« 火に油を注ぎ…飛んで入る夏の虫・2頭 | トップページ | スマホの練習? »

2012年9月12日 (水)

短歌の宿題

子供達…、国語の時間に短歌を作らされたそうです。
KO君は適当に書いたらしいですが(どんなん出来たのかは…?)、TO君には難しくて、その日の宿題となってお持ち帰りしてきました。

いや、難しいでしょう、あなた(TO君)には…。
私も、短歌、俳句…単に読むくらいならいいですが、「詠んで楽しむ」…という高尚な趣味はないし、全くと言っていいほどこれまでまともなものを作ったことはないし(苦手)、だいたい感想文を書くのもダメだし…、

しかし、「国語」教育とはどうなんでしょう。ちゃんとした現代語で、自分の意見等を理路整然と書けるようになることが大切であって(自分も書けてないけど)、短歌や読書、古文…なんて、読めればいいんと違うんでしょうか?…って、自分が出来ないことの言い訳に、「国語」教育の批判をしてますが…。

話を元に戻して、TO君の短歌の宿題…、
TO君の口から出たキーワードは、「夏休みの宿題」と「オリンピック」。

どんなにTO君に考えさせても、時間が経過するだけなので、結局、ほとんど作ってあげた格好になってしまいました。他にも夏休み中、宿題等で同じようなことあったなぁ。俺はTO君のゴーストライターか?

学校に提出したものとは、ちょっと異なりますが、次のような短歌が出来上がりました。私にとっても、おそらくまともに自作したのは初めてです(レベル低いのはわかってます)。善し悪しは別として、TO君の気持ちを代弁させていただきました。
TO君…、「我が意を得たり」って感じで喜んで学校に持って行きました。
夏休みの宿題は、本当にたいへんだったねぇ、よく頑張った(親もたいへんだったけど…)。

*****************
宿題に
追われ追われて
過ぎた夏
五輪のあとは
遊ぶひまなし
*****************

|

« 火に油を注ぎ…飛んで入る夏の虫・2頭 | トップページ | スマホの練習? »