« 「ねぇさん、たいへんです。」 | トップページ | 大きく返事をしたのは・・・ »

2010年10月 7日 (木)

それぞれの「チャレンジ△○□」

「チャレンジ△○□」とは、進研ゼミの「チャレンジ3年生」のことです。

2年生の時から、KO君が自分から「やりたい!」と言い出して始めました。
それを見ていたTO君…、自分もKO君と同じ事をしたいと思ったのか?、はたまた、教材と一緒に送られてくる様々な付録につられたのか? 「ボクもやりたい!」と言い出しまして、うちには同じ教材等が2セット送られてきます。

まぁ、学年が違う兄弟であったって、二人ともしたいって言えば、2セットは送られてくるんだから仕方ないんだけど、双子の場合、同じ教材、同じ付録が2セットずつ送られてくるというのが、もったいないような…どうしてもそういう気持ちになります。

TO君は、KO君と同じことをする=安心、そして同じ事をしたい…のでしょうかね。

でも、確実にTO君のキャパオーバーなんです。
学校から毎日するように言われている、宅習(漢字の書き取り)、読み声(国語の教科書音読、算数+-カード、九九)、それに宿題と、これを終わらせるのに、ほとんど約2時間(日によってはそれ以上)コースなんです。一応、1時間30分を目標にはさせているのですが…。

こんなですから、毎日、「チャレンジ」を1ページずつするとかは無理^3。
だから、土日にまとめてしたり、「赤ペン先生」を出す提出日前になって、あせってしたりと、とってもたいへんそう…。

誤解のないように、私達親の方から、「やりないさい!」って言ったわけでは決してありません。今でも、「いつでも止めていいよ。」と言ってます…いいや、どちらかと言うと、「やめようよ。」と言ってるくらいです。お金ももったいないし(私は、このために、月々のお小遣いを減らされました…泣)、完全にキャパオーバーでとてもするのがたいへんそうなのです。

「赤ペン先生」は毎回、ギリギリ提出か、完全に遅れて提出かで、これまで何度か、「頑張ろう」って葉書がTO君宛だけに来てました。おそらく、このままいったら止めそうな感じだから、会社側でもブラックリストにリストアップされているのでしょう。


一方、KO君はと言うと…、
完全に、「チャレンジ」=予習、授業と宿題=復習って感じで、どんどん勝手に進めてしまっています。
KO君の性格なのか、かなりチョンボは多いのですが、そのスピードだけは天下一品です。スピードを追い求めすぎて、字が汚いことを、私に怒られることもしばしばありますが…。

「赤ペン先生」もかなり日程的余裕をもって終わらせ、提出しています。

夏休みだって、ラジオ体操のために、いつも学校行く時よりも早めに起きて来て、フラフラしながら何を始めるかと思ったら、ラジオ体操が始まるまでのほんのちょっとの時間に、「チャレンジ」ひろげてするくらい、とにかく「先にー先にー」と進めていきます。

いったい誰の子だろう??? 妻の遺伝子ではないことは確かですけど、私だって、子供の頃、こんなに真面目に勉強したことはありません。「学研マイコーチ」ってのを、一時期とったことがありましたけど、ほとんど手を付けなかった記憶があります。

そして、今度は、「実力診断テスト」っていうものの返信に入ってた問題を、いつものようにさっさと解いたはいいんですが、私が○付けしてやったら、算数の問題で数カ所間違いがありました。ハイレベルの問題で、ちょっとひねってあるものばかりだったので、私も別にできないことを咎めたりしたわけではなかったのですが、よほど出来なかったのが悔しかったのか、泣きながら、何回も何回も解き直しては、私のところに持って来ました。

「ちょっとこの問題は難しいから、お父さんと一緒に考えようよ。」
…と言うんだけど、「いいや、自分で解く。」と、また、ワンワン泣きながら解き、また、間違えていたと泣き…、それの繰り返し。

この頑固さは…、
私(頑固) × 妻(頑固) = 頑固の二乗
…だから仕方ない???

TO君だったら、おそらく、最初から、「ボク、わっかりませ~ん。」だろうなぁ。

この「チャレンジ」…、KO君はまぁ、いいとして、
TO君は考えますわ。でも、KO君に引っ張られて、TO君も何とかかんとか、毎回、「赤ペン先生」までたどり着いているし、休みの日の朝、付録の「計算マスター」出してきて、二人で算数の計算問題やってるのを見たりすると、やめさせられないよなぁって気になってきます。 それに、本人が「止めたくない」ってもの仕方ないか~。

まぁ、ルールを作り、ある程度ケツを叩きながら、半分はお金ドブに捨てるつもりで…と思うしかない…?

あぁ、お父さんの小遣いを返せ~!

|

« 「ねぇさん、たいへんです。」 | トップページ | 大きく返事をしたのは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ねぇさん、たいへんです。」 | トップページ | 大きく返事をしたのは・・・ »