« とくべつし ? | トップページ | 教師の通知票 »

2012年4月30日 (月)

これが教育のプロなのか?

前記事に引き続き、ケース会議の時の話です。
交流学級の担任に不信感を抱きましたが、4月に異動してきた教頭先生の発言には憤りさえ感じました。

その教頭先生は、過去、自らも支援が必要な子供を受け持ったことがあるようです。
ただ、一度や二度、そういう子供を受け持ったことがあり、その時の経験のみで全てをわかったかのように、別の子供や保護者に対応の仕方を当てはめようとするのは如何なものでしょうかね?

発言の内容は、おおよそ次のようなものでした。
「TO君がクラスのお友達とトラブルがあったり、通常のお友達と同じことが出来ないことがあった時に、クラスの子供達に、TO君が出来ない理由を説明していいですか。クラスのお友達には、障害という“個性”を学ぶ良い機会になるですよ。」

これも、妻が「5年生版サポートブック」で、「周囲のお友達の多くは、TO君を特別扱いすることなく、ありのままを受け入れ接してくれています。…お友達にTO君の苦手な部分をカミングアウトして支援してもらいたいとは、今のところ考えていません。」と説明した後です(ちゃんとサポートブックに書いてもあります)。

私はこの教頭先生の発言に憤り、頭の中は“瞬間湯沸かし器”状態、噴火寸前でした。ただ、ここで怒りの感情をぶつけても仕方ないので、「どう言えば理解をしてもらえるだろう。」と頭の中で言葉を選んでました。

隣で怒りのオーラを出しているのを察知した妻が…、
「トラブルがあったり、出来ないことがあった時こそ、それをTO君に教える良いチャンスです。そういう時は、学校側から情報をフィードバックしてもらえば、家庭でもいくらでもできる手立てがあります。」
…さすがです。わが妻ながら頭が下がります。

教頭先生も、「それなら…」と反論する言葉はありませんでした。

しかし、何か問題があったら、即、カミングアウトなのでしょうか?
それに、うちのTO君のことを他の子の教材にしようとするとは何事でしょうか?

カミングアウトについては、以前の記事でも書いていますが、TO君には知的な遅れがあるわけではないので、本人自身が知らないことを、TO君に関わる支援者以外の無関係な他人に先に知らせるべきではないと考えています。そして、例え、カミングアウトすることになったとしても「障害名」だけが一人歩きするような形にはしたくないとも考えています。
更に、最近思うのは、カミングアウトが、その当事者にとって前向きになれ、周囲の子供達も成熟していて、カミングアウトされることでその子のことをより理解でき、また、わからないことがあったら、周囲の大人(学校では教師)が十分に説明できる環境にあるのならいいのですが、「問題があったらカミングアウト」→「この子はこういう特性を持ってるからみんな理解してあげて」というのは、とても短絡過ぎると思うのです。それでは周囲の子に、「この子はこんな特性を持ってるから、どんなことをしても仕方がないの、特別な子なの、だからみんな我慢してね。」と言っているようなものです。その結果はどうなるのでしょう。その子が周囲の子供達の和に入っていけるとは、決して思えません。特別視することを助長させているようなものです。

「カミングアウト」…その課程に至るまでに最大限の努力もせずに行う“それ”は、保護者も先生方も「それしか、もう成す術なし」と、自分の力量の無さを認め、諦めた時にするものではないかと、私は考えます。

うちのTO君を教材にする? これについてはもってのほかです。これまでの私たち家族の努力を何だと思っているのでしょうか? これまで、TO君を他者から「特別視」されないよう、1日1日戦ってきたのです。

教師というのは何を考えているのでしょう? 子供一人一人のことを考えているのでしょうか? それとも学級・学校全体の運営のこと? ある出来事で、子供の誰か一人が犠牲になっても、学級・学校全体として上手くいっていればそれでいいのでしょうか?
これまでKO君、TO君を受け持っていただいた一部の良識ある数名の先生、もちろん、TO君の支援学級の先生、地域の勉強会等で知り合えた先生方には、こんな先生はいないですし、多くの教師の方々は一生懸命、子供一人一人のことを考えていらっしゃるのでしょうが、子供一人一人の将来を見据え、「教師」という職業を頑張っている先生と、自分が受け持った学級が1年間無事過ぎればいいと思って教師生活を過ごしている先生との差はとても大きいと思いました。後者に担任が当たった場合、1年間、そのクラスの子供達は不幸です。いや、1年間だけでは済まず、もしかしたら一生にわたり癒えることのない“傷”を負うことになるかもしれません。

今回、TO君の交流学級の担任になった先生から、次のような発言もありました。
「TO君のように診断名が付いた子以外にも、いっぱい問題のある子がいるんです。診断名が付いてないだけなんです。」
それがわかっているなら、なぜ、それに対応しようとしない?

何の手もかからず、勉強も生活態度もいい子供を教えて何が楽しい? そんな子にしかわからないような指示をして、わからない子を「なぜわからないのか!」と罵倒する。
勉強の仕方がわからず、不適切な行動しかとれない子を上手く指導してこそ、教育のプロとして至極のおもしろさがあるのではないのだろうか。

|

« とくべつし ? | トップページ | 教師の通知票 »

コメント

初めまして。
フィギュアスケートファンにして元教師の
62歳、2人の息子の母親です。
親しい友人に東京都の特別支援学校で教えている人がいて、その人とはスケートファン仲間でもあります。
そんなわけでKOくん、TOくんのお父さん、お母さんのブログ、読ませて頂いています。
「力量のない教師に当たったときどうしたらよいか」
この問題は深刻です。
私自身、一度だけ次男の担任の方がそうでした。さんざん考えた末に決めたのは、
「私が担任の先生を育てていこう」
ということでした。
担任の先生は「敵」ではない、ただ力不足で
何も分かっていないだけ。それなら私がそれ
を教えてあげよう。そう決心しました。
その結果が良かったか悪かったか、それは分かりません。
とにかくその一年間出来る限りその先生をサポートしました。(感謝して頂きました)
考えていたのは「被害者にはなりたくない」
ということ。「このことを逆手に取って、何
でもいいから自分の成長につなげたい」
その一念でした。
                    
私にそういう生き方を教えてくれたのは
実はフィギュアスケートの選手たちです。
怪我をしても、身内に不幸があっても、彼らはそれを「美しい演技」に変えて世界で戦っています。あんなに若いのに・・・。

私たちも負けずに頑張りましょう!
                    

投稿: marionetto | 2012年5月 2日 (水) 12時57分

marionetto 様

はじめまして。コメントありがとうございます。
いつも妻の blog にコメントありがとうございます。

教師の方々には、私の記事はキツイかもしれません。申し訳ありません。
私は妻の blog 路線とは違って、自分が思ったこと、考えていることを、出来るだけストレートに記事にしております(妻が本音を書いてないということではなく、負の内容はあまり記事にせず、出来るだけプラス思考な内容を書いている…のかな?)。かなり毒づいている内容もあるかと思いますが、それは blog の中だけということで、日常ではこれでも?出来るだけ気を使って生きてるつもりなので、blog くらいは本音を言わせてもらおうという趣旨で書いております。

基本的には、marionetto 様のおっしゃるとおり…

>「自分達が担任の先生を育てていこう」

…です。先生方とケンカをしても、その時だけ親は自己満足はするかもしれませんが、子供のことを考えたら何にもなりません。先生方も人間で、完璧な人間はいないし、ケンカをふっかけてくる者に対して、例えその言い分が正しいとしても、良い印象も持たないだろうし、身構えてしまうことになり、その結果、良い方向に向かうことにはなりませんもんね。

おそらく、私が教師になっていたとしたら、今、私自身が批判しているような教師だったかもしれません。TO君という息子を持ったからこそ、弱い部分を持つ者のことがわかるのだと思います。

ただ、知り得たからこそ、声を出さなければとも思います。通常の学校では、「学力向上」には力を入れようとします。でも、いわゆる「できる子」相手です。「できる子」は放っておいても、やる気さえ引き出してやれば、自分でどんどん勉強していきます。うちの場合、KO君を見てればわかります。「チャレンジ」で予習して、学校の授業は完全に復習です。そんな子は学級の1~2割いるのかな? 本当に学校全体の「学力向上」を考えるのなら、おそらく学級の2~3割くらいを占めている、何らかの「支援が必要な子」相手の授業を考えるべきです。そしたら、後の大半を占める「何とかついていっている子」の学力もすぐ上がると思うのですが、どうなんでしょう…。参観日の雰囲気くらいしかわかりませんが…。

通常の小学校の教員にも、「発達障害」に関する知識・技術は必須だと思います。採用の時から求めるべきだと思います。どこかの首長みたいに、学力テストの学校別の結果を公表し、競争をあおるようなことをしても意味はないと思います。それこそ「できる子」の発想です。

すみません。またキツイ話ですね。
フィギュアスケートは、妻にチャンネル権を握られ、否応なしに見せられています。なかなか厳しい世界ですね。私は体育会系ではないのですが、頑張っている姿は素晴らしいと思います。

何にせよ、どんな先生に当たっても、理解を求める努力は惜しみませんし、例え理解を得られなくても、家庭からTO君を支援し成長させていくつもりで頑張ります。
今後とも、妻共々、よろしくお願いいたします。

投稿: たけpon | 2012年5月 3日 (木) 10時35分

こんにちは、お久しぶりです。
たけponさんお元気ですか?
時々、なぎさんのブログにコメント書かせていただいてますが、こちらは久しぶりです。
何だか、最近の記事、正直コメントしづらくて・・・(>_<)

頑張り過ぎないようにしてくださいね。

長男Gも無事に高校生になりました。
特別支援高等部にやるつもりでしたが、縁あってGを受け入れてくれる単位制の高校が見つかり、普通高校に通っています。色々ありますが、楽しそうです。
水泳も続けていますよ~。高体連にも出場させてもらえる予定ですが、どうなるやら。

少し私もあれこれ振り替えれる気持ちになり、通常のブログを書き始めました。

義家族のグチ書くつもりでしたが、どうしてもGのこともはずせなくて、そういう記事になっちゃいます~。

よかったら遊びにきてくださ~い(^^)

投稿: さりぃ | 2012年5月28日 (月) 19時29分

> さりぃさん

コメントありがとうございます。そしてお返事遅くなってすみません。
最近、仕事も忙しく、また、体調も不良でしてパソコンの前に座る気になれませんでした(腰痛が~)。今も椅子は辛いので、腹ばいになって書いています。

>頑張り過ぎないようにしてくださいね。

大丈夫ですよ。実際はそんなケンカ腰にはなっていませんから。

ところで、長男君は高校生ということで、良かったですね。
水泳も頑張っているようで、「楽しい」という気持ちが大切ですね。
うちのTO君も学校自体は楽しいのだけど、とにかく勉強が嫌いです。そんなにわかってないわけじゃないんだけど、勉強することに楽しみは持てないない=興味がないのでしょうね。お絵かきする集中力を勉強に向かわせてくれたら、どんなにいいか…です。

新しいブログの方はまた遊びに行かせてもらいま~す。

投稿: たけpon | 2012年6月10日 (日) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とくべつし ? | トップページ | 教師の通知票 »