し始めるKO君。君らの「はつ恋」はもう少しかわいいものだと思うよ。

それはお父さんが歌う曲です。え”っ?

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

ケチな男はモテるか?

初・本命チョコをゲットしたKO君…。
ホワイト・デーのことを考えると憂鬱になる?…らしい。
相変わらず、当日は「絶対に(お返しを)持って行かない! ボクは正しいことが好きだから、学校の先生から言われたことは守る!」と言ってききません。

とりあえず、その日…3月14日は日曜日なので、金曜日の12日ということだったのだけど、12日は「お別れ遠足」らしく、どうも11日の木曜日になりそう…、妻が学校下まで持って行ってやるから、ちゃんとYちゃんを学校下まで誘うように言ってるみたいです。

…で、先日の土曜日に、お返しの品を某量販店で物色。
家族みんなでKO君のために、「これがいいんじゃない」と女の子が喜びそうで、KO君が自分のお小遣いの中から買えそうな手頃なお値段のものを探しました。

自分の小遣いから捻出しなければならないことを知ったKO君…、
目に涙を浮かべながら、「へ~、ウソ~、コレ、ボクのお小遣いから出すの?」
今にも泣き出しそう…。

こいつ、ホントにケチです。

「そりゃ、そうやろ、おまえがもらったんだから…。」

それでも納得できないKO君に、妻が救いの手…。
「半分出してやるから、それくらい出せ~。」

それでも納得いかず、超ーブルーになるKO君…。
結局、全額、ホワイト・デーのお返しは親負担。
何なんだ、こいつは…。ホンマにケチな奴…誰に似たんだ?

「普段はお金は大事にしてケチくらいでもいいけど、使う時に使えない奴は女にモテないぞ!」

そうは言っても、今のKO君には自分のお小遣いが1円たりとも減るのがイヤらしい。まして自分のためではなく人のため…。

…で、
ホワイト・デー当日まで、家の手伝い(追加)やら、私ら親の肩たたきなど、「労働する」ことでその分の対価を支払うことになりました。

「それならやる!」…だそうで、それどころか、「(ホワイト・デーの)後もするよ! お金くれるなら~。」
こいつ、結構しっかりしているのかもしれません。そう言えば、誰に似たのか耳たぶ厚いしなぁ。ケチくらいが良いかもしれません。

ちなみにTO君…。
「ボクなら、自分のお小遣いでお返しするよ~。」
こいつは、意外と義理堅い奴かも…義理チョコももらってはいないけど…。

| | コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »