« 「愛情」という言葉で片づけないで | トップページ | 来年は異動かなぁ? »

2010年9月30日 (木)

告知・カミングアウト…とりあえず今思うこと

前記事と同じ勉強会でのことです。

あるお母さんが、娘さんの虫歯治療に悩んだ末、支援者の方に紹介された歯科医院での出来事を話されました。

その歯科医院の先生は、特にそのお母さんがお願いしたわけでもないのに、娘さんが肌身離さず持ち歩いているお気に入りの人形を、

「ちょっとお借りしていいですか?」

…と言って借りた後、30分くらいして戻って来られたら、その人形を使った虫歯治療のスケジュールを作ってくれたんだそうです。

先生は、その人形を娘さんに見立て写真を撮り、ラミネート加工までして、虫歯治療の段取りを書き込んで、とてもわかりやすい視覚支援スケジュールを作ってくれたのです。

「こういうお子さんには、こういうのが有効なんですよね。」…と先生。

お母さんはとても感激されたそうです。そして無事、娘さんは虫歯治療を終えることができたんだそうです。

実際、そのスケジュールを勉強会に持って来られていて見せていただきましたが、本当にわかりやすかったです。

○○ちゃん、いすにすわろうね。
 ↓
うしろにゴローンするね。
 ↓
いまから、コロコロするね。たのしみワクワク。(=歯のそうじのこと)
 ↓
そうじきでお水をとります。お水が出るよ。
 ↓
うがいしましょうね。ぐじゅぐじゅペー。
 ↓
ねんどつめたら終わりだよ。

…といった具合。

それで、そのお母さんの提案は…、
障害を持つ子供をいろいろな診療科に連れていくのは一苦労。理解を得られないことが多いし、どこに連れて行っていいかわからない。
だから、この勉強会にその歯科医の先生をお呼びして、何がきっかけでこの障害に対する理解を深められたのか、どうやって勉強されたのかなど伺うことができたら…そしてその理解を広げていけたら…というものでした。

基本的にこの提案には大賛成です。
精神科医でもなく、まして小児科医でもない歯科医の先生が、ここまでこの障害に理解があり、一人の子供のためにスケジュールを作ってくれるなんて、すごい驚きです。

しかし…、
うちにとっての驚きは、それだけではありませんでした。
なんと、その先生のご自宅は、うちのめちゃ近所、なおかつ、先生のお子様は、KO君・TO君と同級生なのでありました。

これはちょっと…、いやかなり微妙です。


ここで、記事名の「告知・カミングアウト…とりあえず今思うこと」につながるのですが…、

うちのTO君は、まだカミングアウトしていません。本人にすらはっきりとは告知していません。

おそらく、同級生のご家庭では、「TO君には何かあるから支援級に在籍しているんだろう。」と、うすうすは思っていらっしゃるでしょうが、障害名等をこれから先も含め、積極的にカミングアウトする気はありません。できれば、そんなことをすることもなく、学校生活を送ることができればと期待をしています。

それに、TO君には知的な遅れがあるわけではないので、本人自身が知らないことを、TO君に関わる支援者以外の無関係な他人に先に知らせるべきではないと考えています。
例え、カミングアウトすることになったとしても「障害名」だけが一人歩きするようなカミングアウトはしない方が良いと思っています。

以前、この勉強会でも言ったことがあるのですが、障害名が伝わった時に、それを本当に理解している方が、当事者と直接関わる者(当事者が子供の場合なら、そのお友達)に説明し、わからないことがあったらまた再度説明できる…そんな体制があれば、まだ良いと思いますが、子供達に伝えた場合、「障害名」だけがその子供達の親に伝わることになると思います。基本的に普通の親は、発達障害について無知だと思います。まして「自閉症」と聞いたら、「自分の殻に閉じこもり、他人とコミュニケーションがとれない人」と理解してしまうだろうし、そして子供にどんな“適当な”説明をするかはわかりません。もちろんそういう親を非難しようとしているわけではなく、自分も含めて、もしこの障害のことを知らなければ、そういう理解しかしていないと考えるからです。

とりあえず、現状では、TO君はお友達からありのままを受け入れられています。「TO君は不安が強く初めてのことが苦手。うるさい音や声に敏感で、それで算数は集中できないから支援学級で勉強している。でも、絵が上手で、みんなと仲良くしたい。」…今はそれでいいと思っています。これから先も、お友達に「ちょっと変わってるけど、TO君はおもしろいよね。」…そういう理解のされ方をされたいと願っています。そのように育つように支援していきたいと考えています。

一方、告知の方は、いつかタイミングを見計らってする必要性はあるのだろうと考えています。ただ今のところ、TO君本人が全く自覚してないんですよねぇ(笑)。KO君の方が、「発達障害って、TO君のことでしょ。」とか(TO君にも聞こえるように)言ってくるので冷や汗ものです。タイミングとしては、TO君自身が、KO君や他のお友達と自分との“違い”に気付いた時かなぁとは思っていますが、のんびり屋のTO君にそれもあるのかどうか…。
かかりつけの精神科医の先生には「『適度な自閉』が良い方向で出てるんでしょうねぇ。」と言われてます。

とりあえず、今は、告知やカミングアウトについては、こんなふうに考えています。また、年齢が上がったりしたら変わらざるを得ないところはあるのかもしれませんが…。

TO君の将来像を見極めながら、支援者の方々のお知恵を借りながら、目標に向かって育てていければと想う日々です。

それで前半の話に戻りますが…、
この歯科医の先生をこの勉強会にお呼びする企画…是非、実現することを願っています。
ですが、私たちは上記の理由により、参加はできかねます。
それでも、この勉強会でやる意義は充分にあると思っています。

是非実現して、できれば誰か結果を復命して下さるとうれしいなぁと思います(←うわー、勝手ですね。申し訳ない m(_ _)m)。

|

« 「愛情」という言葉で片づけないで | トップページ | 来年は異動かなぁ? »

コメント

のぞきにきたら新しい記事が!

実はGさんも、歯医者に始めてかかったのが3歳のとき、私が高校生のときから行っていた歯医者で、腕はよかったのですが口の悪い医者でですね。そのとき、暴れるGさんを網でグルグルまきにされて、Gのものすごいトラウマにしてしまったことがありまして。その歯医者の前を通るだけで泣くという・・・

・・・で、これからどこに連れて行こう?と悩んでいたら、ちょうど知り合いから出来たばかりの小児歯科を紹介されました。やっぱり視覚支援が上手なところで、ハンディの重い子たちも率先して見てくれるところでした。
自閉ちゃんたちは先が見えないのがとにかく不安ですから、そういうツールで支援してくれるのはもちろんいいのですが、そうじゃなくても小さい子たちにはとてもとても有効で、どんなに小さい子でも、落ちついて治療していました。自閉ちゃんにいいことは、どの子にも有効なんですよね。今でもまだ治療に行ってますが、165cmあるでっかい子が小児歯科に行くのはすごく違和感・・・まぁ、中学卒業までいいかな~。

カミングアウトについては、焦ることないって思いますよ~。うちはGさんがどうしても言ってくれというので言いましたが、(ちょうど、2泊3日の自然教室がある前でした。)それも回りがそろそろちゃんと理解できる年齢(5年生)になってからだったし。
Gは前思春期と呼ばれる時期が早かったし、回りとの違和感に苦しんでいた子でした。

同じような子がいましたが、その子はカミングアウトしませんでした。親御さんがそういうのをいやがったのと、当の本人にそういう自覚が全くなかったからです。Gの場合はカミングアウトすることでスムーズに物事がすすむようになり、学校に行くのを渋っていたのがなくなりました。自然教室も、みんなの配慮で頑張って過ごせたようです。

その子の場合は、言ったことで逆に物事がうまくいかなくなるような子でした。今中学でも普通学級にいますし、多分高校も普通高校に行くと思います。

こうあるべきっていうのはあるかもしれないけど、TO君の様子を見ながら、って思ってるたけponさんの考え方でいい!って思います。

投稿: さりぃ | 2010年9月30日 (木) 21時37分

>さりぃさん

どうもどうも、さっそくのコメントありがとうございます。

>暴れるGさんを網でグルグルまきにされて、

そりゃー、トラウマにもなりますわぁー。

以前、うちのTO君が中耳炎で耳鼻科を探して行った時、事情を説明した上で、ちゃんとした拘束帯(っていうのかな?、耳は動いたら危ないですからね)で縛られたことがあったんですが、自分の耳の中が拡大されて映し出されたモニターに見入ってしまい(良い意味で視覚優位?)、何の抵抗もせず拍子抜けしたことがありました。先生も女医さんで、やさしい物言いの方でしたからね。最初がそんなでしたから、その耳鼻科ではこの後も何の抵抗もありません。「初体験」をどう経験するかは重要ですね。

カミングアウトについては、さりぃさんのおっしゃるとおり、確かに子供の性格や成長の仕方、置かれている環境にもよるかもしれませんね。年齢によっても変わってくるのかもしれないと思っています。

いずれにしても、カミングアウトは、“仕方なく、どうしようもなく”するものではなく、“前に進むために”するものだと考えています。そしてやっぱり、「障害名」だけが公開されるのではなく、その子個人の特性としてとらえてもらえるように行う必要があるのかなぁと考えていますね。

私の考え方に賛同していただいてありがとうございます。

投稿: たけpon | 2010年10月 1日 (金) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「愛情」という言葉で片づけないで | トップページ | 来年は異動かなぁ? »