« 遅ればせながら、Linux… | トップページ | 合格発表 »

2014年1月 3日 (金)

教師が変われば、子供は変わる

今回は久々TO君ネタです。
別に小学校の通知票にこだわっているわけではありませんが、TO君の2学期の通知票…主要4科目(もちろん国語、算数、理科、社会)の全て、3段階評価の「3」をもらってきました。
KO君の通知票ではありません。KO君はもちろん主要4科目は全て「3」です。KO君本人は、「3」の数では上回ったものの、主要4科目が何でTO君と同じなのかと不満そうですが…(笑)。

そりゃ、細かく教科毎の評価(◎、○、△)の数の違いを見れば(△はなかった、あれば「2」なんでしょうね)、同じ「3」でもKO君とTO君のそれには“差”はあります。TO君の「3」は、限りなく「2」に近い「3」かもしれません。KO君とTO君は別々のクラスなのでメンバーも違えば、評価した先生も異なります。
でも、それはそれでも、TO君が得意とする図工ではなく、主要4科目が「3」だったのです。

確かに、2学期の単元毎のテスト結果は良かったです。苦手な算数でも結構100点をとって来てました。TO君自身も手応えは感じていたようでした。
普段の算数の宿題をするにしても、KO君には教えてもらっているようでしたが、私が一から丁寧に(決して優しくはない)教えないと問題を解くことができない…なんてことはほぼなくなっていました。時間はかかりますけどね(KO君は速攻です)。

今年度(6年)の担任教師については、本当に感謝です。でも、そんなにTO君だけに手をかけられているわけではないようです。3年時にKO君の担任(新任)だった先生ですが、その時から、この先生は本当に子供が好きで、でも甘やかすわけではなく、メリハリをつけて子供と接することができる「小学校の先生」らしい先生との印象でした。だから、ケース会議や面談で話す時も、TO君に特別何かをしているわけではない…とおっしゃっています。自分のクラスの子供達にとって、今何が必要か、どうしたら自分の意図がきちんと伝えられるか、自然に出来る先生なのだと感じています。
小学校最後の学年で、良い先生に出会えて卒業できることは良かったです。

しかし…、以前のことをほじくり返しても仕方ないのですが、5年時の交流学級担任はやはり小学校教師には向いてないのです。まぁ、この教師のことを今更非難しても仕方ないので、もう書きません。名前や顔を思い出しただけでも怒りが込み上げてきますが、少なくとも私は会う確率は低いのでいいです(今年度1回も会ったことない。向こうも避けているのかもしれませんが…)。TO君は学校で時々出くわして、声かけられたりするので、その度に帰宅して文句言ってます。
普段なら「そんなふうに言わないの」とか諭したりしますが、この教師に対してはTO君の気持ちはわかるので少しくらいは文句を言わせてます。それくらい、TO君は辛い想いをしたのだから良いでしょう。そのうち忘れるようになります。

もっと腹が立つのは、私達が「この教師を指導して欲しい」とお願いし続けた管理職教師です。
今年はTO君のことで何も問題がなく、ケース会議も比較的和やかに話し合いが出来ているからか、今度は手のひらを返したように私に…、

「TO君は誠実な子供ですねぇ。」

…と、感心したように話しかけてくるのです。

私は内心…、
「何を言っている? 5年時はあれだけTO君に問題があるような話ばかりしていたクセに…。カミングアウトもしろと言ったよな。 あんたは5年時の担任の指導は何もしなかっただろう! 教師が変われば、これだけ子供は自分の能力を発揮できるんだぞ! 本当にわかってんのか?!」

私は、この管理職教師のことだけは許さない。正直なところ、どうにかしてこの管理職教師に鉄槌を下すか、いろいろ考えたりもします。具体的には言わないけど、それくらい許し難い、こんな教師がいるから、学校が上手く行かず、子供達が犠牲になっているのだと思っています。
本当はケース会議に出てきてもらいたくない。顔も合わせたくない。この管理職教師に会わないといけないと思うと、ケース会議の日程が近づくたびに憂鬱になります。
なんで、こんなやつが教育の現場で管理職になったりしているんだ? そもそも何でこいつが教育者なんだ? なんで、こんなやつにこちらが頭下げないといけないんだ?

たぶん私達は、この6年間で教師に対する考え方が変わりました。私達がよく知る支援者側の教師の方々は尊敬できる先生方だし、もちろん今年の担任のように良い先生もいます。
だけど、一般論として…、

「教師は信用出来ない、教師には頼れない、お願いできない。教師は自分が変わる気はない。教師側・学校側の都合を押しつけるだけ。だから親がしっかりして、子供とともにどんな教師に対しても対応できるようにしないといけない。」

…そんな想いを強くしながら、小学校最後の学期を迎えようとしつつ、中学校への進学準備を考えています。

|

« 遅ればせながら、Linux… | トップページ | 合格発表 »