« 2011年7月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年2月26日 (日)

逃避中

新しいパソコンを使って仕事頑張らないといけないんだけど、ついついパソコン設定に夢中になり現実逃避中です。この記事は、新しいパソコンのセットアップ覚書です(フリーソフトインストール情報)。

まず、ファイラー。前記事で、まめFile を入れたけど安定せず、Explore++を入れたことを書いたけど、その後調べたら、まめFile の後継ソフトを見つけました。その後継ソフト Asr をインストールしました。
ファイラーと併せて、フリーソフトの解凍に欠かせない圧縮・解凍ソフト。これまで Lhaplus を使っていましたが、標準のシェル拡張では 32bit版 Windows 用しか対応しておらず、別のにしようかといろいろ探していたら、Lhaplus x64 shell extension を見つけインストール、これでこれまでどおり、Lhaplus を快適に使用することができます。
ランチャーソフト、これまでは別のを使っていて、まぁそれもそれで使い勝手は良かったのですが、何か他に使いやすいのないかと探していました。インストールしたのは、Orchis Launcher 、なかなか使いやすそうです。
日本語入力システムは、前記事で Baidu IME のことを書きました。おもしろいインターフェイスは捨てがたいところもありますが、結局、Google日本語入力を使用中です。個人的には ATOK が一番使いやすいですが、フリーということを考えれば文句はありません。
あと、私はほとんどの文章は最初にエディタで入力しますが、今のところ、使い慣れた  MKEditor と TeraPad を入れています。タブ切り替え型の使いやすい(軽い)のはないかなぁといろいろ探しますが、結局、MKEditor に戻るような・・・です。
最後まで悩んだのは、前記事で唯一今回の新しいパソコンで難がある英語配列キーボードをどうするか。このまま英語配列キーボードに慣れることも考えましたが、自宅の他のパソコンは従来の日本語キーボードだし、職場のものも同じ。一番使用頻度の高い入力装置であるキーボードの配列が異なるのはやはり使い勝手がよくない(思い通りの入力が出来ないとイライラします)。最初は、日本語入力の on/off のみ [Windows] + [space] 等に設定可能なソフトを試しましたが、やっぱり全部変更できるならしちゃえ!ってことで、結局、DvorakJ をインストールしまして、ほぼ従来どおりの感覚で入力できるようになりました。キーボードの表示と出力される文字が異なりますが、キーボートを見ながら入力することはまずないので、この方が断然使いやすくなりました。

あと、インストールしたソフトは使い慣れたものばかり・・・。Windows7(64bit)で問題なく動いて良かったです。画像閲覧ソフトは ViX、画像加工・編集は JTrim と 縮小専用。、画面キャプチャは WinShot、PDF加工・編集は、Foxit J-Reader Plus、レジストリ掃除は CCleaner 等などです。そうそう肝心の仕事用には、統計解析ソフトの R 、辞書引きエディタの TrEditor をインストールしました。

ん? 仕事? そうそう、そろそろまじめに仕事しなくちゃ!

| | コメント (0)

2012年2月12日 (日)

お父さんのおもちゃ

パソコンを購入してしまいました。
買うか否か、買い時、メーカー、仕様 etc.…
悩みに悩んだ末、やっぱり購入してしました。

パソコン購入する時って、いつも悩みます。
以前に比べ安くなったとは言え、そうそう簡単には買い換えられない。
それに、最近は海外メーカーや仕様がいろいろあって、選択肢が多いことは良いことなのだろうけど、自分が何がしたいかで購入するパソコンの機種を絞り込まなければならない(当たり前だけど…)。そして、次から次に新しいパソコンが出る。
いつが買い時?
それは、必要と思った時、欲しいと思った時?

…ということで、購入したのは、Lenovo IdeaPad U260
ちょっと(いやかなり…)想定していた予算よりオーバーしてしまったのですが、
サイズ、スペック等の使用目的から絞り込み、外観も気に入ったし、ちまたの販売価格(ネット含む)より安く購入できたというのが決定的な選択理由かな?

外観の色は「モカブラウン」、選択肢はありません(この色のみ)でしたが気に入ってます。

Dsc02371


とにかく薄いです。2年くらい前に中古で購入した ASUS EeePC 4G と比べても薄さは歴然です。サイズは大きいですが、薄いので全く気になりません。鞄に入れて楽に持ち運びできそうです。

Dsc02380

Dsc02379_2


難を言えば、キーボードはとても打ちやすいのですが、英語配列なので、
○《Enter》が小さく一番右端に配列されていないため、別のキーをつい押してしまう。
○記号類の配置が異なるため、これもつい別のキーを押してしまう。
○日本語IMEの切り替えに、《Alt》+《~》を使うのが面倒。
しばらく慣れるのに時間が必要でしょうね。

Dsc02374


この5~6年程は職場のパソコン・「TOSHIBA dynabook」を使い倒してきてたのですが、もう限界でした。Windowsの起動、ソフトの起動の間に寝てしまいそうなほど…。 EeePC は興味と軽い気持ちで中古で購入したのですが、学会なんかでのプレゼンには重宝しています。ただ、普段使いではキーボードがあまりにも小さいのと、何と言っても SSD の容量が4GBしかなく、小型のUSBメモリを常時付けて、USBで起動するソフトは入れて使っているのですが、それでももう限界でした(今後も動く間はプレゼン用途等には使います)。

Lenovo は初めてですが、あらかじめ何やかんやとプリインストールされているものよりいいですね。さっそくフリーソフトをダウンロード、インストールして使用環境を整えています。この一時がとても楽しい…のです。パソコン使って仕事しているより、自分好みにパソコンをセットアップしている時がおもしろいです(フリーソフト入れたりするだけなんだけど…)。
Windows7 Home Premium(64bit)で、ほとんどこれまで使っていたソフトは問題なく起動しましたが、ファイラーで重宝していた「まめFile」は Windows7(64bit)対応をインストールしたにも関わらず不安定でしたので、「Explorer++」を日本語化して使用することにしました。「まめFile」の VerUP で問題なくなることを期待しています。
最近、日本語IMEは「Baidu IME」というフリーもあるんですね。一応インストールして使ってみています。辞書がまだまだ貧弱そうですが、おもしろいインターフェイスや辞書もあるし、IMEの on/off 切り替えを《Shift》に割り振れる機能があるのでいいかもしれません。

更にこれを機会に、我が家もやっと無線LANにしました。
いやこれは便利です。なぜもっと早くしなかったのだろう。自宅のパソコンも正月明けに Vista から 7 にアップグレードしたのだけど(Vistaのサポートが4月に終了するため。なぜに XPより短い?!)、7 同士だとホームグループでプリンタ等を共有できるんですね。無線じゃなくてもそれはできるのだけど、やはりどこでも作業できるっていうのがいいです。

子供達から「何それ? あぁ、お父さんのおもちゃね。」と言われてしまいました。
子供達(使うのはKO君)には、古い自宅ノートパソコンを譲りました。ネットには繋がってません。専らタイピング練習と将棋ソフトで遊んでいます。タイピングは私の記録を塗り替えられてしまいました(かなりショック!)。将棋は私が相手できるレベルを遙かに超えてしまいましたので(私は駒の動かし方を知っている程度)、パソコンにお相手をお願いしました。

久しぶりの blog 更新。でも、またもTO君ネタではありませんでした。さぁ、パソコンばかりいじらず、パソコン使って仕事しなくっちゃ!

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年4月 »